ここ1年のブログアップしました。

とりあえず、溜まったブログをざっくりとまとめています。

残りイベントいくつかと、、あと少し!
プライベートは無しですが。。
この数年は公私とも激動で、ゼルダの本など沢山よく出せたと思います。^_^;
来年に向けて又大変な事が多いですが、楽しい事も多いので頑張りたいです。
その前に体調もガタついているので少しリセットチャージ出来ますれば。
cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2017年09月17日(日) 00:47 by Akira Himekawa [ Edit ]

UAEアブダビ アニメイベントで

先日コミケ申し込みをしながらあらためてコミケカタログを見返しましたら後ろの記事で、

昨年のアブダビで行われたアニメイベントレポート

藤本由香里さんが私達の事を描いてくれてた事を不覚にも今気がついてしまいました!

失礼しました。有難うございます。

 

 

 

この中東アニメイベント第一回目開催に実はゲストに呼ばれてましたが忙しい時期でお断りしたのです。開会式になんと2013年にアブダビ訪問の時にお会いしたナヒヤーン殿下がいらっしゃったんです!お会いしたかった〜残念!!

 

UAEの縁はもう10年以上、
「Gold Ring」というドバイ発の漫画を手がける事になりその制作に関わった時からです。

 


実際UAEに脚を運んだのは2013年でした。
この時の体験は今でも印象深いものになっています。

 

ADIHEX2013レポ記事

 

 

この漫画の存在が話題にされている所は時折見ますが、日本の漫画のメディアから、作者に直接話を聞きに来てもらったことはほとんどないのですよね…。

なので情報がまちがっていたり、とんでもない話に発展していたり。

直接聞いて下されればそんな事もないでしょうしw。
「知らない」事には奥手になってしまうのでしょうかね^_^;


とかく中東はうわさだけは妄想逞しいものに発展しやすいのでハラハラします(笑

 

あちらの資金面の事情で未完のこのドバイ漫画も、未来的にきちんと完成したコンテンツに仕上げて行くよう考えています。普通の漫画(?)ですがドバイにおいて唯一の漫画であれば残しておかなければと。待っていてくれる読者もおられますし…
空いた時間を使いゆるゆると(^∇^)

cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2017年02月17日(金) 11:14 by Akira Himekawa [ Edit ]

もうすぐ二人で30年

今年の3月の28日2人でペアを組んで丁度30年になります。
ちょっとしたきっかけで合作をしたのがこんなに長く続くとは!

 

人生は人それぞれで、まぁこんな生き方もあるでしょう。

七転八倒、様々な事がありました。

無我夢中で泳いでいるうちに後ろの時間を考えるお年頃にもなりました。

という事で後は一枚でも多く自作を書き残せれば。

 

体調は日々段々とあまり良くないですが、

抗いながらも常に刺激あふれるチャレンジャーである事がきっと自分らしいのでしょう。

 

今後ストイックな仕事人から自己表現の人になって豊かに愉快に暮らせていけたらよいなぁと思う30年の区切りです。

 

30年記念で「オンナ2人漫画道〜しぶとく生きるぜ!編(笑」マンガを描き始めますかw

cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2017年02月15日(水) 14:21 by Akira Himekawa [ Edit ]

ドギーマギー動物学校

つばさ文庫で出している低学年向け小説「ドギーマギー動物学校」が8巻のうち5冊にイキナリ増刷がかかりました☆ここ一年新刊をお休みさせて頂いてるのですが、今年は新刊を…と言って頂けるのは有り難い事です!しかし時間の捻出が…頑張らねば…!

「ドギマギ」は絵が沢山あって小学一年生から読める本なのですが、先日も図書館につとめてる友達が小学生のドギマギ人気を一生懸命話してくれて。
よく聞くのが「生まれて初めて1冊の本を自分だけで読み切った」というお話で、そうすると「わたしは一人で本が読めるんだ」という自信になって他のもう少し難しい本を借りていくようになって、本が好きになって行くんだそうです。ドギマギももう8巻全部読んでしまい、また1巻に戻って借りて行くんだとか…。

「面白く楽しく読んでくれれば」と考えて毎回趣向を凝らして楽しく苦労して描いていますが、子どもにとって成長の一助になってくれるとは…。これは担当編集さんにも話さなければと先日お話したところ、その直後に5冊の増刷の連絡が来て、たまたまなのかもしれませんが…

漫画は長い事描いてますが文章の仕事はこれまでやった事がなかったので5年前に始める時はこれでいいのやらと試行錯誤しましたが、好評頂いてる理由のひとつには漫画っぽい動きのある視覚的なシーンや物語進行が多いので読むのが楽なのかも知れないです。それはこのシリーズの特徴にしたいと思って、絵も沢山入れて、入れすぎて自分の首を絞めてたりして…(^^;)

 

自動代替テキストはありません。

 

 

 

cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2017年01月18日(水) 01:37 by Akira Himekawa [ Edit ]

【アシスタント募集】

1/27追記

こちらの募集は一旦締め切らせて頂きました。

応募下さった皆さんありがとうございます。

順次お返事してまいりますので、今しばらくお待ち下さい。

 

*********

背景作画アシスタントを若干名募集致します。

年齢20歳以上、男女は問いません。

愛知県、もしくは千葉県の仕事場に通える方。場所はリターンメールでお知らせします。

(在宅は今回は募集しません)

応募される方は姫川明輝公式HPメールフォームから

【件名】に 背景アシスタント応募 とご記入

【メッセージ】欄に

・お名前 ・ご住所 ・年齢 ・性別 ・アシスタント経験等おありの方は簡単な履歴をご記入し、送信して下さい。

折り返しこちらから更に詳しい内容を記載したメールを返信致しますので、そちらのアドレスに背景サンプル画を数点お送り頂き→審査の上、お返事致します。面接をさせて頂く場合もございます。

デジタルスキル歓迎ですが、紙原稿に直接描き込む作業が多いので、ある程度のアナログの技術がある方を希望しています。

 

必ずしも漫画家を目指していなくても構いません。

(↑絵が描けなくてもいい、という事ではありません)

 

やる気と元気と根気のある方をお待ちしております!!

 

cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2017年01月09日(月) 00:51 by Akira Himekawa [ Edit ]

2017新年明けましておめでとうございます!

2017nenga

新年明けましておめでとうございます!

昨年は大変お世話になりました。今年は更なる挑戦の年になりそうです。

楽しく大好きな事を沢山始めたい。

 

今年も姫川明輝をどうぞよろしくお願い致します!

cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2017年01月01日(日) 23:36 by Akira Himekawa [ Edit ]

前半まとめ

 

今年前半のワークのまとめ! 描いた描いた&出た!

 

ゼルダ30周年&動物ワーク。
週間連載も経験がないのにこの歳で(;´Д`A
まだまだヘタレられませんね。
自分の漫画をリリースするのとは又違う緊張感がありますが形になっていくのは非常に充実感がありますね(^-^)
30周年の花火にお役に立てれば良いなぁ。。
後半も更に走ります。
これからは体力作りが課題。

いつも思っている事。
今が青春!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2016年09月15日(木) 21:29 by Akira Himekawa [ Edit ]

勝手に完全版

昨日原稿袋を色々開ける作業していて、ふと「ガル」の単行本になってない原稿がどれだけあるのか数えたらなんと350枚。

 

 

4巻め予定してたのですがゴタゴタしてるうちに雑誌がなくなりお蔵入りになってしまった原稿。

でも最終回もラストではなくまだ途中なので、それもあって今迄ずっと宙ぶらりんにしてたのですが、流石に勿体無く。20年陽の目見てないわけで。 そこで突然ですが、ゼルダの完全版も刊行中ですし、オリジナルもかまってやらねばという事で…

 

【色々完全版計画】を始動する事に。

 

 

 

アナログ原稿を全部スキャンしてデータ化し、未収録分の350枚プラスある程度加筆して本にするぞ。作業のモチベの為にも進捗を折に触れてアップしていこうかなと。勝手にひとり完全版スタートw

 

 

 

またご報告いたします!

 

 

cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2016年06月05日(日) 16:30 by Akira Himekawa [ Edit ]

今後の未来に向けて

 久々のブログです。ついついツイッターなどで済ましてしまう事が多くなり、こちらがおろそかになりつつありますね。

さて、姫川は今年に入っていろいろ地下での活動期に入っています。実は表にあまりでない時こそ忙しいのかもしれません。
ここ数年何かと海外で縁があり…と書いてきましたが、具体的な海外での活動も現実的に徐々に増えてきました。まだ表立って公表は出来ていませんが、始まりのスタートは切っています。
(海外と言えば先月もカナダのイベントに招待されて行って参りました。)

一般に漫画家は編集部と打ち合わせをして漫画を連載して行きます。その流れはもちろん現在もありまして、今新しい打ち合わせが始まっています。
しかし、それとは違う大きな流れがあって、それはとてもワクワクする冒険なのですが、冒険には様々な危険も伴う訳です。しかし、この世界確かな事等何も無いのかも!と思うと、もう楽しんで立ち向かったもの勝ち!かとも思っています。



さて本題。

2006年からUAE発のはじめての漫画単行本「Gold Ring」を執筆して来ました。
その後様々な壁があり現在はストップしています。

そのGoldRingに今年の初めに、あのエヴァンゲリオンを世に出したアニメ会社GAINAXさんからアニメ化のオファーを頂きました。

詳しくはこちら↓
左TOPICS一番上に「Gold Ring」コーナー有ります

中東発信で展開をしていくというものです。
日本と同じシステムでアニメ化とはいかないので、様々な面でクリアしなければいけない事がありますが、GAINAXさんは日本のアニメーションの今後の新しいモデルケースになるよう成功させる為に、山賀さんやアサノさんがずっと中東に通いプロジェクトを進めていらっしゃいます。
(そういえば5月のカナダで庵野監督とお会いしました。こんな所でご縁があるとは。庵野さんはGAINAXから出られてカラーという会社を作られてるのは皆さんの方がご存知だと思いますが、ご挨拶したら「Gold Ring」の事はもうご存知でした)

このプロジェクトに姫川も単なる漫画の原作者という立場ではなく、色々と協力させて頂く事になると思います。

このGoldRingの原案はドバイ在住のセドキ氏にありますが、2006年に小学館から縁を頂いたドバイ発行の漫画です。

日本で作ったものを輸出という形ではなく、世界のどこでも発信地として、という考え方は現在私達も漫画の分野ではすでに始めている事なので違和感はありません。
ただしこういう形(売るのが海外)では、日本からの協力がなかなか受けられないのが現状ですので、こういった一歩進んだ積極的な活動にも日本での何らかのサポートが受けられたらよいなぁと感じます。

先日経産省から、海外での漫画の制作のやり方等のお話を聞きたいと連絡があり、お話をさせて頂きましたが、そのときにこういった難題等もついでにお伝えしてきました^^;。

うちは漫画家なのでこういったアニメに関しての事はあまりわからないのですが、GoldRingは原作者のセドキさんの作品であり、彼はGAINAXのファンでこういった流れになった訳ですが、私達も漫画という形で関わって来ましたので良い形に発展したらと願っています。

漫画原作をアニメ化というと放送ぎりぎりまで情報を出さないのが一般的ですけど、このプロジェクトに関しては、ぜひどんどん広めて欲しい、という山賀さんのお話なので、まずはこちらで発表させて頂く事にしました。
情報を広めて共有する事で協力者も是非募って行きたい、とのことです。

どうか日本の皆さんが日本の冒険者達に暖かい感心を持ってエールを送って下さると嬉しく思います。よろしくお願いいたします!




cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2014年06月19日(木) 21:03 by Akira Himekawa [ Edit ]

楽描きしよう*

最近、絵を描くというとパソコンが必須だったり大掛かりで大変な事が多いけど、本来絵はもっと気ラクに楽しく、紙に書き落としたい派だったりします。
ほんとはこういうテロテロ描きが、気楽で一番楽しいんですよね*
って事でミーティングに来たファミレスで本田が狼を落書き。
あっと思って長野が向いからスマホで撮影したものをアップしてみました。
3分素描。
最初からにならなかったのがちと残念。
手元が思いっきりファミレスです…w^^;



you tubeに動画アップって初めてやってみたり
cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2014年04月06日(日) 00:04 by Akira Himekawa [ Edit ]