<< ツイッター再開 ✤ main ✤ 「読みきり」製作中 >>

動物文学

本日のゲゲゲは、見たら落ち込みました〜。
今週はなんか個人的に昨年の痛い思いが湧きそうで・・。


と今「コーラ」(グリーンコーラ)のCMに氷室さんが〜〜〜!!
何気に素敵なオーラのお兄さんが目に飛び込んで来たと思ったら!!
氷室さんじゃないですか〜〜。
カッコイイってやはりこういうオーラだよね。
あらためてこの人って個人的にインスパイアされるアーチストの一人だと思いました。
ああっこういった大人兄ちゃん描きてぇ〜〜〜〜!!
個人的に黒狼さんのイメージ。ふふ。
少し癒された。




相変わらず湿気がひどい日。
苦手です湿気。
紙がぶよぶよだよ。

引き続き下描き&カラー入稿。

ガクマンプラスでマンガを描きます。
その予告。

オールドウエストの世界です。
なつかし〜。

少し頭を戻しました。2002年くらいに。
だからこのサイトの表紙も当時のものにチェンジ。(絵が幼いなぁ・・)

なんともいえない気持ちいい空気感があって、田舎に帰ったかんじです。

ガクマンプラスは学習漫画誌ですが、学年誌と違って、逆に学年誌では描けなかった題材が描けます。偉人伝や開発マンガなど。
勉強と密接ではありますが、堅く捉えなくても、自分達なら何にする?という事で、「動物文学」を提示させてもらった結果、それがさらりと通りました。

昔からなじみのあった動物文学達。
そういったものの漫画化がずっと夢でした。
動物描きとして、やはりこれはやっておかなければ・・という。何やら使命と言うと大げさですが、昔は多くいた動物漫画家の先生方。
現在はなかなかそれを描ける作家さんを見かけなくなりました・・それではあまりに寂しい、というより、比較的若手の部類では、自分達しかいないんじゃね?みたいなかんじで・・・
そして編集部に持ちかけました。
今の子供達に「動物って素敵」って伝えたい。


学年誌の時にそういう漫画化はいつも望んでいましたが、学年誌は芸能などのエンタメ雑誌ですので難しく、しかしこのたび学年誌の休刊で新しく出来た、ガクマンプラスが学習漫画誌なので、こうした文学が形になりやすかったのかもしれません。
だから子供のキャラクターを描かなくてもよいのですね。主人公はおっさん率高いのです。

とにかく私達には、こうした学習誌でずっと願っていた仕事の一つの形なので、あっさり決まった事が信じられないくらいです。

こういったマンガは別腹なんですよね。
自分の中の良心の聖域なのです。

(一般誌の方も準備ちゃくちゃくと進めています)










cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2010年05月25日(火) 22:12 by Akira Himekawa [ Edit ]