<< 帰って来ました! ✤ main ✤ ドイツレポートその2 >>

ドイツレポートその1

7月29日

朝7時起床。
夕べコンビニで買った軽めの朝食とジョナサンで買ったブルーベリー食べながらBShiの「ゲゲゲ」を見る。
「悪魔くん」放送開始の回。登場人物全員が祝ってくれてしげるさんはほんとに幸せ者。
富田さんが「あれ、昔の仲間なんだよ」と嬉しそうに自慢してるのがじんわり来る。
見終わった後再びBS2で同じ放送を見ながら支度。
それが終わると総合8時からのをもっかい見る。同じモノを朝続けて3回見てしまう。
何度見てもいい…
総合の放送終了後、出発する。


予定時間より10分ほど遅れて空港第2ビルに到着。午前10時25分。
小学館の阿部さんと君和田さんと待ち合わせる。
緊張が少しやわらぐ。
阿部さん黄色いウルトラマンのTシャツw。

ヤマトの窓口まで行ってスーツケースを受け取り、少し開いて手荷物を調節し、チェックインを済ませる。
ビジネス以上はJALの無料ラウンジが使えるので出発までそこで休む事に。
広くてゆったり、すばらしいラウンジ。
飲み物と簡単なお菓子が食べ放題。みんなでコーヒー等飲みながら時間潰す。阿部さんは電話。

12時15分発JAL407便でフランクフルトへ。12時間ほどのフライト。
阿部さんはエコノミーなのでしばしお別れ。
私達だけVIP待遇!?

初のビジネスクラスシートはほんとうに快適。自分達だけじゃとてもこんなの乗れないw。きっと最初で最後だろうなw。
ボタン一つで完全に横になって寝る事が出来るので楽楽〜。
飛行機って狭い空間しか知らないもん;。

映画は前の各座席の背もたれに画面が付いていて、好きな時に好きなものが見放題だった。
「タイタンの戦い」ある。見損ねたのでラッキー。
見始めた所に機内食が出て来る。

和食の前菜、小鉢8つ。なにコレという位豪勢です。前菜でお腹一杯。



メインディッシュは魚料理。しかしさっきから気流の関係でちょっと機体が揺れて、揺れてる所でおちおち食べていられないよ〜。
それにしてもご飯豪勢じゃ!!これが機内食か〜?

機内食べながら「タイタンの戦い」見終わる。
ちょっと眠って、「ヒックとドラゴン」公開前に観られた!ラッキー。なんかかわいかったな。
それとこれも身損ねた「アリスインワンダーランド」。
確かにティム・バートンにしては随分教育的な所にテーマが行ってしまって。
ファミリーに受ける映画にすることにしたのかな。
結果大ヒットしたので目的は達したのでしょうね。
しかし姫川的には大味でもうちょっとスパイスを効かせてほしかった〜。
でもいずれも見たかった映画だったので得しちゃった。

食事は最初の機内食の後は好きな時に好きなだけ注文が出来る。
そこかしこからカレーやラーメンの匂いが。
自分は洋定食頼んで当たりでした。
しかしこれからしばらく日本食ともお別れだな。
大丈夫かな自分…。

フランクフルト到着時間は現地時間午後5時20分。
7時間時間が戻るから、いったん迎えた夜の後又夜を迎える事になる。
初日はヨーロッパはいつもキツイです。

TOKYOPOP社長のカップスさんとアレクサンドラさんが出迎えてくれる。
今思うとお互いとても緊張していましたね^^。
AnimagiC主催者のトーマスさんはドイツ好きの友人の描くキャラそのまんま。
アレックス(アレクサンドラさんの愛称)は京都の同志社大学に通っていたとのこと。
「当時はもっと日本語話せたけど10年前で忘れちゃった…」
でも十分グッドです!通訳になってくれます。

これから長い間おせわになりま〜〜す。

外に出てバスの所に行くと、確かに日本みたいに暑くはないけど日差しが強くて少しじりじり。
紫外線強いね。

トライガンチームがもう来てました。お互い紹介。
内藤さんがジャンプスクエアの74pの締め切りで来れなくなったとの事。とても残念。
内藤さんの代わりにヴァッシュ役の声優の小野坂昌也さんがスペシャルゲスト!!

でもアニメチームの西村監督と作画の吉松さんが、スタジオライブの方で、実は本田にはとても縁が深い人達だったんです。
本田は、昔アニメーターになりたくて、その当時大ファンだった、芦田豊雄さん社長のスタジオライブに入る予定だったんですね。
いろいろ事情があって今は漫画の道に行って現在があるんですが、こうして日本からご一緒出来る事が何やらすごいなと思った訳で。
あとはヨーロッパで活躍中という歌手のMOONカナさんとそのみなさん。



タクシーがベンツ。そりゃ国産車ですからw


全員でバスに乗り込み、ボンへ移動。
丸山さんという、ドイツ在住の日本人青年が通訳さん。赤いキャップがよく似合う。
バスに乗り込んだ時水とキットカットをいただく。


ドイツでもキットカットは同じ味。




アウトバーンを走ってます。


後ろに座ったカップスさんが君和田さんを介してひんぱんに話しかけて来る。
今思うと姫川を迎えられて大変エキサイトしていたのかも知れない。
しかし後ろを振り返って話すのが首がちょっとしんどかった;
でも会話は楽しかったですよ!私達が二人で描いていると知ったときはとてもびっくりされたそうです。

ボンに到着。小雨が降っていて寒い。
週間天気予報が曇りか雨ばかりだったので少し残念だったが気にしないようにしよう。
ヒルトンホテルに到着。長い移動でさすがに疲れた。
とりあえず部屋へ。

目の前にライン川、と聞いていたので窓を開けて右を見たら見えました〜w
部屋の中にAnimagiCとTOKYOPOPからもうおみやげが置いてあって、疲れていたけど感激して心が和む。
お心使いがお洒落なヨーロッパ!
ドイツの街は、とてもきちんと並んでいて、綺麗な町並みです。

ひとつ勉強。
ドイツの電源が日本のものと全く違うのをこの時知る。ガーン。
せっかく重い思いしてノートパソコン持って来たのに。
携帯の充電もできないじゃん。
フロントに聞いたら変換機貸してもらえるかも、と君和田さんに相談したら変換機の予備をたくさん持っていらして貸してもらえとてもラッキーでした。
ほっと安心。したのもつかの間。パソコン起動してもネットに繋がらない。ちょっと冷や汗が…


あまり休む間もなくディナー。
AnimagiC主催のトーマスさんが日本語で挨拶して下さる。拍手!!
さっきバスの中で丸山さんがずっと教えていたのはこれだったんですね。
食事はビュッフェ形式。


白ワインはものすごく美味し。




フルーティでまったくきつさが無い。むちゃくちゃ上品な味。
カップスさんとアレックスさんの向かいに座った。ワインはほんとに美味しい。
君和田さんが英語ペラペラでその場ですぐ話してくれる。いいな英語喋れると。
ドイツは英語が話せる人が多いのだそうです。今日お会いしたドイツ人のかたみんな英語話してました。
とてもなごやかに会話が弾みました。

顔見せなので頑張りたいんだけれど、日本から移動づめでかなり限界。
具合あまり良くなくてそこそこに部屋に引き上げる。


君和田さんからドイツ滞在中用に、とお借りした携帯がソフトバンクのモバイルで、取説も無いのでどう使って良いやら悪戦苦闘;
自分のじゃない携帯って慣れないと使いにくいものですが、しかし使いにくい;;
夜の11時になんとかツイッターの一回目を発信するが細かい文字の修正も出来ず。

持って来たパソコンは繋がらず、携帯も上手く行かず、なぜかツイピクの写真も上がらない。
リアルタイムで情報発信する事はあきらめムード。


気温は20度で涼しく日本から来た自分達には天国だったけれど、なにやら嫌な予感。
身体が疲れていて、寝る時間も短く、喉に来たら困るなぁ…。

明日に備えてシャワーを浴びて早めにベッドへ。
cetegory : 海外イベント ✤ - ✤ - ✤ -
2010年08月08日(日) 22:17 by Akira Himekawa [ Edit ]