<< ドイツレポートその6 ✤ main ✤ 特別編 >>

ドイツレポートその7〈最終回・笑〉

8月4日(水)

朝が来た。

妙にすっきり。
一瞬ここは何処?
すっかりツキモノが落ちていた。

考えてみれば、日本にいたときから、なんか体調がイマイチだった。
そのすっきりしなささが、ずっとぐずぐずした感じで残っていた。
が、それらが一気にクリアになった気がした。
気持ちが軽い。
しかし最終日やね。残念。悲しい

カップスさんアレックスさん君和田さんみんなに会える。
みんなとても心配しているので、「元気になったよ」と伝えるととても安心してました。
【本田】


さて、
最後なのでスーツケースに出来るだけ詰められるものは詰めないと…
パッキングに苦労した。
11時に下に集合。スイートルームともお別れ…

部屋のテラスから一枚。





本田は色紙が描けるくらい回復した。よかった。



スーツケースはまだホテルにあずけて、ニュルンベルクの街をぶらぶら観光。




教会の塔が見える。あそこを目指して歩く。




上が中世時代 穀物倉庫…でしたっけ?





アイスクリーム屋さん。




うま〜〜〜。彼女と一緒でさらにあま〜〜〜〜♡




そこかしこに市が出ています。




とてもかわいいもの売ってるおみやげ屋台。


【本田】気分すっきりしゃっきり☆
    ドイツに来てから一番調子いいかも楽しい

【長野】そりゃあよかったねえ〜〜〜〜。最終日に楽しくてマジよかった。


キノコおいしそう。


屋台でショッピング。楽し。





威風堂々



映画館。今日本でも同じタイトルが上映中ですね。





広場の教会で、毎日正午に一回だけ時計台が動きます。からくり人形ライブかな。
たくさん人が集まっていました。

「こういう時スリが出る。みんな上向いてるからw。カバン気をつけてね。」
と、アレックス。

ガッチリ持つ。

カ〜ン カ〜ン カ〜ン
これ近くに住んでいたら、毎日はうるさいかもしれません^_^;


時計台が開いた!

カタカタカタ… みな固唾をのんで見守る。





王様のおな〜〜〜り〜〜〜〜





こちらは、確か昔は市役所だったでしょうか。




拷問博物館があると聞いていたのでさりげに振ったら、本田が「行くよ」と言うので
「え、いいの!?」「元気があれば大丈夫」
拷問博物館じゃなくて正式名称は当時の地下牢。


集まった十数人くらいでガイドさんの説明を聞きながら見て回るのです。
わたしはてっきり博物館に拷問器具が並んでるだけの所かと思ったら、


これがホンマモンの当時の地下牢で…

いや かなり生々しい;





みなさん中世の地下牢へようこそ…




ガイドさんの説明を聞くツアー客。ほとんどドイツの人だと思います。
アレックスがまた君和田さん通じて訳してくれます。

「死刑は公開処刑だったのでそれまで自殺をしないようにガーディアンが守っていたのです。」

はああ……;






罪を犯したものは30日間ここに繋がれて過ごしました。ひええ……



真っ暗な上に狭くまわりは石で、ものすごい圧迫感です。
閉所恐怖症の人だったらちょっと耐えられないかも知れません。

「こんな所に入ってたら死刑になる前に気が狂いそうですね;
『殺してくれ』って感じですよね;」と君和田さん;

そうですねえ…;


19世紀まで刑務所として使われていたんだそうです。(1900年だったかな…)
放火は必ず死刑だった、とか。
日本も江戸時代そうでしたよね。火付けは死罪。




地下牢から地上に脱出。
ふ〜〜〜〜。全員ちょっとゲンナリ。


口直しに昨日店長に教えてもらったシュタイフのお店へ!





ここに来れたらギーゲンのシュタイフ美術館行かなくてももう十分です^^
ここに来て長野疲れてちょっと座り込むが、本田一度も座らずぬいぐるみの品定めしてる。
元気だな〜〜〜〜昨日のことがウソの様…;
馬とニワトリ購入。


このへんでお昼。ケルンの駅で見たときからファストフード系の軽食が食べてみたくて、パンにトマトとチーズと挟んだものを注文。美味しかったけど半分でお腹いっぱいに。



なんとなくブラピに似ていたウェイターさん。





歴史的な通りの一歩裏にはモダンなファッションのお店や、デパートなどが並んでいます。


じゃ、そろそろウルトラコミックに…


と行ったら飛行機の時間が気になるのではやめに済ませてくださいねと言われて
ええ〜〜〜〜そんな;
肝心な時に時間がいつも無い;おまけに長野はお腹の調子が悪くてトイレに何度も行ってしまい…;しかし本田がだいたいチェックをし、2階の本数冊と地下階のドラゴンのフィギアを3体購入。

持って帰れないのでカップスさんに送ってもらう事になった。すみません〜〜〜〜〜

うーん、ドイツはドラゴンの国だった。

改めて店内を見て回る。




レジ前。日本のアニメの商品がぎっしり並んでいます。
ナルトの人気はすごいです。




日本のコミックがずらり!







スクリーントーンも売ってました。
日本国内で売っているものまんまです。
マンガの書き方本も翻訳されて売っていました。


あとふと目をやるとレジにゼルダの単行本を持って並んでいる女の子がいる。
目が合って、なんとなく気がついたらしい。
サインをしてあげたら、とびあがって喜んでいた。



【本田】自分だってCD買いに行って、そこに吉井さんがいたら無茶苦茶嬉しいもん><;。w
彼女にしてみたらすごい出会いだったんだろうな…。



あ、ゼルダの棚がこんな所にありました。


みなさんにもご挨拶してお店を後に。

今日は店長さんがいなくて、お会い出来なかった。残念。
いろいろ有り難うございました。



5時。さあ急いで空港へ。



予定通り7時に空港へ着き、チェックインを済ませ、荷物を預けて
いよいよここでお別れ。

…とてもさびしい。



朝描いた色紙をアレックスとカップスさんに渡す。

カップスさんは姫川をドイツに呼ぶのは夢だったから、夢がひとつ叶いました。と言って下さる。
8年前からゼルダの本を翻訳したいと思っていたんだそうです。

こちらこそ、忙しくて大変だったけど漫画家としてのいい思いを沢山させてもらってひとつ夢が叶いました!

本当に呼んで下さって有り難うございました。
どうか末永くおつきあいをよろしくお願いします。

次はぜひハンブルクのTOKYOPOPの事務所に呼んで下さい!




チューーース!またね!

空港の中に入って、最後の買い物をちょっとして、またJALのラウンジで休み、
21時05分408便でフランクフルトを飛び立つ。


さてまたしても映画。
「アイアンマン2」あるじゃん。見ましょう。
で、またしても機内食。
8つの前菜小鉢。メインディッシュ鰻。
今度は時間が夜のフライトだったので眠くてほとんど寝ていた。
「アイアンマン2」切れ切れ寝ながらなんとか見終わる。
面白かったです♪

明け方、最後の鮭茶漬けが美味しかった。




日本が見えて来ましたよ。


成田に到着。
午後3時半。
むわ〜〜〜〜〜〜と来る。日本は暑い…;
しかし嫌な暑さじゃないのはやっぱり自分の国だからですかね。

スーツケースをまたヤマトに預ける。

君和田さんと一緒に成田エクスプレスに乗り、東京で下車。
成田って東京から遠すぎる。

ここで君和田さんとお別れ。お世話になりました!
君和田さんが、今 国際ライツにいてくれて本当に良かった。
一緒に行けて楽しかったです。
ずっと働きっぱなしで気を遣い、私達を心配してお疲れになったと思います。
本当にお疲れ様でした!またこういう機会があったらぜひまた一緒に行きたいですね!



そして阿部さんも!



勇者との戦いお疲れ様でした…

いやいや、

お世話になりました!ビール美味しかったですね♪

GAKUMANPLUSがんばって下さいね。
これからもよろしくお願いします!



名古屋行きの指定を取り直し、新幹線に乗る。
名古屋までがなぜか長かった。時間的に時差で朝方だからかなあ。

名古屋に着いていつもの駅釜で天きしを食べた!

うんま〜〜〜〜〜〜いい!!

家に着いたのが10時くらいだったかな。





長かった旅が終わった。







【帰国後】
さっそくニンドリのかややんから連絡があり、
我々がドイツに行っている間に名古屋で行われた〈コスプレサミット〉で…

なんと「ゼルダの伝説/トワイライトプリンセス」のコスプレで
イタリアからのチームが優勝したそうです。

えーーーーー!

AnimagiCで審査員やっていた時とほぼ同時…

どういうこと!?


でもイタリアでも漫画「ゼルダ」の刊行が始まったんですよね。
あちらでもまた盛り上がっているのでしょうか。


という所でオチついて終わりです。



長いレポートにおつきあい下さったあなたへ…


有り難うございました!!



終わり。
cetegory : 海外イベント ✤ - ✤ - ✤ -
2010年08月11日(水) 22:24 by Akira Himekawa [ Edit ]