<< 風の流れ ✤ main ✤ コワイ… >>

バッドランド



なんとも一見恐ろしげな絵だけれど、
昨年夏にドイツに行った時に買って来た本の一冊。

それが行方不明になっていて、昨日ドラゴンの置物と一緒にようやく届きました。

現在ロボを描いていて、その世界観にばっちりなタイミングでした。
まんまこの時代だもんな。

世界観にトリップするのが元々好きで、奥行きのある絵や空気感のある絵が好きです。
こういった本は日本の漫画と全く違うんだけれど、ほんと上手いなぁ〜と絵描き心が唸ります^^。

「バッドランド」
歴史的には悲しくも残酷な事実を思い出すし、土地自体は非常に荒涼としていて人を寄せ付けない場所ですが、恐竜化石で有名なんですね。今は…。
これも何やら今に関係あって偶然な事が!

ネイティブな血が又騒ぎ出します。。
「ロボ」は最後はいたたまれない最期を迎えますが、最後まで誇りを失わないで戦って散って行った、まるでインディアンの戦士のような気がします。

cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2011年01月20日(木) 02:06 by Akira Himekawa [ Edit ]