<< GoldRingn二巻から新連載 ✤ main ✤ お店計画 >>

形に

 どんどん形にしてゆく。
それが今の目標です。

楽しい事をやっているとどんどん後から後から新しいアイディアが湧いて来ます。
今頭にあるアイディアを全部形にしたいのですね。


オリジナルを描く時に実は何処か別の世界の空気を感じる事があって、こうなるとなんか怪しい事言う人みたいですが、つまりこれが自分の世界のニオイなのだと思います。
それは静寂を好み穏やかな日がさしている楽園のような感覚です。
自分はこのオリジナルの楽園に入っている事が実はものすごく幸せで、それは現実の作業のしんどさは関係がない事なのでした。
しかしここ10年ほどその楽園には入れていませんでした。
記憶ではムジュラの仮面のオリジナル番外以来でしょうか。
あらためて、本当に仕事とは全く違う物であると認識する訳ですね。



先日、人間ある程度年齢がいったら姿勢を若い人に見せてゆく事が役割、
みたいな事を言ってる番組があって、そういえばそれって自分達あるかもと思った訳です。
自分達は「言葉」ではなく「姿勢」なんですね。
気の効いた話も出来ませんし、口べたですし、
身をもって見せてゆく事しか出来ません。

毎日原稿原稿でしんどい事ばかり描く時もあります。
でもその先にあるのが「挫折」では夢が与えられない。
しんどい先には必ず報われて行く事を若い人には示して行きたい。

などと最近無意識に考えている自分に気がついて、それがもうそういう年齢だという事を認識する訳ですね。
気持ちはもちろん20代ですが^^。

それはもう毎日がとても無駄な時間が過ごせないんです。

今頭にある事を形にするには何年もかかると思うし、それがこの先どれだけの長さがあるんだろうと考えちゃうと、今とてもたくさん描きたい訳ですね。
今の状態は幸いそれが可能な気がするんです。
今までいろいろためしていろんな仕事して来て、かなりの守備範囲が広くなったと思いますし。
それは本当の意味で「描く事を楽しめる状態」になった事ですからようやくといったかんじですか^^。




変な話ですが、頭上の上には我々の行動を見ている目があると思うんですね。
それは最近実感として捕らえられる感覚で、だからごまかしは出来ないんです。
昔の人はお天道様はちゃんと見ている。
とよく言いましたが、なんとなくそうなのかなって思うんです。


人にはやり時というものがあって、そこに力が達していないと絶対良い形になりません。
要領よく振る舞ったつもりでも何かを犠牲にしているといい目を見る事が出来ないのです。
最近いくつもの形にならなかった事が併行して形になってきています。
これはきっとそれ以前は自分達がそこに達していなかっただけの事で、今ようやくそこの位置まで達したという話なだけな気がします。

実は何か、誰かのジャッジを感じる時があって、
自分達の今現在の実力のジャッジを下す存在がいる気がする時があるんですね。
だからうぬぼれる事も無く騒ぐ事も無くただ淡々と目の前に出された素材を調理しているのでした。
いろいろしんどい事は多いですが、今こうなっている事は、今ならやれるという事なんだと思って。

その料理が少しホテルで出せるくらいにはなったと言う事でしたら嬉しいですね。
力一杯やりますので、そのためのあるべき流れを施しを頂ければ嬉しいな。









cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2011年03月04日(金) 02:33 by Akira Himekawa [ Edit ]