<< イルミネ ✤ main ✤ 冊子プレゼントの発送 >>

GO!GO!修羅場中。

 ジーンも無事発売してようやく気持ちが落ち着いた所で原稿に集中出来ます^皿^;。

何しろ創刊号なのでどんな雑誌かも解らず、
「果たして無事仲間入り出来ているんだろうか」
と長年この仕事をやっていてもハラハラしていましたからw。
自作連載は本当に12年間やっていませんので、
今の時代にも大丈夫なんだろうかと、自信もあやしくw、不安感でドキドキ気疲れMAXでした、実は。。

編集さんにも
「しっかりとストーリーが描かれていく作品なので、これからもどうぞよろしくお願いします。」
とのお声を頂きまして(きちんと誕生日の日付覚えてくれていまして感激!!)ようやく気持ちが落ち着いた次第です。


当初の発行予定は4月だったんですが震災の影響で二ヶ月延びて6月になってしまいました。が、
精神的には本当に助かったというか…。
実際気持ちが現実に引っ張られすぎて中々原稿が描けなかったですから。
12年ぶりの自作連載でただでさえも緊張していたところの震災で
もうデリケートMAX精神キレそう〜〜〜〜泣!みたいなw。
神様ドSです。

でも一話下描きは3月にほとんど出来ていましたのでまだ良かったんですがw。

REKIと同時期に考えたキャラなので、どこかアメリカンですが、主人公が日本人という所でグローバルな漫画になったらいいな。TJはヨーロッパっぽい。
4月にはそのイメージにシンクロするためにアメリカも行ってきましたし^^。

海外と言えば、つい昨日知ったんですが
ジーン創刊のニュースが流れて早々2月に仏のマンガニュースサイトで「姫川の新作!」みたいな記事が上がっていました…。ぎゃ〜〜っやめて!(いえ、有り難くもあるんですが;;)日本じゃ質素な立ち位置ですから^^;。海外って本当にアーティストに目が向いているんだなぁ。日本はキャラに目が向いている訳で…。


ところで、
今年はなんか不思議な年でございます。
新しい事が始まったと同時に「過去」がクローズアップされるんですよね。
過去デリートされていた事が、発掘されるといいましょうか。
もう封印していた自作漫画を引っ張り出していて、そんな中ヒウリの復活があったり…。
ゼルダの時オカが3DSで発売されたり。

オリジナルを始めると昔作品読んでました!とか言われる事が。
そんな時「ああ、よかった。デリートされていなかったんだ…」とちょっと過去が無駄じゃなかった想いで嬉しくなります。

そして、
過去の原稿を見返して思ったのは結局描く事が変わっていないと言う事。23年前と何も!!
もう開き直りましたwww。
どんなに新しいモノを作ったつもりでも結局は本質は変わらない。
キャラや世界観、構成等。
まぁ、それを作家性といっておこう。

TJはキリガであったと…。(いや、独り言ですw)



下はイルミネのヒューくん。ちょっと気弱君。
(ガルの直視じゃねーか!がくっw)











cetegory : 竜は黄昏の夢をみる ✤ - ✤ - ✤ -
2011年06月17日(金) 13:57 by Akira Himekawa [ Edit ]