<< だんご状態でw ✤ main ✤ 期間限定無料配信 >>

大掃除

 時々区切りなのか大掃除を突然始めます。
何がきっかけなのかはよくわからないのですが、急に何やら区切りの意味もあって掃除にハマりますw。

ひとつ気になって始めたらそれまで何気に見て見ぬ振りをしていた場所も気になり出し、一気にそのまま床磨きまで発展してしまい、そして最後は近くの清掃センターに粗大ゴミを車に積んで捨てに行って気分爽快スッキリシャッキリ!がいつものコースとなります。
(今回は犬のケージもがっつりとw)
仕事場の模様替えも多いのですが、今回は今までもう十何年も使っていた椅子とかカーテンにも及びましたw。
部屋のムードは家具やインテリアでも雰囲気ががらりと変わります。

ここ10年はナチュラルなパイン材やアースカラーなどを気に入って探して使ってました。
(昔は黒が多く、自分はどうも黒い家具が苦手でしたから^^;)
しかし最近は一年前からはビビットなカラーものに変えて来ています。

基本「色」が好きです。
色はいろんなムードを作ります。
気分で今は「何色?」が決められるし、やる気も色に助けられる時がある。

それでもなるべく同系色か二色でまとめるように考えてます。
そんなインテリアの色目を考えるのは楽しい。
最近は仕事場は昨年から流行り出している黄緑色系列なものを多く揃えてますが、
数年前ではインテリアに使うには日本では考えられない色でしたね。

部屋毎に色のテーマがあって「白い部屋」とか「黄色い部屋」とか「青い部屋」とか「ピンクハウス」とか呼び名になっていたりしてw。
色によって体感温度も違う気すらします。

昔は輸入ものなんかしかお目にかかれないような色目やデザインが、最近は安く何処でも見られるようになり、そんな中ですから気楽に模様替えも出来るのかもしれませんね^^。
ふと気がつくともう20年前から使っている仕事場の椅子やら机やら。当時の物は頑丈で壊れなかったですね。それらも今回はとうとう思い切って捨てる事に。


実は
仕事内容がデジタルに移行して行ったのが不要なものが急に出て来た理由ですが、
アシスタント用の机や椅子など。
今まで漫画家はアシスタントさんの居場所の確保(机、炊事場、寝室、寝具)等、必要でした。
それは伝統のように先輩から脈々と続いて来た形だったような気がしますが、
それが、2005年のREKIからのデジタルのお仕事にだんだん以降していき、今はモノクロ原稿もデジタル化することによって、わざわざ仕事場に来て頂かなくてもアシスタントしていただけるようになりました。

それは自分達にとってはふと気がつくとかなりの革命的な事で、
今「竜は〜」を5本描いた所で、仕事場のアシスタントさんの机が使われていない事に気がついた訳です。

その代わり長年使って来たその場所を思い切って何か別の事に使えないかとふと思い立ち、外から招く人の為の部分を真逆の自分のもっとコアな創作の場所に変える事にしました。
(コアな創作というのは又後ほど詳しく)

最近の仕事の質の変化によってそう言う形を自然に思いついたのですが、
漫画家を始めてからずっと長い時間「当たり前」のようにそこにあったものが、あっという間に変わった事に気がついて、あらためて今時代は刷新されているんだと気がつくのでした。


ゴミを減らそうの時代に、ゴミを清掃センターに運ぶ時は多少の罪悪感に見舞われつつ、きっとゴミの出ない世界は今の経済が回っていないのではないかという矛盾をついつい考えてしまったりしています〜。







cetegory : 日記一般 ✤ - ✤ - ✤ -
2011年10月18日(火) 11:12 by Akira Himekawa [ Edit ]