<< 海外諸々 ✤ main ✤ 「竜は黄昏の夢をみる」単行本は明日発売 >>

ブータンの竜の話

 今日本に訪問されているブータン国王夫妻。

素敵です。

今日のお言葉。

ブータンの国旗は竜をあしらっている訳なんですが
その皆が竜を持っていてその竜は経験を食べて育つ。
それはコントロールされなければならない。

というのがとても印象的^^。


今描いている「竜は〜」のキヤもまっさらな純真な竜がいろんな経験を積んで行くお話。
それはとてもきびしく苦しい事が多いのだけれど、その力をうまくコントロールしていかなければならないとう内容^^。

竜(龍)ってそんな生き物。


扱い難しく厳しく。バランスをもって扱う。



ブータンは昔から憧れた国、チベットも。
ガルのお話はこの地区がモデル。

ヒマラヤ密教や秘境真義などでは
この竜とか蛇の扱いに注意を払えってある。

「幸福度」っていうのもなんかわかる。

今度少し語ってみよう。









cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2011年11月19日(土) 03:27 by Akira Himekawa [ Edit ]