<< ファンアート/その3 ✤ main ✤ オリンピックと原稿と >>

久々なブログ

 うわ〜っ
又ここが放置です!リニューアルしたばかりだというのにw。

お久しぶりでございます。ツイッターも放置ぎみですみません!

現在姫川は精力的に仕事中です。

今頂くご依頼が本来のやりたかったものが多く有り難いです。
「動物が描けるので」という形で依頼を受ける事が本当に多くなりました。
昔はそれが仕事に繋がる事はほとんどなかったのですが;
今はそれが武器になる時代なんですね。
四つ足でキャラクター化となるともう中々描ける人がいないという事で、集中しているかんじです。

今年「シートン」の単行本を出してからも
シートンさんの仕事が増えました。
今年他に二つシートンさんあります。

それから趣味で動物のイラストを長年描いて来ましたが
それが生きるお仕事も。


今年前半とは空気が違う印象を肌で感じています。
なにがしらの手応えや必要とされてるんだなぁという感じが何となくひしひしするんですね。
何でも編集部が「売りたい」「出したい」と思わないと良い形で外には出られないという実感があります。
昨年から今年前半は必要とされる感じが全くなくて、随分自分達しょぼい事になったなぁという感じを受けつつ仕事を進める事も多かったのですが、そんな中でも自分のやりたい事は形にして行くよう頑張り続けたのですが、それが別の場所で今に繋がっているんだと思うんです。

「必要とされる」事が出来てはじめて「人の為に頑張れる」と言える訳で。
やっただけ手応えを感じられる、それを受け止めてくれる場所があるのはすごく未来のやる気に繋がる訳です。

シートンの漫画化をしたいと希望して企画を小学館に話したのは自分達ですが、それは生まれて間もなく動物を描き始めて今まで自然に動物の絵を描いて来て、それを得意とする自分達の使命じゃないかしら位に思ってのことなのですw(実は)。

アメリカ旅行が特別な思いがあるのも実はそうしたシートンの世界観、その先の自然観などが自然に自身の中に存在していた事なんだろうな、などと最近は疑わないのですね。

企画を通すのは本当に難しくて誰かの気持ちを動かさないと通らない。
特に初めての事は本当に難しくて、特に動物に関しては日本の方のイメージがあまり良いイメージの想像ができなくて、ゆるキャラものに流れてしまったりマスコット的なもの、じゃなければ劇画というイメージしかもたれなくて中々カッコいいものに繋がらなかった。
そのカッコいいラインを自分達はやって行きたいと主張を昔から続けていた訳なんですが、それを見た事も無い人には形にするにはほとんど無理な事がずっと続いていたのです。

それだけに編集さんのキャパにかかっているという事で。
それが今年はそのあたり価値観を求めてくれる人が何故か周りに多くなりました。

本の形にして行く事がやはり大切と信じてシートンは頑張って描いたのですが、編集さんの頑張りもあって無事単行本の形になった事が、次のお仕事4本引き寄せてくれました。
皆「動物が描けるので」と依頼に必ずつくのですが、昔と今を繋ぐ世界を自分達の漫画や絵を通してじわりと浸透させて行く事が出来るんだなぁという、どこかぼんやりしていたものが確信に変わって行く事を実感していく嬉しい今年になっていきそうです。


と言う事で動物以外もいろいろ進行中。
今年と来年は猛烈に頑張ります〜。
身体も気をつけて^^。







cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年08月04日(土) 15:49 by Akira Himekawa [ Edit ]