<< UAE/ADIHEX乗馬狩猟展示会その1 (2013/09/01〜02) ✤ main ✤ UAE/ADIHEX乗馬狩猟展示会その3 (2013/09/04) >>

UAE/ADIHEX乗馬狩猟展示会その2 (2013/09/03)

UAE2日目。
さて、ホテルでは久々にぐっすり眠る事が出来ました。
体調も昨日よりずっと良いです。
でも時々出る咳のせいで、薬が手放せません。


INPEX/JODCOさんの社員宿舎。
私達はホテルに泊まってますが大塚さんと榊原さんはイベント期間中鷹を飼うので宿舎に泊まります。

本日最初の任務は日本から来た全員とINPEX/JODCOさんのアブダビ在勤社員の方達でもってアブダビの日本大使公邸に招かれての昼食会です。
うわ〜!昨日の総領事館に続き大使館!
ドキドキしながら向かいます。私達もですがみんなドキドキ。
大塚さんは2004年から毎年参加されているのですが、
こういう事は初めてと仰ってました。

高級住宅街らしき所へ車が入ると右手に日の丸が見えてすぐにここだとわかりました。
洋館(アラブ風の洋館)ですが、調度のひとつひとつが日本的。
そう、この中はUAEの中の日本なのです。

在アラブ首長国連邦日本大使館特命全権大使の加茂さんと奥様が迎えて下さいました。

イチ漫画家がどの国でも日本大使公邸に招かれて食事するなんてまずありえないことで、なんでこんなことになってるのかしらと緊張の極みです。
日本では全員だたの一般庶民ですので、こんな所に呼ばれる機会など皆無ですから;
それが漫画と鷹狩りでなぜかこんな所まで…
これもアブダビで石油を掘っているINPEX/JODCOさんと大使館とのつながりなんですね。

中は大変素敵、素敵と言っては失礼な気もしますが、日本人でありながら、こういう清楚であり優雅な「日本」らしさは、なかなか目にする事はありません。
前にアメリカ/オレゴン州の公園で、入場料を取る日本庭園に行った事がありますが、かえって「日本」を意識する作りになっているので、海外に行くとあらためて日本を認識する場面が沢山あります。
大使館はとても撮影出来る状況ではなかったので写真はご容赦を。

和食を大変美味しく頂きながらお話しました。
八丁味噌の茄子しぎが出て来た時は思わず反応してしまい、「愛知なので赤味噌が嬉しいです」と言ったら大使も奥様も思いがけなかった、という表情で喜んで下さいました。
遠い異国に来ていながら毎日本格的な和食食べてます。
隣には、先日安倍総理がクェート訪問した時にずっと付いてお世話をされた方が^^。
そんな方と直にお目にかかれるとは…
おお〜っ、です。

もう緊張が取れずにドキドキしている中、大使の奥様がとても気持ちがなごむお話を沢山して頂き、こちらもだんだんリラックス出来て行きました。
その後も様々なお話をしながら意見交換も交えて昼食を頂きます。

この国、UAEは外国人が多く働いている国ですが、日本大使館としてはもっと日本人にこの国で活躍して欲しいと考えてらっしゃるようです。
和やかな話の中、自分達の事も聞かれたので、漫画の事、そして「GoldRing」の件を話させて頂きました。

実はGold Ringは2巻で現在止まっているのですが、その理由等をお話。
するとしばらく考えた加茂大使、いきなり高等教育・科学技術大臣のナヒヤーン殿下の所に行ってみないか。と切り出されました!
大使のアレンジで、明日連絡を取ってみます、といきなりの展開に、一瞬何が起きているか解らなくて頭が付いて行かなく硬直w。
ここは、ただの漫画家、という引っ込み思案な考えは捨てて、流れに身を任せてみようと考えました。
それにしても、なんということ。すごいすごい。興奮w。

興奮も冷めやらぬ中
大使公邸を後にして、いよいよ会場の下見にADNEXまで向かいます。


明日から始まるイベントの設営が行われているので、みなで視察です。
ビッグサイトより大きいかどうか…しかし天井が大変高く、至る所で曲線があしらわれていて開放感があるホールです。見ていて疲れないというか…自分に限った事かもしれませんが直線だけで構成されているものってずっと見てると疲れるのかも知れない。


中に入るとオープン前のせいか冷房があまり効いていなかったです。微妙に暑かったですがなんとか。
設営中なのでホールの中はホコリがひどく、咳が少し出て来そうで怖かったけれどマスクで対応!
ここで初めてブースを確認しました。


もうイラストは壁面に貼られていて、想像していた以上の仕上がりでした!

イラストのテーマは「鷹狩り」で 日本とUAEを漫画でコラボ!
左が日本のファルコナーガール。手に据えているのはオオタカ。
右はUAEのファルコナー。飛んでいるのはシロハヤブサ。
真中の「放鷹」は鷹狩りを意味します。
筆文字はここもGEKIさんによるものです。

うわ〜〜っ感激!
この感激、体育祭以来だよw!

横5.5メートル、縦3メートルの巨大パネルです。



この絵は本当に苦労をしたというか。
でも最初からこういうイメージは見えていましたが、
グッズ制作と同時の進行でいろんな意味でスケジュールがキツい中、描き上げたものでしたから、この瞬間
「報われた〜〜〜!!」
と心から思いました。

パネルになる事が最初から解っていましたから、細部まで手が抜けなくて構図もいろいろ迷ったり。
あと女性の肌の露出に気を使ったり。
(そのあたりはGoldRingで慣れていましたから大丈夫です^^)

会場では施工会社の高橋さんと対面、お疲れ様です!
東京でお会いしてから2度目の対面がUAE。
納期をギリギリまで待ってもらったり色々お世話をおかけしました。



ブースを裏から見たところです。



赤い机が置いてある所が正面入口です。



乗馬狩猟展示会でなかなか漫画が目立っています。


みんな忙しく設営準備中です。


絵を貼り付け中!


3人がかり。縦3メートルあります。



これでぴったり合わせるんですから職人さんすごいなあ。


明日からがんばるぞ〜!わきわきして来ました!

ホテルに一旦戻って身支度して、再び出勤。
このあとはホテルの隣にあるアルワハダモールでプロモーションイベントです。
ドバイモールと同じ様な巨大なショッピングモール。

こ〜んなところに


立派なブースが作られていました!

着くと、まずはマスコミのインタビューを3社受けました。


撮影から入って





通訳はJODCOの吉田さんのお母様(右から3人目)ここで英語の先生をやっていらっしゃるそうです。
国際家族ですね!すごいなあ。


「漫画」についての質問がとても多かったです。
漫画の歴史みたいなものから、表現に関する事…
若輩者が答えるには荷が重い質問の数々。
でも、今は日本の漫画家の代表なのだから、と精一杯お答えしました。
現在こうして漫画やアニメがが世界中に広がっているんですが、その歴史の一番初めに手塚治虫先生がいた事、そしてそこからいろんな作家に影響を与えて行った事、その後の漫画アニメの歴史を踏まえて現在の流れ等、リアルタイム世代としての解りうる精一杯の事を伝えさせて頂きました。
まだインタビュアーが漫画に不慣れで、なかなかタイトル名等が伝わらなくて苦心したりね。日本人では当たり前のように伝わる、例えばジブリやら、エヴァンゲリオンやら、その名前を伝えるだけでも四苦八苦した所も。笑
途中で横から見ていたアニメや漫画の事を知っている別のインタビュアーがイライラして、加勢してくれたりね^^;。

後で吉田さんのお母様から「とてもいいお答えをしてらっしゃった」と言われまして、それならよかったとちょっと胸を撫で下ろし。
たしか「言葉を越える」みたいな事を言った気もします。
「漫画がUAEの若者に影響を与えて行くと思いますか?」なんて質問も。
とにかく日本のMANGAに大変関心が高いのが伝わって来ました。
日常的に存在感があるんですね。



前の席に座っているのがアブダビアニメクラブのみなさん。
今回のイベントのプロモーションに色々ご協力を頂きました!
ここにも日本のアニメと漫画のファンの人たちがいます。
それもかなりホットな*

吉田さん(お母様)がマイクを持って司会、イベントが始まりました。
まずはドイツでもやったQ&A。



アブダビアニメクラブの人たちから次々手が挙がりました。
日本人はこういう時なかなか手を上げて質問するのは苦手ですが、海外ではお客さん参加型のイベントが喜ばれます。


聞いてる事の意味が解らなくて聞き返してると仲間うちで
こうじゃないの?いやああだと話し合いが始まったり。

私達からも質問、漫画を描いてる人は?漫画家になりたい人はいるのかな?


本人じゃないけど、妹がすごく漫画家になりたがっている、というお姉さんがいました。
マイリトルポニーの質問があってびっくりしました。私達がマンガを連載している事、よく知ってますねえ!そして本気で世界的人気のMLP!


そして定例のサイン会。ここでも黄色い箱の抽選でオレンジボウルが出たらグッズがもらえます。(オレンジボウルっていうと個人的に「fifteen love」のヒロ君を思い出すw)
白が出たらはずれ。オレンジ出ろ出ろ!
ここでも大塚さんと榊原さんが手伝ってくれました。
わざわざ着替えて〜〜ほんとに有り難うです。



はずれてしまった子にはエクスチェンジカードを渡します。
これを持ってADIHEXに来てくれたら何かひとつグッズと交換出来るカード。
そうなんです、昨日と今日はあくまでADIHEXのためのプロモーションなので、みんなでイベントに来てね〜〜!

気がついたらこの日も加茂大使と奥様と日本大使館の方が見に来て下さっていました!
感激です。


色紙に絵を描くのはほんとは得意じゃないのです。(描きにくいし失敗出来ないからとても緊張します)こういう時には「早く」描く事を要されるのでよけいに緊張するのですが、もうそんなことも言っていられない状況!


とにかく早く描くんだ!しかしこういう時にも手抜き無しに描く本田。



気がついたらファンの人たちだけでなく、モールのお客さんも沢山集まって来て多くの人だかりが出来ていました。書店のサイン会はだいたい予想がつきますが、このモールのイベントはどうなるのか全く予想がつかなかったので、あんまり人が集まらなくて淋しくなったらどうしよう、と思っていたのですが、そんな心配は全く無用でたいへんにぎやかしいイベントとなりました。ありがとうございます。よかったよかった。



しかし行列が終わらない。
うちわにサインをカキカキする。


妹が漫画家になりたいというお姉さん。妹さんは来ていなかったみたいですが、彼女もマンガが相当好きみたいです^^


わたしたちの後ろが大使の奥様です。


おひらきになった後も名残惜しくアニメクラグのメンバーと立ち話していました。
この国は人口の8割が外国人で、いろんな国籍の人が暮らしています。
イタリア人で「博士」と呼ばれているオタクマスターさんがいたりw
REKIのイタリア語版を見せて、漫画に関する周辺の話を…言葉以外は日本で話すのと全く変わらない内容の話を…ww

ラストにかけての盛況ぶりにこのモールの支配人も皆さんも大変喜んで頂きまして、本当によかったなぁ。




INPEX/JODCOのみなさんとパチリ!
お疲れ様でした!!



アブダビアニメクラブのみんなとパチリ!


その後モールの中で夕食を頂いてしまいました。

レストランに行く途中にトイレに入ったのですが、用を足して出たらそのトイレで働く清掃員の女の人が「ハ〜〜イ」と声をかけてくれました。
そしてカメラで一緒に写真を撮って欲しいと声をかけられたのですが、
せっかくの写真だからトイレの中ではなく、外に出て撮りましょう、と言うと「NO!」と困った顔に。何事かしらと一瞬思ったのですが、その後理由がわかりました。

UAEはトイレの清掃員がいつも中で待機していて、掃除をしています。
(アラブ圏では手と一緒に足を洗う習慣があるので個室の中が水浸しになる事が多いのです)その勤務中は外に出てはいけないらしく、もし外で写真を撮っている所を見つかったら怒られる、と言う事だったんですね。なるほど。
理由が解って、トイレの中でパシャリ。彼女の笑顔が印象的でした。
今日このモールで漫画家がやって来る事を知っていたけど見に行く事が出来ないので、私達がトイレに来たのがラッキーだったんでしょうね^^。
こっちが嬉しくなりますね。




で、レストランへ。
手前と向こうに座ってる人は人形ですw
内装がアメリカンな超素敵なお店でした!(う〜〜ん、UAEでアメリカかぁ)
目の前での鉄板演舞を見ながらwステーキを頂きました。



ふとエスカレーターから下を見るとさっきまでの会場が…
あんなにいた人もすっかりいなくなって


さよなら〜〜〜〜

ホテルはモールのすぐ隣にあるので歩いてすぐ帰れます。
今日もがんばった。
明日からいよいよ本番のイベントだ!
cetegory : 海外イベント ✤ - ✤ - ✤ -
2013年09月04日(水) 09:00 by Akira Himekawa [ Edit ]