<< けもケット5周年 ✤ main ✤ コミティア展示参加 >>

とちテレアニメフェスタ2016

栃木県宇都宮市「とちテレ☆アニメフェスタ」

 

 

昨年に続き今年もお誘いを頂き、ちば先生と田中先生の「デジタルマンガステージ」にゲスト参加してまいりました。

今年の4月にちば先生、田中先生が文星大学に様々なマンガの可能性をさぐる「マンガ研究所」を立ち上げられて、昨年から拙作の「REKI(2014年版)」をモーションコミック実験の素材として提供をさせて頂いてます。そのマンガ研究所をご紹介する形のステージです。

 


昨年は冒頭の一部を上映して緑川光さんとまろにえーるさん達にボイスを当てて頂きましたが、去年1話ぶんのモーションが完成しましたっということで、ディ レクターの佐藤さんが再編集した3分半の尺で上映し、その場で緑川さんと、なんと古川登志夫さんお二人が二人のキャラを生アフレコという、夢のような超贅 沢!照れてれですが嬉しかったです有り難うございます…!
REKIが緑川さん、猫のミィを古川さんが当てられて、その命の宿る瞬間が本当に素晴らしかったです。

 

 

その後昨年11月の海外マンガフェスタで初披露した「ゼルダの伝説・スカイウォードソード」のモーションを上映。

 


そして舞台に那須市長さんとブラーゼンの皆さんがステージに上がられて、那須ブラーゼンの公式キャラクター〈風狐〉-FUKO-がお披露目。

 

 

 

 

モーションで 動く〈風狐〉にまろにえーるのみなさんが声をアテレコ、本当にぴったりでこれもまさにキャラクターに命が宿った瞬間に立ち会った感じでした。那須は九尾の 狐にゆかりのある土地で動物絵描きとしてはこれもブラーゼンの応援に一役かってくれたら大変嬉しく思います。いろいろ夢が膨らみますねw

そしてステージはまだ終わらず、最後にちば先生と一緒にライブで色紙を描き合いプレゼント。本田は畏れ多くて手がふるっておりました;ちば先生は最初の色 紙にくまモンを描かれて熊本地震被災地への応援を呼びかけれらました。ちば先生のやさしさとユーモアに会場もステージもあったかくなり…(*´ー`*)

あらためて色紙を描いて3枚を会場のお客さんとジャンケン。お三方が決まってお開きとなりました。
これ一日使ってじゃなく、1時間半予定のステージで、少しオーバーしましたけど、ほんとに今年は盛り盛りだくさんでした。

昨年はあまり創作が出来ない状態が続いたにも関わらず、本当にマンガの枠を越えた縁をいろいろ頂きまして有り難うございます。

 

 

cetegory : 国内イベント ✤ - ✤ - ✤ -
2016年05月04日(水) 00:29 by Akira Himekawa [ Edit ]