<< 「トワイライトプリンセス」連載一周年 ✤ main ✤ もうすぐ二人で30年 >>

谷口ジロー先生の訃報にふれて

谷口ジロー先生が逝かれてしまった…

哀しい。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

30年くらい前に動物漫画についてのインタビューにお伺いした事がありました。


「ブランカ」「大いなる野生」の時期。

 

 

中田雅喜先生について行ってご自宅にお伺いしまして。

私はまだ全然ヒヨッコでしたがとても気さくにインタビューに答えてくださって、素敵な優しい先生だなぁと感動したのです。

 

ブランカの単行本を引っ張り出したら、その時頂いたサインがありました。

宝物です。

 

 

2010年から「シートン」を何作か描かせて頂きましたが

執筆する時はいつも谷口先生の絵が頭の中にありました。

とても越えようとして越えられる絵じゃないから、

自分らならではのロボ、シートン世界、自然をどう描くか

常に壁を意識しながら壁をよじ登ろうと取り組んでたと思います。

 

私達が若い読者の時は、

あまりにも上手すぎる凄い先生方が多かったせいか、

今だに自分は「描ける」と堂々と口に出すのを躊躇してしまいます(^_^;)

 

先生が海外で活躍されていたというのも、心の片隅で勇気を頂いていました。


もう一度お話ししてみたかった…。心残りです。
〔長野〕

cetegory : - ✤ - ✤ - ✤ -
2017年02月12日(日) 09:26 by Akira Himekawa [ Edit ]