<< NY Comic-Con part3 ✤ main ✤ NY Comic-Con part5 >>

NY Comic-Con part4

NY4日目の10月6日。

 

ホテルの部屋からエンパイアステートビルが臨めます。

今日もいい天気だ。

コミコンも2日目で盛り上がって来ます。


この日は午前中はパネルの詳細な打ち合わせとプレスインタビューが3社。
午後はゼルダパネルとサイン会。

 

 

三社受けたインタビューの1つが、2013年のトロントTCAFの時にもインタビューされたブリジッドさんでビックリでした。彼女のインタビューはいつも私達のオリジナルの創作部分を引き出してくれるので話すのが楽しいです。

 

ありがとうございました、またお会いしましょう!


三つのインタビューが終了して控え室で休憩していたら、これまたTCAFのスタッフだったミサキさんにばったり会えて驚き。今は別の所で働いていてイベントにあちこち出没してるそうな。またどこかで会おう。

 

 

 

いよいよZELDAパネル。

満席でよかった〜( ^∀^)

 

「トワイライトプリンセス」素敵なトレイラー作って頂きました***

 

 

 

パネルとは何かというと、ホールに観客が入って登壇者が質問に答えたりライブドローイングをしたり、観客がアーチストに会う「Meet」イベントのひとつです。Viz mediaから出版されている「ゼルダの伝説」単行本シリーズのPRも含めてゼルダマンガを味わい尽くそう、みたいな1時間です。1時間なんて本当にあっという間なので、質問の答えも簡潔にしないといけないし、ライブドローイングも急いで描かないと「あと15分です!」とか言われると焦る!(笑)

 

 

 


なので色紙には下絵を入れておき、質問は事前に準備されていて午前中のリハで細かいところまで確認してたのに、間にインタビューが3本も入ったので、いざパネルになったら答えを忘れてしまい「え?なんだっけ?」みたいなこともw。でもなんとかなりました。こういう時二人いて良かったなーと思います。

 

 

ライブドローイングで出来上がった色紙は、クイズで正解した人お二人にプレゼントされました。

 

 

 

インタビューとパネルの通訳してくださったお二方。有難うございました!

中央左のアリサさんは日本語学校の先生。

中央右の純子さんはロスで女優さんもやっておられるとか。

 

 

その後2回目のサイン会

 

みなさん盛り上がってますか〜

 

お待たせしました*

 

 

 

 

Vizスタッフさんが「質問やメッセージはありますか?」とお客さん一人一人に聞いてくださります。中には「とても緊張してて思いつきません」という方が何人もいたり、でも皆さんとても嬉しそうで嬉しい***

 

いろんな方がいます。

中にはがっしりした体格を見て軍人さんかな…?と思ったら、自己紹介してくれてやはりそうでした。他にもいらっしゃいましたが、体格ですぐ分かるんです。遠征に出るときはゲーム機のマイコントローラーを必ず持参するそうな(`・∀・´)

 

 

 

 

 

例のステンドグラスの生地で出来たワンピースですねw

(この生地はまた後の記事でも登場しますww)

 

 

 

 

 

 

ディナーはピザ

 

 

 

この日、とどめのTCAF、C・ブッチャーさんと会えました。Vizのお仕事されていると聞きびっくり。

 

ブッチャーさん(左)、次は11月の海外マンガフェスタで会いましょう。
この日はなぜかかつてTCAFでお会いした方が三つも重なりましたが、全部偶然です*
トロントとNYって近いんですね。

 

マイクさんは私達の漫画を凄く理解していてくれて、戦う主人公の狙いや美意識、哲学を瞬時に理解共有できてこの夜は久々に本気に自分の目指す部分をぶつけて話し合えました。

 

コミコン会場のミッションは今日までですが、NY行はまだ続きます。

 

 

cetegory : 海外イベント ✤ - ✤ - ✤ -
2017年10月13日(金) 18:52 by Akira Himekawa [ Edit ]