<< お祝い絵に伴った各社新聞記事 ✤ main ✤ 2019イギリスMCM London Comic Con 5/24~26 その2 >>

2019イギリスMCM London Comic Con 5/24~26 その1

 

今年2019年令和初の海外イベントは、ロンドンMCMコミコンのゲストから始まりました。

 

イギリスは1995年に海外旅行で訪れて以来。でも滞在は1日で、駆け足で名所を回ってすぐスペインに飛んでしまったので

食べ物はあまり美味しくないし、天気もイマイチでロンドンは暗い…、という印象でその後もあまり積極的に行こうとは思わなかった国なんです。(イギリスの皆さんごめんなさ〜い;;今回それが覆りました!)

 

今回もアメリカをはじめ英語版の出版社のVizさんのアテンド。

二年前のNYコミコンと同じみなさんで気心も知れているので安心でした。

しかしイギリスはアメリカに比べるとまだまだゼルダの販売もそれほど強い訳ではなく、Vizさんもイギリスでのイベント参加は初めてという事で、果たしてどうなるか未知数でした。

 

そして、イギリスのコミコンで最初の日本人の漫画家ゲストともお聞きして、

又この言葉を頂戴してしまった訳ですがw(よくあるんです、なぜだか)いやもう「開拓者」としての運命を全うしますwと慣れたもんです。

 

さて、今までの経験上、海外イベントの終了後に観光を入れると疲れ果ててしんどい事が多いので、今回はイベント前に観光を入れて頂きました。

 

なんと「ストーンヘンジ」です。

もちろんリクエストをした訳なんですが、1993年から描いた「ルウ・ガル」はまさしくそんなスピリチュアルな遺跡を舞台にすっかりトリップして描いていたものですから、真っ先に行きたい所として浮かんだのがこの[STONE HENGE]。

よくお話で広い何もないところにポツンとあるよ、と聞いていました。

こんな機会でもなければなかなか行けないんじゃとワクワク楽しみにしていました。

 

では今回もどんな旅がまっているでしょう!はりきって行きましょう〜。

 

****************

 

名古屋セントレアから羽田へ。

中部国際空港セントレアは、自宅最寄りの駅から電車で最速で10分。ここが出来てから海外へ出るのがとても楽になりました。

朝一で飛んで羽田でゼルダの担当の青木君と待ち合わせします。

青木君は最近ゼルダの担当になり初めての海外出張。今の漫画やゲームはほとんど網羅しているオタク青年ですw。

 

 

今回はANA。約11時間のフライト。

ヨーロッパは長いフライトですがゲスト出張参加のときは大抵ビジネスクラスを取っていただけるので、何と言っても体を横たえる事が出来るのは本当に助かります。

 

そして機内食。ビジネスクラスの機内食は前菜が2回、メイン、デザートのコースで出て来ます。

2010年にドイツに行った時はビジネスなんてもう一生乗れないだろうと思ったけど…イベントゲストの度に乗せていただいております…

この10年ほどの間にビジネスシートはかなりの進化を遂げ…

 

 

和食のコース。

機内食では大抵和食しか頼まんです。

 

 

 

機内audio番組が2016年に再結成したTHE YELLOW MONKEY。

ANAの飛行機乗らないと聴けませんから、ラッキイ♬

 

フライト中はいつも映画を見ますが、観に行けなかった「アクアマン」そして「運び屋」

「運び屋」はもう本当に感動してしまった〜〜!!クリント・イーストウッドの主演監督作品ですが、彼だからこそ、彼の今まで生きて来た人生がもうにじみ出ていて、これが映画だという事を忘れてしまうくらいでした。切ない、悲しい、でも最後行き着いた場に少し安らいだり。

涙が止まらない映画でした。

 

ロンドン・ヒースロー空港に到着。小学館国際ライツの鈴木さん(NYと去年のスペインとは違う鈴木さんw)と合流し、VIZのひろみさんズと再会。ロンドンと東京は8時間の時差で、毎度この時差には苦しめられる海外なんですけど、一番眠い時期にがんばらないといけない事が多くて、この飛行機で休めないと相当きつい訳ですw。

 

タクシーで市内へ。

意外にもお天気良く明るいロンドン。

 

 

 

まず着いたホテル。

これが本当に、ザ・イギリス!という感じでもう絵に描いたような素晴らしいホテルでした。

このロンドンにくる前に上げて来たゼルダの原稿に描いた調度と似ていてリアルに感じたのですよ。

 

 

荷物をいれて部屋に入ると…これははっきり言ってスイートルームじゃないですかい??というくらいの格調高い調度。

自身の生活の中には絶対無いものばかりで素晴らしいんですが落ち着かないというかなんというかwww

 

その後夕食に出るのですが、その時間は日本では夜中の3〜4時。もう体は完全にお休みモードになってて、これがしんどいというかもう寝たいというか。ロンドンキャブは可愛いのだけれど、ロンドンの道は悪く円形に細かくカーブの連続、そして渋滞の中をぐいんぐいんバスの隙間をぬって走ります。はぁ〜〜〜〜っ、き、きつい。

 

 

そしてお店に着きました。

 

 

イギリスで一番美味しいといわれるフィッシュ&チップスのお店!

 

 

素敵な店内。

 

24年前の記憶もあり、イギリス食事に正直期待してませんでしたw。が、が、が!

 

 

めちゃうま〜〜〜い!!!魚も肉厚で脂っこくない。

ここは特別美味しいらしかったのですが、美味しいもの食べると元気になりますね!

 

その後ホテルに戻り即就寝。明日は早朝から出発なので。

何があるかというと、

 

ストーンヘンジツアーです!!

〈続く〉

 

cetegory : 海外イベント ✤ - ✤ - ✤ -
2019年05月30日(木) 15:15 by Akira Himekawa [ Edit ]