昨日のNYCCのLucasfilm pablishing及びVIZmediaパネルにて発表されました。
2020年初頭に出版される「ルーク・スカイウォーカーの伝説」アンソロジーコミックスに短編を描く事になりました。

今年年末にSWの新作公開に合わせての様々な企画が用意されており、これもそのひとつ。SWをアメリカンコミックではなく、日本の漫画(MANGA)で描く、というご依頼です。

日本の漫画家さん5人の中に入れさせて貰っています。表紙担当ですが恐れ多いです。

でもアイデアはふっと湧いて来たので苦労はあまりしていない表紙です。

本来ルークは可愛いまだやんちゃ盛りのイメージなんですが、ジェダイシンボルとしてのフードをかぶせ、あえて時を超えたイメージで容姿は若者、精神はジェダイ、という少しミステリアスなイメージにしてみました。

しかしながら今年のスター・ウォーズ関連発表の中に自分の名前を入るとは思いもよりませんでした。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人

  ↑

まさか自分の絵にルーカスフィルムのクレジットが入る日が来ようとわ!!

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、群衆、室内

 

ギリギリでルーカスフィルムのパネルで発表する、といきなりお聞きした時はもう驚きで。

前に2017年にNYコミコンにゲストさせてもらった経験から、このイベントとは日にち的にNYコミコンのルーカスフィルムのパネルじゃなかろうか?と推測。コミコンのタイムシフトをチェック、アメリカ時間を逆算して多分これだろうと真夜中まで起きてアメリカのNYコミコンツイッター記事を待っていました。予想は的中。チラッと映っていた自分の描いた表紙絵を見つけて歓喜に沸いたわけです。

 

今年は海外イベントはいけないのですが同日にドイツでプロジェクト9b、アメリカNYコミコンでSW発表と、まさしく獣とヒロイズムと自身のテーマまんまに。あと映画ファンとしては嬉しい事ですが、実はプレッシャーで死にそうです😱

スターウォーズは深く濃いファンが根付いてますからフルボッコにされそうw😭
でもNYコミコンは2年ゲストで参加させて頂きましたが、大変居心地良いコミコンです。

でも自分が意図してない所でどんどん流されて行く今年コワイ。
メーキングや自身のいろんな想いはあと少し後に又。

写真はネットから拝借させて頂きました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:2人、群衆、室内