画像に含まれている可能性があるもの:室内

11月23日24日に開催された北九州海外マンガフェスタが開催されました。
1日目は仕事が終わらず欠席しまして夜に長野だけ小倉入り。2日目にブース参加。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、画面

北九州は去年もありましたがスペインの直後だったので見送って。今年も参加のお誘いを受けて行ってきました。

北九州コミティアと隣の会場でしたがホールの中に沢山のブースがあり小ぶりですがいつもと同じ海外マンガフェスタした。毎年次の年は無いって言われるんだけどなんか馴染むんですよね。コミコンみたいにド派手マーベルヒーローやハリウッドじゃなくあくまで世界の漫画。アバウト感が居心地が良い。うちはゼルダ海外版が馴染みがあるので海外のアーチストさんと並んで参加してます。

九州は初めてだったせいか、子供の時からの読者さんが楽しみに会いに来てくれたんですが、久々3人泣かれました😅
沢山お話ができて、読者さんと交流出来て良かったです。
あとピンチヒッターで少しステージに上がってトークしたりしました。招待された作家さんみんな素晴らしい作品を作っておられます。

ゼルダは二次物は販売は出来ないのですが、オリジナルポスターが海外の方に好評で、充分通用出来そうな手応えがあるのでいろいろ来年は頑張りたいな。

 

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)
今回のアーチストアレイはスペース数は少ないですがアジア、北米、ヨーロッパと世界各地の描き手がいて、お隣のハンガリーの方と絵を交換し、コミュニケーションを手伝ってくれる日本在の外国人スタッフさんがいたり、皆さん日本に来て下さってありがとう。この雰囲気がいつも好きです。

会場はマンガジャパンの先生方のブースもあり アジアマンガサミットやコミティア、ポプカルイベントが同時開催されていて華やかでした。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人

 

写真の説明はありません。

マンガサミットはとても関心があって見に行きたかったのですが、一人だったので行く事が出来ずで残念でした。
その後、マンガジャパンブースに遊びに行きゴロ先生やココアさんや阿部さん、本庄先生とお会いしてご挨拶できて良かったです。「何処にいるの?(参加してるの?)」と聞かれ、えっ海外マンガフェスタのアーチストアレイですよって答えた時、なんだか妙な感覚になったんですよ。
なんでここ(日本)に居ないのだろう?と。

そして、あらためて自分の立ち位置を確認した気もします。

スーツケースひとつで世界を渡る絵描きアーチストには流石になれませんが、生きているうちに今頭にあるものを形にしていきたいと強く思っています。

自分は自分の水であれ。ですね。