毎日ニュースを見るたびに、自身の時間とともに周りをとりまく空気が変わりつつあり、いよいよ今までの時代がガラリと変わって来た気がします。
私達漫画家は基本閉じこもりのワークだから、自身の勉強ややりたかった事には事欠かない生活ですが、それでも流石にこの生活を始めて2ヶ月ちょっと経つと東京や那須、宇都宮等、昨年は多く足を運んでいましたからちょっと寂しくなって来ましたが、そろそろこちらもテレワーク用のセットをして皆さんと会わないと寂しくなって来ました。

 

愛知も日に日に感染者が増えて来ましたが、まだ東京に比べると余裕があるというか、元々自然がある場所として仕事場をこちらに構えているので
毎日住処から仕事場に通って仕事が変わりなく出来るのは恵まれているな、というか有難い事だなという感じです。

 

あと、自分でルーティンを作りました。
コロナ期間の目的を作り決め事をしました。

先ずは二人とも仕事ではない自分のお絵かきをすること。
長野はなかなか苦手だったデジタル絵でプロクリエイトを克服する事。元々得意で好きなげっ歯類で近所の自然写真と合体した作品を作ってます。
本田は、御百度参りとして狼の祈念絵を描き続ける事。
この百枚揃ったとき、はたして世の中はどのようになっているのでしょう。。

観ていない映画も山のようにあるのでまぁ、ヒマになる事はないでしょう。

あと実は今しっかり休める事が出来、絵や作品に関してはパワーチャージが又出来つつあり、ゼルダのラストに向けて頑張れそうです。


万人それぞれの立場の想いの噴出、自身も憤りや怒りが湧く事は多々ありますが、先ずは冷静に腹に納め、そのエネルギーは作品へ転化、何があっても必ず安定した原稿を書き続けていけるよう努力する漫画家は、まぁ因果な商売でありますね。w
基本我慢には慣れています。