<< 社会派 ✤ main ✤ そういえば >>

制作欲

今日の話題
「私達って欲があるの、ないの?」ってお話になりました。
よく前から「もっと狙ってもいいのでは」なんて言われる事があって、
漫画に欲ならあるけれど?・・・と思い・・・
それは何かと考えたら「制作欲」と言う事なんじゃないかと・
一般に、よく言われる欲とは、漫画家の場合一発ヒットとか何百万部売れたとか、グッズ展開とかの事なんだと思い、なんかそんな欲は、いつの間にか考えてない事に気がついて・・・。
それを売れたというのなら、自分達売れないって事になるんだけれど、
(ゼルダは別カテゴリー)
そりゃ売れたほうがいいにきまっているけれど、それはそうでないと連載存続が出来ないのであるからであって、(ローンは一発返せるけど)周りをその価値観で優劣は見た事ないんです。
とりわけ生活が苦しい訳でもないし、お仕事も恵まれているし、原稿料も満足しているし・・・


「描きたいものがあるうちは、漫画家を続けられます」とか
「児童漫画を描ける作家は息が長いです」とか
「いろんな作風を描き分けられるのは強いです」とか
いろいろお聞きして、
これが私達スタイルなんだと思うところです。
自己表現に一番合う職業が漫画家なのであった訳で、漫画家になりたいから漫画家目指したんじゃないんだって、気がついた。
漫画家は結果論であって、目的ではなかったという事でしょうか。
自分(本田)ははじめOLとかトリマーとかやってて、会社勤めや接客業&技術業とかやってて、たしかにいろんな社会的な事を勉強出来て良かったんですが、しっくり来ず、描く事がやっぱり諦められず漫画家になったんですね。だからこのまま辞める事はないと思います。体力がある限り。


自分達の欲は現在は「今ある作品のビジョンを形に出来るところ」を探すのであって、そんな意味では、描く場所には飢えている。
だからそれが週刊誌か月刊誌かウエブかコミケかといういうのにこだわりがないんですよね。
まずやりたいイメージがあって、それを発表出来る場所選びをしているんであって、カテゴリーや画一的なスタイルから漫画を描いているのではないんだと思った次第。
もちろん壁は作っておらず、今の漫画も読みます。(でも最近はあまり読んでないか)
でも時代勘が妙にあるので生き残っていけるんでしょうか。

ですから作品に対しての欲はかなり強いと思うけれど・・・
ひょっとしてその先の欲が足らないのかもしれないですね。

ようするに、もっともっと夢の話、億万長者になりたいとか、有名になりたいとか、偉くなりたいとか、ビッグビジネス狙うとか・・・笑
自分がのし上がるためには、がつがつ手段を選ばないとか。

昨日それ言っていて二人で「そうか!!!」と笑っていた訳ですけれど。
笑ってる場合じゃないですね。
「夢」のハードルが・・・つまり「幸せを感じる」ハードルが低いんだ。
力量以上の作品欲はあるけれど、世間的な欲にうとい訳なんです。地に足が着きまくっている。

先に言った「漫画家」を目的にした手段もこれからは必要なのかもしれません。もう少し狙ってがつがつ生きてみようか。疲れるなぁ。

でももう一段上を見ていこうと思っています。


cetegory : - ✤ - ✤ - ✤ -
2008年06月08日(日) 13:22 by Akira Himekawa [ Edit ]