<< そういえば ✤ main ✤ ピートバーンズ >>

オ ト ナ 力


少し前から仕事場のベランダに、餌付けなんか全くしていないのに一羽の鳩が羽休みにくるようになりました。


REKIの着色中。こっちを意識してる。


椅子の上に乗ってこっちに近づいてきた。


彼女を連れてきた。はじめての事。
いや単なる仲間か・・・


話はこれとは関係ないですが・・・


常に若い人が流行の先端を行くTVの世界に今年は異変が起きてます。
それは40代。エド・はるみさんに始まって「オトナ」を中心に盛り上げてくれる番組が多くなりましたね。
なんだか、いじりながらもみんなが優しくしてる。あったかく迎えてもらっていていいなあハートと思います。
もちろんただ年を重ねてるだけではなく、色んな意味で体をはって頑張って来た人だから、優しくしてあげたくなるんだと思います。同時に若い自分にはまだ無いものを受け取りたい気持ちだったり、「与えてくれる」何かがあるからなんでしょうね。
この流れで大人って何かと言うと、他者に何かしら与えられるモノを発している人のことなんでしょうか。女の場合はそれは母性でしょうね。女性ならではの慈愛。
豊満さと少女を合わせ持つような。
ヒラリーもそれを打ち出した方が勝てたんじゃないでしょうか。オバマ議員と真っ向対決するんじゃなくて「おこちゃまねえハート」で攻めたらいちころに・・・(冗談です!)

余談ですが私達も今年に入ってから仕事面で優しくしていただける事が増えたような気が・・。時々書いていますが、表現したいものがやり易くなって来ました。これも自然な時代の風潮でしょうか。

レキの恋人のシルヴィはそんな包み込むような慈しみ光線を発する女性に描きたいと思うんです。ただきれいなのではなくて内から滲み出るような柔らかい優しい色気。豊かな人間味が描けたらいいですね。若い時からそういう女性キャラが描きたいと思っていたのですが、やはりそれには人生経験が 「酸いも甘いも」が必要なんですよ!
30代ではきっとまだ足りない、熟して来てこそ描けるものがありますね。
そう思うと年を重ねるのも悪くないというか、これからこれからという感じ。大人に憧れを持つようなキャラクターが描けたらいいなぁと・・・。
もっと自分にしか描けない、自分ならではのツールで表現する女性を描いていきたいと思います。
目指せ漫画界のエド・はるみ(!?)(nazano)
cetegory : - ✤ - ✤ - ✤ -
2008年06月10日(火) 23:15 by Akira Himekawa [ Edit ]