獣医さん

カムを連れていつもの先生のところへ。

病気じゃないですよー

予防のお薬です。今は薬も簡単になりましたね!ドッグフードのようなもの(とても美味しいらしい)をパクッと食べさせるだけ。

 

以前差し上げた仕事した本が待合室本棚の一番上に置いてありました。(^-^)

 

学研でイラストを描いた「動物たちはセラピスト」です。

 

 

 

 

体重を測ったら「ちょうどよい」とのことで

飼い主的には ヤッタ* と思う瞬間w

 

カムはほんとに食いしん坊でちょっと油断してるとパクっとやられるので犬と飼い主も日々バトってます^^;;;

cetegory : 日記一般 ✤ - ✤ - ✤ -
2017年02月20日(月) 11:01 by Akira Himekawa [ Edit ]

UAEアブダビ アニメイベントで

先日コミケ申し込みをしながらあらためてコミケカタログを見返しましたら後ろの記事で、

昨年のアブダビで行われたアニメイベントレポート

藤本由香里さんが私達の事を描いてくれてた事を不覚にも今気がついてしまいました!

失礼しました。有難うございます。

 

 

 

この中東アニメイベント第一回目開催に実はゲストに呼ばれてましたが忙しい時期でお断りしたのです。開会式になんと2013年にアブダビ訪問の時にお会いしたナヒヤーン殿下がいらっしゃったんです!お会いしたかった〜残念!!

 

UAEの縁はもう10年以上、
「Gold Ring」というドバイ発の漫画を手がける事になりその制作に関わった時からです。

 


実際UAEに脚を運んだのは2013年でした。
この時の体験は今でも印象深いものになっています。

 

ADIHEX2013レポ記事

 

 

この漫画の存在が話題にされている所は時折見ますが、日本の漫画のメディアから、作者に直接話を聞きに来てもらったことはほとんどないのですよね…。

なので情報がまちがっていたり、とんでもない話に発展していたり。

直接聞いて下されればそんな事もないでしょうしw。
「知らない」事には奥手になってしまうのでしょうかね^_^;


とかく中東はうわさだけは妄想逞しいものに発展しやすいのでハラハラします(笑

 

あちらの資金面の事情で未完のこのドバイ漫画も、未来的にきちんと完成したコンテンツに仕上げて行くよう考えています。普通の漫画(?)ですがドバイにおいて唯一の漫画であれば残しておかなければと。待っていてくれる読者もおられますし…
空いた時間を使いゆるゆると(^∇^)

cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2017年02月17日(金) 11:14 by Akira Himekawa [ Edit ]

もうすぐ二人で30年

今年の3月の28日2人でペアを組んで丁度30年になります。
ちょっとしたきっかけで合作をしたのがこんなに長く続くとは!

 

人生は人それぞれで、まぁこんな生き方もあるでしょう。

七転八倒、様々な事がありました。

無我夢中で泳いでいるうちに後ろの時間を考えるお年頃にもなりました。

という事で後は一枚でも多く自作を書き残せれば。

 

体調は日々段々とあまり良くないですが、

抗いながらも常に刺激あふれるチャレンジャーである事がきっと自分らしいのでしょう。

 

今後ストイックな仕事人から自己表現の人になって豊かに愉快に暮らせていけたらよいなぁと思う30年の区切りです。

 

30年記念で「オンナ2人漫画道〜しぶとく生きるぜ!編(笑」マンガを描き始めますかw

cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2017年02月15日(水) 14:21 by Akira Himekawa [ Edit ]

谷口ジロー先生の訃報にふれて

谷口ジロー先生が逝かれてしまった…

哀しい。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

30年くらい前に動物漫画についてのインタビューにお伺いした事がありました。


「ブランカ」「大いなる野生」の時期。

 

 

中田雅喜先生について行ってご自宅にお伺いしまして。

私はまだ全然ヒヨッコでしたがとても気さくにインタビューに答えてくださって、素敵な優しい先生だなぁと感動したのです。

 

ブランカの単行本を引っ張り出したら、その時頂いたサインがありました。

宝物です。

 

 

2010年から「シートン」を何作か描かせて頂きましたが

執筆する時はいつも谷口先生の絵が頭の中にありました。

とても越えようとして越えられる絵じゃないから、

自分らならではのロボ、シートン世界、自然をどう描くか

常に壁を意識しながら壁をよじ登ろうと取り組んでたと思います。

 

私達が若い読者の時は、

あまりにも上手すぎる凄い先生方が多かったせいか、

今だに自分は「描ける」と堂々と口に出すのを躊躇してしまいます(^_^;)

 

先生が海外で活躍されていたというのも、心の片隅で勇気を頂いていました。


もう一度お話ししてみたかった…。心残りです。
〔長野〕

cetegory : - ✤ - ✤ - ✤ -
2017年02月12日(日) 09:26 by Akira Himekawa [ Edit ]

「トワイライトプリンセス」連載一周年

トワプリの連載開始から一年が経ちました!

 

 

 

いつも応援して下さる皆さんのお陰です。

ほんとに有難うございます。

 

トワプリは絵も話も今までのゼルダで最もハードで何かと大変ですが

これからも頑張りますので、これからも更なる応援(贅沢!?w)

どうぞよろしくお願いします!

 

↓連載開始予告SNS用カット。

このシルエット絵が懐かしい

 

 

こちら海外仕様

 

今は着々と色んな国で単行本の翻訳が進んでいます。

世界中の皆さんに特に愛されたタイトルなので、

いつもプレッシャーは背負っていますが、出来るだけ自分も楽しみつつw

漫画として読んで楽しんで頂けるように頑張っております。

 

 

 

cetegory : - ✤ - ✤ - ✤ -
2017年02月09日(木) 09:48 by Akira Himekawa [ Edit ]