トワイライトプリンセス10話公開

 

「ゼルダの伝説・トワイライトプリンセス」最新10話〈ミドナ〉がマンガワンで公開になりました!

 

ミドナが本格登場、狼になってしまったリンクと初対面。仲の悪さを楽しんで下さい…w

 

次回11話が更新になるとほどなく単行本1巻がいよいよ発売になります。

その前に、いよいよ新作ゼルダが発表になるE3が始まりますね!

 

気持ちが忙しい…^^;

cetegory : ゼルダの伝説 ✤ - ✤ - ✤ -
2016年06月12日(日) 01:06 by Akira Himekawa [ Edit ]

トワイライトプリンセス9話公開

「トワイライトプリンセス」最新9話〈邪悪なるものの処刑〉がマンガワンで公開になりました!

 

 

事の発端になった、ずっと昔に行われたある処刑。

それを見つめる純粋な瞳。

 

 

 

 

地下牢に閉じ込められたリンクと、ミドナの出会いの回です。

 

現在「トワプリ」単行本1巻のゲラチェック→修正と

完全版3巻の作業に追われながら、トワプリ本編の原稿執筆でかなりハードな日々です;

 

ところで、

「ふしぎの木の実」完全版試し読みの2話〈不思議の地・ホロドラム〉がマンガワンで公開中です。

 

 

 

 

読んだことない方はぜひっ(*^o^*) 

 

cetegory : ゼルダの伝説 ✤ - ✤ - ✤ -
2016年05月29日(日) 23:10 by Akira Himekawa [ Edit ]

「ふしぎの木の実」完全版発売

本日ゼルダの伝説「ふしぎの木の実」完全版第二弾が発売になりました!

 

 

巻頭カラーに加え、描き下ろしカラー表紙、単行本未収録ショートエディション初収録!盛り沢山の一冊です。

 

 

中表紙は描き下ろしのリンク&レバンです!

 

 

 

 

 

アナログモノクロ原稿の着色はトーンなどが貼ってあるので難しいですが、いい感じに仕上げてもらったカラーページです(*^o^*)

 

そして自分でも描いた事を忘れてますがw(^_^;)、小学2年生に描かれた原稿を巻末に初収録!

 

 

 

さあ、次は二ヶ月後にムジュラ完全版です。

その前にトワプリの単行本1巻が出ます!目が回ります(@_@)

cetegory : ゼルダの伝説 ✤ - ✤ - ✤ -
2016年05月27日(金) 23:01 by Akira Himekawa [ Edit ]

トワイライトプリンセス8話公開

「トワイライトプリンセス」8話〈黄昏(トワイライト)へ〉がマンガワンで公開になりました!

ついに黄昏の領域にリンクが足を踏み入れます。

 

 

トワプリの名シーン、獣化のシーンは表現を少し悩みました。これは身体が変化して行く「変身」とは少し違う気がしてまして。どちらかというと異次元へ「転送」されてしまうイメージなんですね。スキャンされていくイメージといいましょうか。。

だから服が裂けるとか破れるという事は無いのですw

 

 

 

トワプリは起こる事件のストーリーにおける動議付けが難しいタイトルですが、自身の中ではすでに線は繋がっているので多分この先も迷う事はないかと思いつつ気は抜けないですね。ミドナとの旅はきっとキャラクターの心の変化をもたらして行くんじゃないかと思います。

 

 

 

cetegory : ゼルダの伝説 ✤ - ✤ - ✤ -
2016年05月16日(月) 22:36 by Akira Himekawa [ Edit ]

トワイライトプリンセス7話公開

「トワイライトプリンセス」7話〈恐怖を食らう化物〉がマンガワンで公開されました!

 

 

トワプリのトラウマ回…これがひっかかってレーティングBになった皆さんご存知のあのシーンです。漸くここに辿り着いた。長い10年間でした。

 

 

 

今回のトワプリはコミカライズではなく、「漫画」を描いている、と、思って取り組んでます。

毎度新しいシリーズを始めるたびに緊張しますが今回は特にそれが強かったのですが、ようやく絵にも慣れて来て少しずつ安定飛行に入りつつありそうです。相変わらず時間はピンチですけれどね(;´Д`A

 

 

cetegory : ゼルダの伝説 ✤ - ✤ - ✤ -
2016年05月02日(月) 23:02 by Akira Himekawa [ Edit ]

トワイライトプリンセス6話公開

「ゼルダの伝説・トワイライトプリンセス」6話〈リンクの過去〉がマンガワンで公開されました!




トアル村に来る前にどこで何をしていたのかをモイに語るリンク。
ようやく不安から解放されて安心したリンクの笑顔が描けてほっとしてます。ここから彼にとって波瀾万丈な冒険が始まるのでこの笑顔はたぶん貴重になる予感。この先の展開はご存知のとおりなので…
さあ、7話はいよいよ話が大きく動き出します。
どうかお見逃しなくー!

次回の更新は5月2日です。よろしくお願いします(^_^)v
cetegory : ゼルダの伝説 ✤ - ✤ - ✤ -
2016年04月17日(日) 18:25 by Akira Himekawa [ Edit ]

トワイライトプリンセス 単行本1巻の発売日決定

漫画「ゼルダの伝説〜トワイライトプリンセス」単行本第1巻の発売日が6月24日に正式決定しました!

 



同日に開催のワールドホビーフェアでも販売される予定です。
発売間近になりましたらあらためて又告知させて頂きます。

トワプリはきっと今で良かったと思います。
10年前だったら全一冊で描く事になったろうし、そしたら沢山カットしなければならなかったでしょうね。
というか、わずかなエピソードしか描けなかったでしょうね…。止まった10年という時間がようやく動き出したんだという実感が湧きます。

一時はトワプリはそのまま漫画化せずに時間を流してもいいと思っていたのですが、ずっと引っかかっていてどこかで放っておけなかったですね。世に出るはずのものをきちんと存在せしめる為の旅。何度も玉砕して諦めるんだけど懲りずに振り返ってしまうという10年でした。そして螺旋階段。ピースが自然にハマった時しか実現はありえないんです、何事も。
ここにたどり着くのに本当に多くの方に相談に乗ってもらったり協力して頂きました。無事に単行本を出して頂けるのが本当に有難いです。。良かったなぁ。ずっと言われて続けて来た「トワプリ描かないんですか?描いてください!」にも答えられましたしね(^-^)

cetegory : ゼルダの伝説 ✤ - ✤ - ✤ -
2016年04月07日(木) 18:22 by Akira Himekawa [ Edit ]

トワイライトプリンセス5話公開

「ゼルダの伝説・トワイライトプリンセス」5話〈影より出でる者たち〉がマンガワンで公開になりました!



リンクは雑貨屋のセーラおばさんからトアル村を守護する�精霊�の存在を知ります。



行方不明になったタロマロを探してフィローネの森に踏み入り、リンクが見たものは…。


今回の漫画は苦悩のリンクさん。悩みはいつか晴れるもの



3話記事でご紹介した画像はアナログ画像でしたが、こちらは液晶タブレット。


そしてこちらはアナログ。
デジタルとアナログのハイブリッドで進めています^^
作業は昔より楽になったのか大変なのか…^^;;;



こういう絵は描いていて楽しいですv

トワプリは影の存在感をないがしろにできないタイトルなので、なかなか描くのにエネルギーが必要で時間がかかってしまう事が多いのが自分でもイライラ…(^_^;)

今回は一方的に強い勇者ではなく、時に苦戦する勇者を描きたいもので敵に力が入ります。闇が濃ければより光が輝く。

次回は4月18公開です!

cetegory : ゼルダの伝説 ✤ - ✤ - ✤ -
2016年04月03日(日) 17:59 by Akira Himekawa [ Edit ]

トワイライトプリンセス4話公開

漫画「ゼルダの伝説・トワイライトプリンセス」第4話「兆候」がマンガワンで公開になりました!



徐々に忍び寄る闇…。平和なトアル村の日々に影が差してゆきます。





今回のトワプリは今までのゼルダとはちょっと違います。光と闇の両面鏡のような展開が出来たらいいんですけれど^_^ 。リンクも学年誌の時のヒーローとは少し違って一人の人間の心の深淵をのぞくような。

みどりの帽子を被っていつものリンクになるまでに少し時間がありますが、狼にもなるし、今回はリンクの変化を楽しんで貰えたら良いなー( ´ ▽ ` )ノ

しかしWeb連載って二週間が長いですね^^;。
雑誌だとそれほど感じないんですけど……
​ネットは常に新しく更新される習慣があるからでしょうか。

次回は4月4日更新です!(^^)ノ
cetegory : ゼルダの伝説 ✤ - ✤ - ✤ -
2016年03月20日(日) 17:43 by Akira Himekawa [ Edit ]

「時のオカリナ」完全版 重版かかりました

「ゼルダの伝説・時のオカリナ」完全版が発売一週間経たずで再版のお知らせが来ました。



単行本は最初の初速の一週間が非常に大事なので良かったー。早くに購入してくださった皆さん有難うございます!( ´ ▽ ` )ノ

個人的な事を言いますと、あの学年誌のたった16P、1年間の連載で、よくこの大河もののシリアス内容を編み上げたなぁと我ながら思います。普通だったら1話40Pくらいの密度じゃないでしょうか。1Pも無駄に出来なかった。1Pの密量がすごくてw 児童マンガには命のキャラクターの感情移入だけは死守した形です。
漫画のテクニックでは、最初の基本は16ページで一本のお話を描く、というのが必ずありますが、ほんと初心に帰って、きちっと丁寧にまとめていました。おかげさまで今、本になっても、絵は変わったとはいえ、後悔が無い原稿なのです。
ゼルダは最初の設計図が非常に大事な漫画です。投げたボールをどのあたりでキャッチするのか、とか。

昔は一話単位で締めてまとめ上げなければならなかったのですが、今は単行本一冊単位で考えられるのは少し余裕があっていいな(^-^)

 

cetegory : ゼルダの伝説 ✤ - ✤ - ✤ -
2016年03月17日(木) 17:36 by Akira Himekawa [ Edit ]