夏コミご報告

8月11日コミックマーケットに参加しました。
炎暑の中スペースまで来て下さった皆様、大変有り難うございました。
言い尽くされては折りますが今年は本当に暑さが大変でしたね。
お疲れ様でした!
コミケももう夏の定番行事になって数十年ですが、最近はしんどくなりましたw。
夏の暑さ、冬の寒さ、どちらもきついなぁ〜w。
でもきっとこのままいくつまで出られるか楽しみに行きますよ。
これからもどうぞよろしくです!


ラインナップはトップページにも置いてありますが、
新刊2冊とTシャツの新柄2種が出ました。

アニマルイラスト集1 ワイルドアニマル編
「Animal Iluustrations1/ WILD ANIMAL」


動物描きサークル「きつね狩り」結成から30周年記念本です。
ポストカードで売っていた絵をまとめて本にしました。
本田が10代の頃から描き続けて来た動物達。
それほど価値を認められず描いて来た物ですが、最近は動物自体がようやく日本も人気が出て来て、居心地が良くなって来ました。
動物のクリエィティブな活動は想像すると夢が付きません。
長年いろんな国のアニマルアートを訪ね歩いて来ましたが、
山小屋にこもって色々作りたいなぁ等と妄想の毎日ですw(現実逃避だな)

冬コミに第2弾出します!



「THE WILD LEG4.5/WORLD GUIDE」
レグ世界のワールドガイド本です。マンガも収録。
レグは18禁の漫画ですが、この先一般向けにしたいと思いつつ。
このワールドはナイフのエッジのような辛辣な世界をリスクを恐れず書きとめる挑戦、という作家の試みでもありました。
自分の中にある不調和や見たく無い真実等多少厭世的ではありますが、商業誌では無理であろうこのお話をあえて同人イベントのみの連載で続けている物です。

しかし我ながら世界観はしっかり立っているので、あらためて色々ワールドを構築し直してみようと考えました。

西洋では一般に馬は神が作った生き物、狼は悪魔が作った生き物、とイメージがなされる中で、自身は東洋の生まれなので狼は神よりな扱いが多いのですよね。
レグはその存在が虐げられる意味も合って、ケンタウロスではありますが馬ではなく狼。気位が高いといいましょうか。
いろんな意味でいじめられる事が似合うキャでもあります。
不思議と感受性の強い方は初めて見た人でも、その悲哀感が直感的に解る方も多いんですよね。
読む人を少し選んでしまうキャラクターかと自分では思っています。




Tシャツの新柄
その1/ザハT


大変好評で完売しました。有り難うございました!
Tシャツにはバッチリなイメージでした。
うちは半分以上が男性の読者様なので、メンズものしかいつもは作りません。
こういったパワフルなヘビメタはやはり男性の専売特許ですね^^。

今回はいい版を使って印刷が細かい所まで綺麗に出ています。
少し薄手のメンズスタイリッシュTシャツです。


その2/レグT

こちらはイラスト書き下しです!
ザハに比べるとやはりパワー不足ですが、ある種の反骨キャラでもあるので
ヘビメタとはいいません。ハードロックくらいですか^^。


ウルフドッグのわんこちゃんの素敵Tシャツ☆
その1
女子が着てもカッコイイですよ。

お友達の狼犬のブリーダーさんとこのわんこちゃんと暮らしていたのですが
諸々の事情で今はお里帰り。





その2

生地がポリエステルで着心地がさわやかです*
こういったTシャツは「うちの犬」とは思わせたく無いので
あくまでも自分はアニマルクリエイターに拘っています。

そのものの持つ素材をいかに生かすか?というデザイナーとしての扱いになっています。
デザインというのはそれなりに個性が問われるといいましょうか。
自分が得意とする「空気感」は、漫画でもこうした写真加工もはっきりしています。
表現したいこの感覚はとても月寄りなんですよね。
もっともっと素敵な「彼ら」と出会って、インスピレーションを発展させたいですね。
「アニマルクリエーションプロデュース」をしてこれからも作品やグッズやTシャツを作って行きたいな、と思っています。

動物のテーマとして「狼」はいろいろ続いていますが、もうひとつは「馬」です。
馬は日本では遠い存在ですが、ひとつの決断を今年しました。
自分は目標を立てれば必ず現実的に形にするのには自信があるといいましょうか^^。
越えなければならない難問は山ほど有りますが、
ひとつひとつクリアをして努力をして行きたいですね。





売れ筋のこちらもまだまだ元気です。
サイズ各種、大きいのも揃えております^^


9/23の〈ふぁ〜すと〉と
10/13の〈けもケット〉にもこれらのTシャツ達を持って行く予定です。




そして…

 
今回はフライヤーを配布しました。

長い事狼の絵を描き続けて来ましたが、
巷で人気のうそつきゲーム「人狼」のカード制作に関わる事になりました。

発売はの秋予定です。
詳細は追って発表いたします!
乞うご期待!

ここ数年は、いろんな実験をしていこうと考えています。

もちろん現実は様々な制約をかけて来ていますが
だからこそ、

やりたかった事を形にする。
常識に拘らない。
自分発信。
仕事の両立。

考えただけでも気が遠くなりますが、時間は無限ではない事をよく思います。
それは、犬一頭飼う時にもふと思う事。
今仔犬と暮らしたら、その子が死ぬ時は自分はいくつなんだろうって。
その時に身体はまだ動いて世話はきちんと見れるんだろうかって。
気持ちは永遠の27歳ですがw、そんな計算もするようになりました^^;。

最近、自分の作品を待っている人にきちんと届けたい、という気持ちが多いです。
自分を偉く見せる為ではなく、「こういうのが見たかった!」という人の元へ作品を届けたい。そんな純粋な気持ち。

30代40代の仕事は多岐に渡っていて、頼まれた作品を描く、という今までのスタイルでは、本当に自分の作品が欲しい人の所へ渡らない、という事を実感していて
今は「私はこういう者です」
と言う事にシフトしたい年代となったんでしょうね。

漫画の仕事の現役を越えたら、動物をきちんとテーマにする。
という気持ちは昔からあって、そろそろそんな時期かしらん、と思うのでした。








cetegory : 国内イベント ✤ - ✤ - ✤ -
2013年08月20日(火) 17:18 by Akira Himekawa [ Edit ]