クランチロールEXPO その2

アメリカ カリフォルニア州サンノゼ発

クランチロールEXPOでのゲストワークその2。

 

4日間でサイン会が4回。1日に2回の日もありました。

今回は結構ハードスケジュールだったなぁ

もうすぐ始まるよAre you reday!?

並んで待ってくれた皆さん。

 

ポスターにサイン

 

ゼルダBOX

 

金の色紙持ってくる人が数人いました。キラキラン

 

 

大迫力!

ブレスオブザワイルドのウルボザさん。強そうだ〜〜

 

オリジナルキャラをリクエストしてくれるとウレシイですね♪

 

 

パネルの前に控え室(グリーンルームと言います)でクランチのダラスさんと打合せ。グリーンルームのケータリングがとても美味しくて毎日ここでの昼食が楽しみでした。

 

Himekawa's Panel

最後にオーディエンスからの質問の時間があり、中央のマイクにざざっと集まって並ばれたのはちょっとびっくりしました。(あのマイクなんのために置いてあるんだろう…と思っていたら)いつも思いますが日本では中々見られない光景です。日本では幼い頃から集団の中ではなるべく目立たないように振る舞うことが殆どだと思いますが、欧米は「いかにちゃんと自己主張するか」を子供の頃からしっかり教育されるんですよね。

 

今回、アーチストパネルの他に企画でWoman’s Panelというものがあり、私たちを含めて3組の女性ゲストが登壇。女性がエンタメ業界で働く上での困難な点やそれをどうやって乗り越えたのか…というテーマでディスカッション。

過去トロントのTCAFでも同様テーマのディスカッションがありましたが…

イラスト、アニメ、漫画 それぞれ立場も環境も違うのでいろいろですね。

 

 

ちょっとホールを歩き回る時間がありました。

紀伊国屋さんの出展ブース。

ゼルダも置いてありました*

 

 

最終日の朝、ホテルを出たら目の前を赤い帽子の白ランニングマンが走り過ぎた。

あれっ…今のは…

マラソンマン、いやポストマン!w

さすがに足が速くあっという間に遠ざかりました。追ってみる。

 

⬆リンクと出勤するポストマンをフォーカス

 

会場に着くと入り口で手荷物検査があるのでそこでポストマンを無事捕獲w

お手紙が届いてます!

 

完成度高いです、素晴らしい***

 

 

入り口にあるカードタッチが「はたらく細胞」

視聴がほんとに日本と同時です。

 

ピッとタッチして通る3日間でした^^

(動画がうまく貼れないので動画のスクショ)

 

 

SEE YOU NEXT YEAR!

 

 

次回、シリコンバレーツアー、サンフランシスコへと続く

cetegory : 海外イベント ✤ - ✤ - ✤ -
2018年09月20日(木) 17:18 by Akira Himekawa [ Edit ]