蒼の守護神

 

いきなりですがスケッチブックを見返してたら2010年に月刊ヤングジャンプで描かせていただいた「蒼の守護神」予告イラストのラフが出て来ました。
(本ちゃんの表紙にも使いましたね)
読み切りでしたが初の青年誌で原作者〈RYO〉とは「夜王」の倉科遼先生です。

絵はヒロインの美沙ちゃん。
(左上のが主人公の勇斗)
実は女の子描くのそんなに嫌じゃなかったりするんです(笑)
裸の曲線描くのも好きです♪ちなみに胸が小さいという設定もいいです♪

美沙ちゃんは嫌味の無いキャラで担当さんにもかわいいですねとおホメの言葉をいただきました(^▽^)ノ
この時の編集さんとは今でも続いていて、安心してやりとりさせて頂ける方です。
YJはどっしりと構えている本ですね。漫画家がよけいな心配をしなくていいといいますか…ただし実力がないと歯が立たないです。価値観が王道で、だからこそキビチイ^^;

そして「竜は黄昏の夢をみる」の連載が始まった時や今回単行本が発行されたとき必ず「おめでとう」メール下さるのがもうなんか感激なのでした;。
(一回読み切り描いただけなのに!)
自分が実力的に自信がまだ無くて、YJはどこか気後れしてしまっている所があったのですが、
「ジーン」の連載が始まっても「月一の連載は大変だと思いますがネーム待ってます」と言ってくれるってありえねぇ〜〜!
それがたとえ単なる挨拶であったとしても心強いものです。
「もう自分なんて忘れられてるよね」とかどっか気が弱くなってますから;

うんっ!やっぱりここ頑張る!
踏ん切りつけた




主人公の勇斗。性格は高校男子らしいやんちゃな設定。
しかしどんなキャラクターにするかで結構悩みました。
このラフを描いて「うん、こんなヤツかな」と決めたのですが


↓もっとお調子者っぽくても面白いかも?とも思いましたが「高校生男子にとって等身大」だとやはり↑の方がいいのではと担当さんと相談し、実直で、スマートじゃないけど美沙ちゃんには一途な少年になりました。
クライマックスの決めはグーで粉砕w やっぱ男は最後は拳だね〜☆


絵的な事も勿論大事なんですが、そのベクトルが
ハートとかスピリッツがどこに向いてるかが男漫画の肝心なとこな気がします。


cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年02月09日(木) 01:48 by Akira Himekawa [ Edit ]

謹賀新年2012

 明けましておめでとうございます。
(と言い切っていいものか考えてしまいますが)
こうして無事年を越せた環境に感謝しつつ…。

昨年は本当に沢山の仕事、それを支えてくれた方達、そして影から応援をしてくれた人達にすごく支えられた事を実感します。
本当にありがとうございました。

年末ラストまでなんとか走り続ける事が出来ました。
今年はもう一歩「漫画家」として余裕を持って安定飛行出来るポジションに行きたいというのが目標です。
昨年の目標は2007年くらいからあって、それはいろいろ穴抜けではありますが年末には取りあえず達成出来た、と思うのでした^^。

昨年は多くの挑戦と迷いと悩みとの連続でしたが
今年も引き続き、考えた事はきちんと形にして行けたらいいなと考えています。
相変わらず一歩一歩地道な作業です。漫画は。

どうぞ今年一年よろしくお願い致します。


姫川明月


cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年01月01日(日) 19:22 by Akira Himekawa [ Edit ]

期間限定無料配信

 コミックターミナルで姫川のなつかし漫画を購入して読む事が出来ますが、

その中の「ヒウリ」という作品が、
Libura(ライブラ)というサイトで11月19日までの期間限定で一巻まるごと無料で読む事が出来ます。
(下にスクロールしてもらうとあると思います)


ヒウリは予告本を復刻したばかりですが、最近ヒウリの話題が多いのはなぜかしら


久々に見ると気絶しそうなほど恥ずかしいんですけど(恥)^^;

制作は1987年ですが、その当時から「レトロな漫画」の異名(?)を取っていましたので(笑

以前にも少しばかり書いた記憶がありますが、当時は超本格的な劇画が全盛の時代で、
それに閉塞感を感じていた我々は自分が幼い頃好きで読んでいた昭和ストライクの少年漫画のオマージュ的意味を込めて、「マンガは楽しくないと!!」をモットーに作ったエンタメ創作同人作品なんですね。
なので これ、あれのパロディ?みたいなシーンがそこかしこに出て参ります;
特に一巻はそれが楽しくて悪のりが少々ありますけど…(諸先生方すみません)←今頃;

2巻3巻と続いていくとだんだん本気になって来て(爆)
シリアス度が増してまいります。
そうするともっと自分を投影出来るオリジナル色強いものがやりたくなり、
だんだんヒウリだけでは気持ちがおさまらなくなってきて
「焔は風の名の如く」を作り、商業に以降していくのですが、
マンガって…描き続けて行くとだんだん本気(マジ)になってきてしまう魔力を持っているものなのです。
その魔力にはまって未だにこうしてマンガを描いている訳なんですけど…

その歴史の最初の作品です。
今とはまっっったく画風が違いますが、その違いも含めて楽しんで頂けたら〜〜〜っと…^▽^;

で、面白いかも と思ったら
コミックターミナルで続刊をポチってみてください




cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2011年10月20日(木) 20:18 by Akira Himekawa [ Edit ]

更新情報

NewsにドイツAnimagiCの件をアップ。
描き下ろしたポスターの大きめの画像をアップしました。
左のコンテンツ〈News〉のアイコンからどうぞ☆

夏コミの新刊「月誕祭」の通販を開始しました!
トップページの右のショップバナーからどうぞ。
cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2010年08月20日(金) 12:37 by Akira Himekawa [ Edit ]

まんだらけの広告



二月に描いて送ったまんだらけさんの依頼イラストです。
ようやくお披露目出来ました〜♪。

発売して10日くらい経ってしまいました。
仕事で開封を封印していましたゆえ。

詳しくはこちらのブログで♪
http://foxhunting.goldendawn89.com/




ふふふ。

だんだん自分達が何者か解らなくなって来ました・・・。
昨日のゼルダ日記とこの日記・・。

今日は本田の誕生日。
これから何かが始まる・・のかも・・・ハンバーガー


我ながらすごい仕事への奉仕性!!
一生懸命描いてるだけなんですがね。

でも、こういうのストレートに楽しいです。
根はこんなんです。
シートンの名作描きたい自分と萌えたいイケナイ自分がいます〜。
ごめんなさい。
共通点は動物くん&怪物くんという事で。

人間煩悩捨てたら老けますもん。

いきなり芳井宛に配信依頼メール来たり・・。(タンデムですよ)
実はちょっと今BL率高い姫川なのですラブ

cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2010年06月19日(土) 08:34 by Akira Himekawa [ Edit ]

REKI 3ー2更新

REKI 3ー2ファイルが携帯サイトで更新になりました。
3話はレキの“愛車”シルヴィの過去の一部が語られると共に、本当のミッション、レキ自身の目的とガレキとの関係等、人物相関図の回になります。
あの人物との関係も明かされる!?

michao!ウェブサイトでも3ー1が更新です。一月に入稿したファイルが漸くお目見え!

4話の制作も始まって、こちらは新キャラのリコが登場。お目にかかるのは少し先ですが、「REKI」を立ち上げた当初の望んだ形にようやく近付いて来ました。
その後もただもんでないキャラ続々登場予定赤い旗
cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2008年03月22日(土) 00:27 by Akira Himekawa [ Edit ]

リセット・ワールド





鷹見さんの新作「リセット・ワールド」が電撃ライトノベルズで直発売されます。
舞台は日本で主人公も慎吾という日本人の少年です。
大人がいなくなった世界での少年少女が生きて行くための冒険と戦いの物語。
元警察官の鷹見さんならではの作品だと思います。
今回は販促用のハガキも刷られましたので、本屋さんなどで配られると思いますので、見かけましたらよろしくお願いいたしますね。


キッズのお仕事、たまっていた情報の画像をキッズルームのトップにアップしました。

「556ラボ」2巻が発売になっていますケーキ
cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2008年03月03日(月) 00:30 by Akira Himekawa [ Edit ]

REKI連載再開

REKI3話の1ファイルが携帯サイトの方で更新されました。
半年振りの連載再開です。
パケホーダイなど、携帯サイトが見れる環境にある方はお見逃しなく(^^)/

(DoCoMoの場合)iMENU→メニュー/検索→コミック/書籍→Handyコミック→検索→キーワード検索→(作家名)姫川明(を入力)→グライディングREKI

で辿り着けます。
2ファイル目は2週間後に更新の予定です。
今年は月2回以上の更新を目指して鋭意制作中。

漸くレキが彼の言葉で語りだしました。物語も核心に向かって速度を上げて進みます。
cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2008年02月19日(火) 13:45 by Akira Himekawa [ Edit ]

新刊、新連載

とにかく忙しくて情報をフォローするのが遅くなってしまいます。
キッズの方がたまっているので、今の修羅場が抜けたら画像をアップいたします。

「556☆LABO」1巻が1月27日に出ました。2巻も来月発売になります。
同時に5年生の3月号が最終回です。お疲れ様でした!魚
パパの作った発明品を中心にお話があるのですが、色々ピンチもありますが、振り返ると、なんだか、ココロちゃんがあぶないおじさんに追っかけられるピンチが多かったですねたらーっ
きっときむら先生の中にはいつもガブとメイがいるんだと思います。
でも狼とヤギで絵本だとシュールにカワイかったりするのですが、現実の世界でくっきりはっきりした私達の可愛げの無い絵のマンガになると、ちょっとコワく・・・たらーっ汗汗
一年間この作品は服を毎回変える、なんて隠れテーマを持ってがんばりました。かなり繊細に描いたつもりなのですが、やはり私達の線は男の子を描くための線かも、なんてちょっと落ち込んでみたり・・・笑。


「ゼルダの伝説」いきなりですが「夢幻の砂時計」を今年は漫画化することになりました。5年生の3月号から、まずはプロローグの8ページです。
連載はこのまま繰り上がって、6年生の4月号へ続きます。久し振りのゼルダで、「ぼうし」の時以来3年ぶりで京都出張して打ち合わせを行いました。


昨日何年ぶりかで角川さんに御招待を受けて、新年会に行って来ました。
先日作品数の数の多さでギネスに認定されました、故、石ノ森章太郎先生の息子さんの小野寺章さんをご紹介して頂いたり・・・舞い上がり!!!
又個人的な知り合いの方に久々に御会いできました。
編集さんだった方が何人も出世して役職になられていて、時間の流れをしみじみ感じました。じわ〜〜〜ん。
何気に歩いていたらばたっと「ガル」の担当さんだった方と御会いしたり・・・96年でしたよ。角川さんは随分長いおつき合いなんだなあとしみじみ感じました。
余談ですが料理も大変美味しかったです。なるべく味わおうと何度もお皿持って行ったり来たり。本田に「まだ食べんの!?びっくり」と呆れられ・・・。
美味しかったですよね鷹見サンおでん
cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2008年01月31日(木) 16:28 by Akira Himekawa [ Edit ]

ココロラボ単行本1




ココロラボの単行本の1巻目が今月末に出ます。
今までの私達の単行本には無いデザインの華やかさに、結構嬉しかったりします。
女の子は、それだけでやっぱり華がありますね。
cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2008年01月04日(金) 00:23 by Akira Himekawa [ Edit ]