毎年おなじみ豊橋ロワジールホテルで開催のケモノイベントJMOF2019です。
 

 

 

愛知県豊橋ロジワールホテルで開催のケモノイベントJMoFさんに今年もお呼ばれしてワークショップドローイングやってまいりました。3回目。皆さんとても熱心に聞き入ってくれました。質問の流れで変身についてのレクチャーが中心に。若いイラストレーターさんから商業で動物キャラクターやケモノを描くハードルや苦労話を教えてほしいと質問があり。一見人気が出てきたようにも見えますが30年以上前から今もこのジャンルは表現する苦労のはあまり変わってません。コツコツとやるんですよコツコツと…
今年から文星芸術大学でアニマルアート科が出来てそこで少し教えることになりましたと話したらどよめきが😁
な、なんで?    
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成最後の31日年末に冬コミケに参加致しました。

コミケは1987年からずっと続けて来ましたから、ホントに丸々平成の間ずっと出続けて来た事になります。

当時は商業誌で発表が出来ない作品や趣味の動物などを描いていく事に、このコミケという場所は欠かせないものがありました。その後オリジナル同人誌のコミティアやケモノ主体のイベント、デザインフェスタをはじめ生き物系や手作りマーケット等様々なイベントが出来て、その中で自身に合うイベントに参加して行きましたが、やはりコミケだけは自分達の世代が生み出した巨大同人マーケットだという思いがありずっと出続ける様にして来ました。

ずっと当たり前にあったコミケ。晴海、TRC、幕張、国際展示場、様々な難題をクリアしながらの年2回の巨大イベントです。

 

 

 

今年の5月にユアナと銀の月のフルカラー本をHAP comicsとして自費出版しましたが、その第二弾の「ルウ・ガル」になります。

こちらは1993年角川コミックGENKIにて連載、ニュータイプコミックスから3巻出ていた単行本の復刻版。

あえてその単行本にそっくりに作る事にしました。

実は当時の連載分は5巻まで原稿があるので、今回自費で5巻まで出してしまおうと思った次第。

当時のこの作品を知る方はどれだけいらっしゃるかは判りませんが、狼、シャーマン、民族、神秘、遺跡、など自分の核を作るコアな部分が満載の作品で、絵面や技法は拙い事が多く見られますが、今にも読める内容になっているかと思います。

 

この日は一巻を新刊として発行しました。

ブースをわざわざこの本の為に訪ねてくださった方も何人もいらして大変嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

「THE WILD LEG wolf」の発売記念にサイン会を開いて頂く事になりました。

 

2019年1月20日

書泉ブックタワー(秋葉原)7F

13:00開始

 

単行本発売日の12月27日から、書店で当該の本をご購入下さった方にチケットお渡し、となるそうです。

詳細は書泉さんのこちらのページへ

 

日本でオフィシャルなサイン会は2016年「ゼルダ」完全版の発売時以来2度目ですが、

オリジナル作品での開催は

漫画家を30年以上やって来て、初めての事です。

発売を記念してイベント開いて頂けるなんてほんと嬉しいの一言です。

有難うございます。

 

果たしてどのくらいの人に来て頂けるかな…と若干心配ですが^▽^;

読者の皆さんにお会い出来るのをとても楽しみにしています!

ぜひ、お越しください!