メディア芸術祭サイトはこちらです。

http://plaza.bunka.go.jp/festival/2007/recommend/manga.php

さまざまな方に助けられてこのような有り難い賞を頂きました。
支えて下さった皆様方本当に有難うございました。
そして選んで下さった審査員の先生様方有難うございました。

しかし内心は、まだまだこんな凄い賞を頂ける作品ではなかったような気がします。いろんな方に支えられてなんとか形に出来た、という状態で、ウェブとしての新しさに乗らなかったらこの賞はなかったと思います。
完全な「運がよかった」状態だと思っています。

実はここに載っている事が恥ずかしいくらいです。
個人的な事を言えば、まだ全く描けていないお話で、本気でやりきれていない感が強く、自分の制作軸でいえば完全に出遅れています。
認知もされていないし人気にもほど遠く、それらのテコ入れはこれからと言う所で、ねらったイメージには遠く、まだまだ紹介時点で本題のお話に入っていない。はじめにイメージしたこの作品に到達していないのです。本来の色気(ソフト)の部分がハードに片寄っていて、当初のLOVEからは離れてしまっている印象で、2年もたったのにこれしか描けてない!という悔しさが実はありました。
しかし実は他のどの作品より描きたかった作品です。
早く描きたいという思いは強くとも、不可抗力的にケガや体調不良で中断は多く、実質描いた制作期間は10ヶ月位。しかしあまりそこには甘えたくないと思っても、思うようにならず、長かった入院で他のお仕事も様々な方に御迷惑かけててそちらも早く形にしなければと思い、8月から後半この作品に格闘するのに疲れはててしまい、結局半年全く描く事をあきらめました。
ですから夏から更新もありません。しかし更新が命のウェブでこれは痛い。
ストーリーものですからなおさらです。ポイントは取れないのをわかりつつ放置しなければいけないのは非常につらいものがあります。

漫画は甘くないと言う事はよく知っていて、現時点で、海のモノとも山のモノとも解らない作品は、とっくに打ち切りな訳です。(少年漫画畑で育ったので、そこはイヤというほど知っている)
しかし幸運にもウェブという媒体に助けられていて、編集さんも寛大に対処してくれたおかげで、自分次第でこれからどうとでもしていける状態をキープ出来ている。有り難い事です。
私達のような作家は一生懸命描く事、作品に対する情熱や愛でしか立たせるすべがありません。とても不器用なんですね。
だから今年は悔しくも、この作品に取りかかる事をあきらめ、来年に託した訳です。
待った無しの状態です。実は。

サイトもリニューアルして様々な事を終わらせ、さぁもう一度これから!
と思った時にこういった通知を受けたのですが、自分達の中では不出来な息子に何故!???とまじ信じられなかった。
文化庁のサイトを見てもストーリー紹介がまだ描きたい事に到達していなくて、内心少し残念。しかし、これはきっとこれからの勇気と希望を見させてエールをくれたんだと思って来年は起死回生を計りたいです。

−−−−−しかしなんといっても今年最大の御褒美です、とても嬉しいです。有難うございました。




突然ですが、
文化庁が毎年主催する「メディア芸術祭」で、REKIが「審査員推薦作品」に選ばれました。(私達は実は全く知らなかったです)
そうそうたるメンバーが選ばれていて、REKIはウェブマンガの部門で頂きました。
エンターティメントの部門ではゲームのゼルダも選ばれており、なんか同じ立ち位置に行けたのはすごく嬉しいです。
時代の風に乗って、ウェブという新しい媒体との出会いが、又私達にとって、10年ぶりのオリジナル作品で、このような、まさかの思いもよらなかった形で評価頂いて、日夜あきらめずに、漫画家やってきてよかったな、と思っています。(REKIの連載中、事故とかでほんとつらかった〜〜〜〜でもむくわれてよかった〜〜〜〜何度ダメになるかと思ったやら・・・じわ〜〜〜〜んしょんぼり
これで良い意味で、自信持ってオリジナルを描いていける転機だと思って、来年はガンガンがんばっていきたいと思ってます。

こういう全く自由な発想の作品を描けるチャンスを与えてくれた最初の編集のMさん。有難う。感謝。

直祝ページを記念に作っちゃおうと思っています!!


ところで関係ありませんが、本日吉井和哉のニューシングル「バッカ」の発売日だっ!!いい曲だよ!!ラブ
■今年もやって来ました。コミケです。
時間的に、まともな本がいつも出ません。でもやはり恒例年末のお祭りです。楽しみたいですね。

★サークル名「Golden Dawn89」(今まで使っていた「ヒウリアイランド」から変更です。御注意下さいませ。)
★12月31日 スペースNo 東ホール 「マ」ブロック 47a

描き起こし、今年も挫折です。しかし!2005年に朝日小学生新聞で連載した「ユアナと銀の月/おおかみの国のユアナ」は、原稿はそのままありましたので、本にする事を決意。「フランクとユアナ」から3册目です。修羅場明けから1日で入稿成功!少しほっとしました。



この日に出す本の表紙です。
日にち合う方など、ぼちぼち立ち寄って下さいませ。

狼つながりで、少し御紹介。
実は友人に狼犬のブリーダーさんがおります。
元はコリーやシェルティーのブリーダーさんでしたが、数年前から、本格的に狼犬のブリーダーとして、日々犬達と格闘している、世代同期の友人です。
その彼女が所有する狼犬達が、実は私達はFANなのです。
毎度生まれた話を聞くたびに「ああ、欲しい」と思ってしまいます。
私達が絵を描く時にイメージを発するんですが、実にそこに近いイメージのコ達が多いんですね。
人と良いパートナーを目指せる狼犬を広めようと、ボランティアなどに積極的に参加され、又そこで生まれたコ達はほんとよくしつけされている。狼犬は簡単に犬を飼うようにはいかない犬種ですが、その距離感を縮めようと、日夜頑張っています。苦労多いと思う。私も昔トリマーやっててその頃から犬の世界でのお話をよくしあっていました。
動物の世界は大変なんですよね、実にいろいろと。

私達は、土地の問題やら仕事柄移動が多いので、飼う事はゆるされません。昔アフガンハウンド飼ってて、大型犬は小型犬のようにはいかないと思いまして。
でもほんとは欲しいとずっと思っていた犬種です。この本の表紙のような憧れを、リアルな形で生活されていてるので、ほんと応援しているんですよね。



こちらはこの本で登場する狼さん。
こいつが、その友人の犬舎にいるハンサムボーイの黒い狼犬にそっくりなんです!名は「Qちゃん」と言いますが、似ていると前に御本人に聞いたんだけれど、写真でしかお目にかかれてませんが、たしかに似てました。
Qちゃんが生まれる前に描いているので、何やら他人事とは思えず、親しみを感じます。一度抱きしめたいよ〜〜〜〜。

犬舎名は「SERIORS STORY」さんと言います。


写真頂きました!!載せても良いとおっしゃってくれたので、UP!

 

Qちゃん、同じポーズの写真でびっくりだよ!!右は今は亡き美しきロック。
素敵なコ達です。
まるで先にモデルでいたかのようです。それくらい、私達が絵で描く時のフィーリングに合う狼犬達です。