「シートン動物記」発売中です

 


「シートン動物記」絶賛発売中です!よろしくお願いします♡
(ブログの右→にアマゾンへのリンクがあります)

無事本にして頂き、担当編集Abe様、小学館の皆様有り難うございました!


昔から私達は「動物」を通した作品で仕事ができないかという思いがあり、
趣味でイラストや絵を長年描いて来ました。
漫画の仕事をやりつつ、何かと「こういうものを生かした仕事はないですか?」と編集さんに相談する事が多かったのですが10数年前は仕事に上手い形で繋がる事が出来ませんでした。
ですから同人誌やコミケで動物関係はずっと描いて来たのですが
2009年に上野の科学博物館に行った時、偶然シートン生誕150周年記念展開催予告看板を見つけます。

その時にガクマンプラスが学年誌の流れで創刊されこの雑誌の趣旨にぴったりではないかと思い立ち、編集部に提案させて頂いたところ、狙い当たって実現する事になり…

最初に描いたのが「サンドヒルのオジカ」でした。
意気込みはありましたが、いくら短編の小説でも22ページでまとめるのは難しかったです。原作はヤンがオジカを追うシーンが3、4回出て来ますがその時間の経過がとても重要で、ヤンが長い長い時間ストイックかつ執念をもってシカの足跡を追いかける。冬の森の静寂さや獰猛さ。最後のオジカとの対面に至る時のヤンの気持ちの変化と自問自答のシーンには哲学的な、けど決して難しくは無い、シンプルな文体が胸を打つ結晶のような物語です。
率直に言って今回の漫画でそれを表現するにはとても到らず、唯一敗北感が残ったお話です。学年誌の仕事は普通の漫画に比べて尺が短く、長い物を短くまとめる事が多いので結果「まとめ」の技術がついてしまったのですが、いくらその技術を駆使してもあの静寂の時間の流れを表現するには限界の枚数があったかなと思います。
(言い訳のようですみません;力が入り切らないと悔しいんですよね;)

なので「ロボ」はせめて前後編。48p。それでも多くはないですが、贅沢もいえませんので、狼の表情にはぜったいに魂込める意気込みで描きました。




しかし単行本に小さくなるとやっぱりギチギチだなあと;
一回余裕で空間を使ってストーリーものを描いてみたいです…(^_^;)ね。

「ロボ」の内容はあえて説明の必要がない位日本ではよく知られたお話です。
ですが、(以前も書きましたので2回目の方はざざっととばしてね)この仕事を始める前に改めて原作を読み返した時とても新鮮な感覚があったんです。

ここ10年位で3度アメリカに行って、それはもっぱらインディアンとオールドウエストがテーマの旅だったのですが(セドナも入れると4回ですか)
モンタナ、イエローストーン、グレーシャー、(オレゴンは2011年ですが)
それらを体験して原作を読み返したら「シートン」の物語からアメリカの自然と旧西部の日常感がすごく伝わって来て、それに感動したんですね。自分が子供の頃読んだ「動物のお話」のバックボーンはこれだったんだ。当時はそんなものほとんど受け取っていなかったことにもったいなさも感じ、再度受け取る事が出来た感激もあり、
「シートン動物記」は子供に向けて書かれた「名作」ものではなく、大人向けの普通の「小説」だったと改めて知ったわけです。


写真は2011年オレゴン州にて

漫画からそのオールドウェストの空気感みたいなものも少し伝えられたら…
と筆に込めて描きました。

「ロボ」はアンケートの結果が良かったというお話で嬉しかったです。
で、もう一本描いて単行本化することになりました。
「本になったらいいな」とは思っていましたが、このご時世に単行本にして頂ける事がラッキーです。小学館の学習漫画というシリーズでなかったら逆に企画を立てるのが難しかったと思います。

ガクマンプラス最終号に掲載されたのが「スプリングフィールドのキツネ」です。
このお話は30ページという尺に原作の量がちょうど良く、バランスのいい一本になったと思います。編集部でも好評いただきました*
しかし可愛い小ギツネが出て来ながらラストがうわあああ…な悲しさ(^^;;)
「泣いちゃう子がいるんじゃないの!?」という声もありましたが
原作が書かれた当時は「自然保護」の思想が出たての頃で、開発が進むアメリカ大陸でものすごい数の動物や自然が破壊されていくのを強烈に憂いていたシートン先生の気持ちが出ているラストなんだと思います。
今の私たちのまわりではTVでも動物番組は大人気ですし彼らと共存し、守るのは当たり前で、なぜこんな悲しい話を書くのか違和感を覚える読者がもしかしたらいるかも知れないとは思いましたが、当時の時代背景も知って、今のエコロジー思想にも繋がる経緯の大切なリングの一つなので、それを知って欲しくて物語が終わったあとの1枚をあえて描きました。

蛇足ですが原作を読んだ時「あれ、この話読んだことがあるような?」と思ったのですが矢口高雄先生の「マタギ」に出て来るキツネのお話が、この「スプリングフィールドのキツネ」がヒントなんじゃないかしら?と。勝手な想像ですが…。
ラストは違うんですけど更に壮絶です;
矢口高雄先生の漫画は「釣りキチ三平」はじめ長野の描く自然描写のお手本です(^^)小中学生の時一生懸命模写しました。


最後の「白いトナカイの伝説」は単行本のための描きおろしです。
本になると喜んだのもつかの間、ページが足らないということで40枚。
40ってけっこうな枚数です;
どれ(原作を)選ぶかで、面白そう…と思ったのがこのお話です。
「シートン動物記」では舞台がアメリカじゃないだけでもかなり異色な話ですが、読んだ印象がとてもビジュアル的で、絵とシーンが浮かんで来ました。
絵本になるかもしれない。自分達が描いたら面白いかも…
ということで選ばせて頂いた一本です。
なのでこのお話だけペンのタッチが違いますが、あえて密度を下げて「ユアナと銀の月」の“おおかみの国のユアナ”の時のようにアート感覚の方を重視して描きました。
ラストの狂気がかって走り続けるトナカイがなんとも怖いですが、こういう描写も昔はよく見たような気がするけど最近とんと見かけないんですよね。
本田の描くトナカイが個人的に大変好きなので、
彼女が描いたら絶対良いと思いリクエストしました☆
子供達がこれを読んで
「あの時読んだアレ怖かったなあ、今でも覚えてる」な一本になったら本望ですw

巻頭のイラストはその印象世界を描いたものです。
こういうテイストのイラストは本田はアマチュアの時山ほど描いていますが、
商業の方で発表出来る機会はほんとにそうそう無いので…。

リアルな劇画ではなく、幻想的な「アート」として動物を描けたのが、
この巻頭のアートギャラリーはとても有り難かったです。
何度も言ってしまいますが普通ありえないのでw;


白いトナカイ。

ロボ。

そちらもあわせてぜひご覧下さい!

最後になりましたがシートン先生へ素晴らしい物語を書いて下さった事と
未熟者ですが漫画で描かせて頂きました事に心から感謝を。

こちらの単行本を海外で翻訳する動きがあるのですが、私達の漫画が強いヨーロッパでは「シートン」は有名ではないので出来上がった本を読んでから決めたい、というお話だったそうで、それは意外でした。言葉の違う日本でこんなに「シートン動物記」が浸透しているのって不思議だな、という思いと、
日本人は自分達で思うよりも実は動物が大好きなんじゃない?と思ったりもするのですが、エンタメやアートの部分でも動物がもっとポピュラーになってくれたらいいなと日々考えます。

長い文章をここまでおつきあい下さり有り難うございました*
cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年02月12日(日) 23:26 by Akira Himekawa [ Edit ]

蒼の守護神

 

いきなりですがスケッチブックを見返してたら2010年に月刊ヤングジャンプで描かせていただいた「蒼の守護神」予告イラストのラフが出て来ました。
(本ちゃんの表紙にも使いましたね)
読み切りでしたが初の青年誌で原作者〈RYO〉とは「夜王」の倉科遼先生です。

絵はヒロインの美沙ちゃん。
(左上のが主人公の勇斗)
実は女の子描くのそんなに嫌じゃなかったりするんです(笑)
裸の曲線描くのも好きです♪ちなみに胸が小さいという設定もいいです♪

美沙ちゃんは嫌味の無いキャラで担当さんにもかわいいですねとおホメの言葉をいただきました(^▽^)ノ
この時の編集さんとは今でも続いていて、安心してやりとりさせて頂ける方です。
YJはどっしりと構えている本ですね。漫画家がよけいな心配をしなくていいといいますか…ただし実力がないと歯が立たないです。価値観が王道で、だからこそキビチイ^^;

そして「竜は黄昏の夢をみる」の連載が始まった時や今回単行本が発行されたとき必ず「おめでとう」メール下さるのがもうなんか感激なのでした;。
(一回読み切り描いただけなのに!)
自分が実力的に自信がまだ無くて、YJはどこか気後れしてしまっている所があったのですが、
「ジーン」の連載が始まっても「月一の連載は大変だと思いますがネーム待ってます」と言ってくれるってありえねぇ〜〜!
それがたとえ単なる挨拶であったとしても心強いものです。
「もう自分なんて忘れられてるよね」とかどっか気が弱くなってますから;

うんっ!やっぱりここ頑張る!
踏ん切りつけた




主人公の勇斗。性格は高校男子らしいやんちゃな設定。
しかしどんなキャラクターにするかで結構悩みました。
このラフを描いて「うん、こんなヤツかな」と決めたのですが


↓もっとお調子者っぽくても面白いかも?とも思いましたが「高校生男子にとって等身大」だとやはり↑の方がいいのではと担当さんと相談し、実直で、スマートじゃないけど美沙ちゃんには一途な少年になりました。
クライマックスの決めはグーで粉砕w やっぱ男は最後は拳だね〜☆


絵的な事も勿論大事なんですが、そのベクトルが
ハートとかスピリッツがどこに向いてるかが男漫画の肝心なとこな気がします。


cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年02月09日(木) 01:48 by Akira Himekawa [ Edit ]

「竜は黄昏の夢をみる」待ち受け

 

コミックスのおくづけページのバーコードを読み取ってアクセスして
アンケートに答えると待ち受けがもらえます!

なかなかカッコいいんじゃないかと…

今年の年男です!!

コミックス買って頂いた方はぜひダウンロードしてくださいね♪


cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年01月11日(水) 15:46 by Akira Himekawa [ Edit ]

「竜は黄昏の夢をみる」絶賛発売中&フェア

  コミックジーンで連載中の「竜は黄昏の夢をみる」1巻が12月27日に発売になりました。
現在も発売中です。
同時にとらのあなさんも1月29日までフェアをして頂いていますので
しつこくて恐縮ですが、定期ポストとして年末過ぎてもいろいろ宣伝を続けて行きたいと思います。
どうぞよろしくお願いします!



画像をクリックするとジーンHPのコミックス紹介ページにジャンプします。
(ネットショップのリンクもあります)


実はジーンの雑誌の方をお買い上げ下さっている方はお解りですが
単行本は描きおろし多数です。申し訳ございません。

実は姫川は単行本で描きおろしが多いと知っている人は結構いるかもしれませんね。
実はゼルダもそうなんですよ^^。
雑誌と違う所あるんです。
主に補足という形ですが。


「竜は〜」の一巻4話あたりの時期に、私的に様々な事が重なって精神的に参っている時があり集中力が欠けてその影響で、少しキャラが混同してしまった所があります。
その場その場で読む分には面白いのですが、単行本で一気に読んだ時に「キャラが違う!」と思いましてw。
TJの描き方は本当に間合いを描くのがが難しいです。
軟化しすぎてもダメですし、怖過ぎてもダメ。
集中力がいるオトコですね^^;。


漫画って
雑誌の連載を待つ時間と単行本で一気に読む時間が違うので
こういうシリアスな話は連載していると一ヶ月の間に様々な事があると筋を通す力が分散してしまう事があるんです。心弱くていかんですね。プロとしてはあるまじき事で…お恥ずかしい。
楽しいお話は比較的大丈夫なんですが
こう空気を纏うといいましょうか、その世界の温度を一定に管理するにはかなり集中力がいります。
キャラがまだ確立出来切れていない時などは危ないです。
そのキャラのズレや脱線が後から気がつくと恥ずかしいのなんのw。
(私達正直者!隠しませんw)


そんなこだわりを楽しんで頂けたら…(自虐なw)


カバーデザインはUN-GOのポスターデザインなどを手がけられたimagejackの團夢見さんです。
素敵なデザイン有り難うございました!
大変いい感じにして頂きまして気に入っています。

帯の返しにモバイルアンケートのお知らせがありまして、回答すると「竜は〜」の待ち受け画像をプレゼントしてくれます。
ツイッターで #コミックジーン のハッシュタグをつけて感想をつぶやくとこれまた商品が当たるみたいです。よろしかったら一言ボソリと呟いてみるのも…
応募券2枚を送ると希望タイトルの複製原画が当たるフェアもやってます。
うち多分競争率低いと思いますんで狙い目かも…w

ジーン公式ブログにコミックスの書店購入特典の情報が出ています。
WonderGOOさんで購入するとカバーと色違い、フルカラーバージョンのポストカードがもらえます。


それとは別のオリジナルペーパーも書きました。どの書店さんだとついて来るか情報が未確認ですがアニメイトやまんだらけみたいな大きなお店だったらついてくるかも…。←書店さんに確認して下さいね


cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年01月11日(水) 15:43 by Akira Himekawa [ Edit ]

謹賀新年2012

 明けましておめでとうございます。
(と言い切っていいものか考えてしまいますが)
こうして無事年を越せた環境に感謝しつつ…。

昨年は本当に沢山の仕事、それを支えてくれた方達、そして影から応援をしてくれた人達にすごく支えられた事を実感します。
本当にありがとうございました。

年末ラストまでなんとか走り続ける事が出来ました。
今年はもう一歩「漫画家」として余裕を持って安定飛行出来るポジションに行きたいというのが目標です。
昨年の目標は2007年くらいからあって、それはいろいろ穴抜けではありますが年末には取りあえず達成出来た、と思うのでした^^。

昨年は多くの挑戦と迷いと悩みとの連続でしたが
今年も引き続き、考えた事はきちんと形にして行けたらいいなと考えています。
相変わらず一歩一歩地道な作業です。漫画は。

どうぞ今年一年よろしくお願い致します。


姫川明月


cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年01月01日(日) 19:22 by Akira Himekawa [ Edit ]

「竜は黄昏の夢をみる」1巻発売/フェア

 コミケ上京で東京です。こっちに来てようやくゆっくり休んでたり…(笑)
改めてまとめて告知いきます!

コミックジーンで連載中の「竜は黄昏の夢をみる」1巻が12月27日に発売になりました。
どうぞよろしくお願いします!

画像をクリックするとジーンHPのコミックス紹介ページにジャンプします。
(ネットショップのリンクもあります)

帯が金色!美しいです。
表紙絵が渋めで水墨みたいなのでそれに金の帯を巻くとなんだか格式が…w
竜が金の玉をつかむ、みたいな
来年の辰年に相応しいですw


裏はドラゴンバージョンのキヤです。
カバーデザインはUN-GOのポスターデザインなどを手がけられたimagejackの團夢見さんです。
素敵なデザイン有り難うございました!
大変いい感じにして頂きまして気に入っています。

帯の返しにモバイルアンケートのお知らせがありまして、回答すると「竜は〜」の待ち受け画像をプレゼントしてくれます。
ツイッターで #コミックジーン のハッシュタグをつけて感想をつぶやくとこれまた商品が当たるみたいです。よろしかったら一言ボソリと呟いてみるのも…
応募券2枚を送ると希望タイトルの複製原画が当たるフェアもやってます。
うち多分競争率低いと思いますんで狙い目かも…w

ジーン公式ブログにコミックスの書店購入特典の情報が出ています。
WonderGOOさんで購入するとカバーと色違い、フルカラーバージョンのポストカードがもらえます。


それとは別のオリジナルペーパーも書きました。どの書店さんだとついて来るか情報が未確認ですがアニメイトやまんだらけみたいな大きなお店だったらついてくるかも…。←書店さんに確認して下さいね



そして、冬コミ3日目(12/31)参加します。
東レ-08a〈ヒウリアイランド〉(ケモノ島ですが今回はGoldenDawn89ではありません)
新刊は「THE WILD LEG4」

レグの通販をいつもお願いしている虎の穴さんで「竜は黄昏の夢をみる」発売記念のフェアをして頂いています。(1/29まで)詳細こちら
対象同人誌を購入すると描きおろしのイラストカードがついてきます。
「竜は〜」と「レグ」のコラボ絵です。ぜひゲットして下さい!
通販の場合は冬コミ新刊のみがフェアの対象です。
店舗購入は「LEG」の既刊本1と2が対象になります。
「THE WILD LEG」は1〜3までが18歳以上の方を対象にした本なので、18歳未満の方は購入出来ませんのでご注意下さい。
でも今回は単行本と合わせたフェアなので、冬コミの新刊は全年齢対象にしました。



それから、こちらは姫川個人でのフェア*です。
サイトトップページで告知しておりますが、「竜は〜」1巻の発売と辰年のブッキングを記念して

【キヤは辰年の夢をみる・年賀状キャンペーン】やってます!

「竜は黄昏の夢をみる」の1巻をお買い上げ頂き、31日のコミケスペースに持って来て下さった方に年賀状をお送りします♪(ご希望であればその場で本にサインもいたします)
コミケ会場は大変混雑しますので、宛名カード(ご自分の住所氏名が書かれた紙ならなんでもOK)を持参して頂けると助かります。

コミケに来れない方は、単行本を買った事を証明できるものをメールでお送り下さい。
アマゾンその他ネットショップの予約完了ページのスクリーンショットでも本を写メで撮ったものでも何でもOK!

それも無理〜!という方はキーワードとしてメールに
〈5話でキヤにマフラーをくれた女の子が路地裏で一人でいた理由〉を書き添えて下さい。

…こそりと感想など添えて頂けると嬉しいです^^
時々「長くなってしまいますのでこの辺で♪」というメールを頂くんですけど、感想がいくら長文でも作者は大歓迎ですのでぜひ熱い気持ちをメールに託してみて下さいネ


2012年1月半ばくらいまで受け付けますのでどんどん応募して下さい


今日は告知のオンパレードでした;
もうもれはないかな!?




cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2011年12月29日(木) 18:26 by Akira Himekawa [ Edit ]

今日は発売日。でも…

 9月から休み無しのトライアスロン。
今ゴ〜ルです。

ついったに入る気力がないのでここで。

終わったら開放感浸れるかと思いきや…
完全ノックダウンです。
ネイラくん、かばっちゃん、助かりましたん。
徹夜は堪える年齢になりました。
そのままゴールとともにバタリ。
飯食べられないのは久々だ。

とんだ発売日ですw。
(あ〜又弱音です^^;)


でも今年の漫画の原稿はやり切ったぞ〜〜〜〜〜!


買って頂いた方感謝感激です。
(とらのあなさんのキャンペーンもあった)
(献本お手伝いしてくれた方達に発送しなきゃ…。



もうもう言いたい事山のようにあるのに
今は取りあえず寝ます。

(こればかり)


2000年からのキヤの設定資料等ここで載せて行きたいと考えています。

あ〜あれもこれも頭をよぎるけれど…バタッ
cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2011年12月28日(水) 00:36 by Akira Himekawa [ Edit ]

「竜は黄昏の夢をみる」単行本は明日発売

 本日献本を手にしました。

明日ラストランの原稿の締め切りです。
先日はヘタれたブログでいかんですね。
(体調が悪いと弱音モードになっちまう)
醜いので消しました。

終わりましたら
少し時間をとって久々「キヤ」のブログ頑張ります!
PRするぞ!
手は抜きません!

出版不況と言われているこのご時世です。
やれる事はやって後悔はしないです。

今年一杯出来る限り頑張ります!


はじめてうちを知られた方、
昔から知っている方、
動物、怪物好きの方、
そして
ゼルダのファンの方もどうぞよろしくお願い致します。




cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2011年12月26日(月) 19:24 by Akira Himekawa [ Edit ]

REKI 3ー2更新

REKI 3ー2ファイルが携帯サイトで更新になりました。
3話はレキの“愛車”シルヴィの過去の一部が語られると共に、本当のミッション、レキ自身の目的とガレキとの関係等、人物相関図の回になります。
あの人物との関係も明かされる!?

michao!ウェブサイトでも3ー1が更新です。一月に入稿したファイルが漸くお目見え!

4話の制作も始まって、こちらは新キャラのリコが登場。お目にかかるのは少し先ですが、「REKI」を立ち上げた当初の望んだ形にようやく近付いて来ました。
その後もただもんでないキャラ続々登場予定赤い旗
cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2008年03月22日(土) 00:27 by Akira Himekawa [ Edit ]

リセット・ワールド





鷹見さんの新作「リセット・ワールド」が電撃ライトノベルズで直発売されます。
舞台は日本で主人公も慎吾という日本人の少年です。
大人がいなくなった世界での少年少女が生きて行くための冒険と戦いの物語。
元警察官の鷹見さんならではの作品だと思います。
今回は販促用のハガキも刷られましたので、本屋さんなどで配られると思いますので、見かけましたらよろしくお願いいたしますね。


キッズのお仕事、たまっていた情報の画像をキッズルームのトップにアップしました。

「556ラボ」2巻が発売になっていますケーキ
cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2008年03月03日(月) 00:30 by Akira Himekawa [ Edit ]