「日本の歴史」再版*

 〆切で身動きとれず報告が遅れてしまいまたが、
一週間ほど前に学研まんがNEW「日本の歴史」が再版決まりました、
と連絡がありました!
全12巻のセットが大変好評だそうです

出版不況が叫ばれる中、
発売から2週間で再版 それも、万単位でって、すごいです。
ひさびさの明るいニュース(^^)

学研さんから書店用のポップ一揃いが送られて来ました。
相当力入ってますね!


書店さんで棚を取ってるって聞いたのでコーナーとか作られているのかな。
まだ見れていないんですけど…。見に行きたい。
だれか本屋さんで写メ撮られた方いましたら教えてください〜*

卑弥呼さんの絵を沢山使っていただいています。
1巻の表紙と言う事でシリーズの「顔」になる事は想像出来ましたし、
今後も長い間売られるということで表紙の絵は気合いを入れて描きました。
編集部でも好評いただいたみたいです^^

卑弥呼は神の声を聞いて政治を行ったと言われているので、祈祷の姿がまず浮かびました。神々に国の未来安泰を祈念している図。

都会になると神棚など無い家が普通みたいですが(以前友人からそう言われ)
我が家は自然に神棚があって〝榊〟も日常よく見ているので、描きやすかったし、気持ちが入りやすかったです。
日本は八百万の神々が守る国ですから!
そういえば今年は「古事記」編纂1500年。日本の歴史の始まりに神話や神々は欠かせない存在です。学研のこの本はあくまで人間が主人公で神話を扱うものではないですが、現代の我々と違ってクニの始まりに神々の存在は大変大きかったわけで。
1巻にはそのあたりも描かれています。

日本の最初の歴史的人物が女性って、同じ女性としてはイイなあ…^^と。
しかしこの表紙、卑弥呼というより天照大神みたいにも見えたり。
(じゃなくて天岩戸の前で踊るウズメだったり?)
7月に作画に取りかかる前に高千穂に赴いて天岩戸神社も訪れましたし。
こちらのレポもまだですね。
神道の大元締め(天照大神)も女性で、最初の王も女性って、
日本の現代の女性の大臣、政治家の数は先進国ではかなり低い所にいるみたいですが、
日本はもともと本当は女性が作った国なんじゃ〜い!なんて…
(社会の肝心な決め事はほとんど男性が取り仕切ってしまっている現代はどこか窮屈なかんじが…w)


それはさておき、
このシリーズは30年振りのリニューアルで、今回のこの全12巻もこれから長い間売って行くと聞きました。今から30年後…自分が老婆になってもこの本の表紙を本屋で見る事になるのね。うはあ。最近出版は本当に厳しいので、
自分が描いた本が長く売られる、読まれるって漫画家にはとても有り難い事ですから(物書き全般みなそうだと思いますが)お金云々ではなくこれは引き受けなければ…と思った仕事でした。
歴史の百科事典の老舗の学研さんならではの作りで、繰り返し紐解いて使うために装丁も大変しっかりしたものになってますが、手に持つと「本」で出るっていうのはあらためていいなあと思います。
「本」ゆえの重みやパワーがあって逆に紙媒体の魅力を感じました。
時代の移り変わりや流行と共にある漫画も勿論魅力はあるのですが、
「漫画=読み捨て」と言われてしまう反対に位置している形で、仕事的には満足感の残る形だと思います。付加価値をつけるという事ですね。(丁度去年出したハイラルヒストリアもそう)



少し前に打ち上げがあって、着色のアシスタントさん3人つれて参加して来ました。
漫画家はじめ、編集プロダクションさん、デザイナーさん、監修の先生方、この本に関わったみなさんがみえていて、とてもアットホームでした。もっと沢山の人とお話したかったなあ…。
特に漫画家さん達はみんな口を揃えて「大変思い出に残る仕事で…w」と仰ってましたね(^^;)苦労はみな同じというか。ひとつひとつは書けませんがそりゃもういろいろと。描き下ろしって大変なんです。おまけにカラーで。一人じゃとても無理な仕事で、〆切はとっくに過ぎてるし、大量に残ってるカラー。編集さんもかなりナーバスになってたと思います;。支えてくれたデジアシさん、チーム一丸でがんばりました。ちなみにみんな女性。
ものすごいキビしかった約1年間のねぎらい会、行けてよかったw








cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年12月09日(日) 03:52 by Akira Himekawa [ Edit ]

日本の歴史

 「日本の歴史」もくもくと作業中〜。
返事待ち中。
cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年09月21日(金) 21:12 by Akira Himekawa [ Edit ]

ドギーマギー動物学校

 
トップページと、最新情報でご紹介しましたが、角川つばさ文庫さんから
「トギーマギー動物学校」が9月15日に発売になりました!

小学校低学年から読める本です。
イラスト160点!ほぼすべてのページに絵があります。
めくってもめくってもカムw

まだ文章があまり読めない小さいお子さんでも楽しめる、絵本と漫画の中間くらいの絵物語本です。
つばさ文庫のホームページでも特集を組んで頂いてますのでごらんください〜**


ついつい動物モノというと私達しっとり系になってしまうのですが、
良い子になりすぎない。
というのが編集さんからのお達しでした^^。
(この作品の場合です)
説明的なものよりセリフで回していく形で。
多少乱暴というか目指せドリフターズみたいなw。
(ワニ先生はいかりや長介さんといってます^^)
お話というよりキャラクターがページをめくってもめくってもドタバタ生き生き動き回っていて、おもしろ可笑しい。
読むというより見てるだけで楽しいと感じてくれれば嬉しいです。

小学生は本を読むのはどうしても女の子が多いといいます。
そんな中で男の子にも手に取ってもらえたらという願いも入っています。
ネットの情報は主に大人向けのものが多い中児童モノにスポットが当たる事はあまりありませんが、是非近くの子ども達に読んで(見て)ほしいなと思います。

こういった形態の本は児童書ではあまりない画期的なものだと編集さんは何度も言われました。
自身の中では自然にある形なのですが動物自体が描くのが大変と思われてしまうみたいですね^^。(私達は一番楽です)

最初、最終的にどんな形になるか皆が解らなくてドキドキしましたが無事形になってホッとしています。編集さんがブレずとても頑張って下さいました。
ありがとうござます!

二巻からは低学年のノリに手慣れたのもあってもっともっとパワーアップ出来るかと思います。
キャラクターがこれからも生き続けられますように。







cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年09月16日(日) 11:31 by Akira Himekawa [ Edit ]

サイトリニューアル

 公式サイトをリニューアルオープンしました!

シンプルで見やすく、かつ美しく、
月夜に6月のさわやかな風が通り抜ける、みたいな青がメイン。
更新はまだこれからのページも多いですが、少しずつ楽しみながら増やして行こうと思います。

訪問して下さる方が欲しい情報がすぐ見つかるように、と、
自分の趣味も楽しめるようなサイトにしていきたいです(*^^*)


最新情報の告知ですが、早速お知らせが。

ツイッターでは昨晩告知しましたが、6月16日(土)NHK23時30〜(一部地域を除く)
「東京カワイイ☆TV」とうい番組で流れるドバイのポップカルチャー特集で、「Gold Ring」が紹介されます。そこで姫川も取材を受けたので、仕事場の様子がちょっと映るかもしれません。

テーマは勿論ファッションで、ドバイの女性のおしゃれファッションや、
中東版メイドカフェなど、ポップカルチャーを紹介する中で、
話題になっているもののひとつとして、「Gold Ring」も出て来るみたいです。

なぜかTVに縁がある姫川ですが、ほんとは自分の顔が出るのは大の苦手です;
多分仕事場の絵が映ると思いますので、そっちを見て下さいませ(^^;;;)



そして、「竜は黄昏の夢をみる」の2巻が27日に発売されます!


アマゾンでは表紙がアップされて、予約が始まっています。
コミックジーンのサイトにもアップされました。
発売直前に再度告知しますが、ぜひよろしくお願いしますm(_ _)m





cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年06月15日(金) 02:34 by Akira Himekawa [ Edit ]

コミックジーン6月号発売

明日15日はコミックジーン6月号の発売。
「竜は黄昏の夢をみる」11話掲載です。よろしくお願いします!

と書くのもこれが最後。

先日もアップしましたがこの回でジーンの連載は最終話になります。
どうぞよろしくお願いします〜〜〜〜!



この物語はいろんな切り口で構成することが出来るのですが、
ジーンのバージョンはこの二人の絆のドラマです。

同居、となってその次ですから、本当はここに至るまでにもう少し欲しかったですね〜
仕方ありませんが
ひとつの結果には導くことが出来たかな…と。

最後のシーン描く時はさすがにちょっと感極まりました。

ジーンに連載するにあたって絵には悩みっぱなしだったのですが
初めて納得の行く自分らしい、こうしたかった、という絵に
100%ではないですけど、近づけたと思います。

今までは描くからには雑誌の読者の事も考えていたのですけど
申し訳ないのですがもう、今後に活かすために    という思いで描きました。


アダルト 色気  漫画の場合は等身大は「人間らしさ」がいい。
「キャラ」や「萌え」だけで描ける年代ではもうないみたいです。


この二人を世に出すことが出来て本当に良かった。


コメントなど、編集部にぜひ送っていただけたらと思います。
少しでも「声」が届くことが重要ですので!


この続きは生々しくまだ生きております。
そんなに遠くないうちにまたお目にかけたいです。



cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年05月14日(月) 21:50 by Akira Himekawa [ Edit ]

「シートン動物記」発売中です

 


「シートン動物記」絶賛発売中です!よろしくお願いします♡
(ブログの右→にアマゾンへのリンクがあります)

無事本にして頂き、担当編集Abe様、小学館の皆様有り難うございました!


昔から私達は「動物」を通した作品で仕事ができないかという思いがあり、
趣味でイラストや絵を長年描いて来ました。
漫画の仕事をやりつつ、何かと「こういうものを生かした仕事はないですか?」と編集さんに相談する事が多かったのですが10数年前は仕事に上手い形で繋がる事が出来ませんでした。
ですから同人誌やコミケで動物関係はずっと描いて来たのですが
2009年に上野の科学博物館に行った時、偶然シートン生誕150周年記念展開催予告看板を見つけます。

その時にガクマンプラスが学年誌の流れで創刊されこの雑誌の趣旨にぴったりではないかと思い立ち、編集部に提案させて頂いたところ、狙い当たって実現する事になり…

最初に描いたのが「サンドヒルのオジカ」でした。
意気込みはありましたが、いくら短編の小説でも22ページでまとめるのは難しかったです。原作はヤンがオジカを追うシーンが3、4回出て来ますがその時間の経過がとても重要で、ヤンが長い長い時間ストイックかつ執念をもってシカの足跡を追いかける。冬の森の静寂さや獰猛さ。最後のオジカとの対面に至る時のヤンの気持ちの変化と自問自答のシーンには哲学的な、けど決して難しくは無い、シンプルな文体が胸を打つ結晶のような物語です。
率直に言って今回の漫画でそれを表現するにはとても到らず、唯一敗北感が残ったお話です。学年誌の仕事は普通の漫画に比べて尺が短く、長い物を短くまとめる事が多いので結果「まとめ」の技術がついてしまったのですが、いくらその技術を駆使してもあの静寂の時間の流れを表現するには限界の枚数があったかなと思います。
(言い訳のようですみません;力が入り切らないと悔しいんですよね;)

なので「ロボ」はせめて前後編。48p。それでも多くはないですが、贅沢もいえませんので、狼の表情にはぜったいに魂込める意気込みで描きました。




しかし単行本に小さくなるとやっぱりギチギチだなあと;
一回余裕で空間を使ってストーリーものを描いてみたいです…(^_^;)ね。

「ロボ」の内容はあえて説明の必要がない位日本ではよく知られたお話です。
ですが、(以前も書きましたので2回目の方はざざっととばしてね)この仕事を始める前に改めて原作を読み返した時とても新鮮な感覚があったんです。

ここ10年位で3度アメリカに行って、それはもっぱらインディアンとオールドウエストがテーマの旅だったのですが(セドナも入れると4回ですか)
モンタナ、イエローストーン、グレーシャー、(オレゴンは2011年ですが)
それらを体験して原作を読み返したら「シートン」の物語からアメリカの自然と旧西部の日常感がすごく伝わって来て、それに感動したんですね。自分が子供の頃読んだ「動物のお話」のバックボーンはこれだったんだ。当時はそんなものほとんど受け取っていなかったことにもったいなさも感じ、再度受け取る事が出来た感激もあり、
「シートン動物記」は子供に向けて書かれた「名作」ものではなく、大人向けの普通の「小説」だったと改めて知ったわけです。


写真は2011年オレゴン州にて

漫画からそのオールドウェストの空気感みたいなものも少し伝えられたら…
と筆に込めて描きました。

「ロボ」はアンケートの結果が良かったというお話で嬉しかったです。
で、もう一本描いて単行本化することになりました。
「本になったらいいな」とは思っていましたが、このご時世に単行本にして頂ける事がラッキーです。小学館の学習漫画というシリーズでなかったら逆に企画を立てるのが難しかったと思います。

ガクマンプラス最終号に掲載されたのが「スプリングフィールドのキツネ」です。
このお話は30ページという尺に原作の量がちょうど良く、バランスのいい一本になったと思います。編集部でも好評いただきました*
しかし可愛い小ギツネが出て来ながらラストがうわあああ…な悲しさ(^^;;)
「泣いちゃう子がいるんじゃないの!?」という声もありましたが
原作が書かれた当時は「自然保護」の思想が出たての頃で、開発が進むアメリカ大陸でものすごい数の動物や自然が破壊されていくのを強烈に憂いていたシートン先生の気持ちが出ているラストなんだと思います。
今の私たちのまわりではTVでも動物番組は大人気ですし彼らと共存し、守るのは当たり前で、なぜこんな悲しい話を書くのか違和感を覚える読者がもしかしたらいるかも知れないとは思いましたが、当時の時代背景も知って、今のエコロジー思想にも繋がる経緯の大切なリングの一つなので、それを知って欲しくて物語が終わったあとの1枚をあえて描きました。

蛇足ですが原作を読んだ時「あれ、この話読んだことがあるような?」と思ったのですが矢口高雄先生の「マタギ」に出て来るキツネのお話が、この「スプリングフィールドのキツネ」がヒントなんじゃないかしら?と。勝手な想像ですが…。
ラストは違うんですけど更に壮絶です;
矢口高雄先生の漫画は「釣りキチ三平」はじめ長野の描く自然描写のお手本です(^^)小中学生の時一生懸命模写しました。


最後の「白いトナカイの伝説」は単行本のための描きおろしです。
本になると喜んだのもつかの間、ページが足らないということで40枚。
40ってけっこうな枚数です;
どれ(原作を)選ぶかで、面白そう…と思ったのがこのお話です。
「シートン動物記」では舞台がアメリカじゃないだけでもかなり異色な話ですが、読んだ印象がとてもビジュアル的で、絵とシーンが浮かんで来ました。
絵本になるかもしれない。自分達が描いたら面白いかも…
ということで選ばせて頂いた一本です。
なのでこのお話だけペンのタッチが違いますが、あえて密度を下げて「ユアナと銀の月」の“おおかみの国のユアナ”の時のようにアート感覚の方を重視して描きました。
ラストの狂気がかって走り続けるトナカイがなんとも怖いですが、こういう描写も昔はよく見たような気がするけど最近とんと見かけないんですよね。
本田の描くトナカイが個人的に大変好きなので、
彼女が描いたら絶対良いと思いリクエストしました☆
子供達がこれを読んで
「あの時読んだアレ怖かったなあ、今でも覚えてる」な一本になったら本望ですw

巻頭のイラストはその印象世界を描いたものです。
こういうテイストのイラストは本田はアマチュアの時山ほど描いていますが、
商業の方で発表出来る機会はほんとにそうそう無いので…。

リアルな劇画ではなく、幻想的な「アート」として動物を描けたのが、
この巻頭のアートギャラリーはとても有り難かったです。
何度も言ってしまいますが普通ありえないのでw;


白いトナカイ。

ロボ。

そちらもあわせてぜひご覧下さい!

最後になりましたがシートン先生へ素晴らしい物語を書いて下さった事と
未熟者ですが漫画で描かせて頂きました事に心から感謝を。

こちらの単行本を海外で翻訳する動きがあるのですが、私達の漫画が強いヨーロッパでは「シートン」は有名ではないので出来上がった本を読んでから決めたい、というお話だったそうで、それは意外でした。言葉の違う日本でこんなに「シートン動物記」が浸透しているのって不思議だな、という思いと、
日本人は自分達で思うよりも実は動物が大好きなんじゃない?と思ったりもするのですが、エンタメやアートの部分でも動物がもっとポピュラーになってくれたらいいなと日々考えます。

長い文章をここまでおつきあい下さり有り難うございました*
cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年02月12日(日) 23:26 by Akira Himekawa [ Edit ]

蒼の守護神

 

いきなりですがスケッチブックを見返してたら2010年に月刊ヤングジャンプで描かせていただいた「蒼の守護神」予告イラストのラフが出て来ました。
(本ちゃんの表紙にも使いましたね)
読み切りでしたが初の青年誌で原作者〈RYO〉とは「夜王」の倉科遼先生です。

絵はヒロインの美沙ちゃん。
(左上のが主人公の勇斗)
実は女の子描くのそんなに嫌じゃなかったりするんです(笑)
裸の曲線描くのも好きです♪ちなみに胸が小さいという設定もいいです♪

美沙ちゃんは嫌味の無いキャラで担当さんにもかわいいですねとおホメの言葉をいただきました(^▽^)ノ
この時の編集さんとは今でも続いていて、安心してやりとりさせて頂ける方です。
YJはどっしりと構えている本ですね。漫画家がよけいな心配をしなくていいといいますか…ただし実力がないと歯が立たないです。価値観が王道で、だからこそキビチイ^^;

そして「竜は黄昏の夢をみる」の連載が始まった時や今回単行本が発行されたとき必ず「おめでとう」メール下さるのがもうなんか感激なのでした;。
(一回読み切り描いただけなのに!)
自分が実力的に自信がまだ無くて、YJはどこか気後れしてしまっている所があったのですが、
「ジーン」の連載が始まっても「月一の連載は大変だと思いますがネーム待ってます」と言ってくれるってありえねぇ〜〜!
それがたとえ単なる挨拶であったとしても心強いものです。
「もう自分なんて忘れられてるよね」とかどっか気が弱くなってますから;

うんっ!やっぱりここ頑張る!
踏ん切りつけた




主人公の勇斗。性格は高校男子らしいやんちゃな設定。
しかしどんなキャラクターにするかで結構悩みました。
このラフを描いて「うん、こんなヤツかな」と決めたのですが


↓もっとお調子者っぽくても面白いかも?とも思いましたが「高校生男子にとって等身大」だとやはり↑の方がいいのではと担当さんと相談し、実直で、スマートじゃないけど美沙ちゃんには一途な少年になりました。
クライマックスの決めはグーで粉砕w やっぱ男は最後は拳だね〜☆


絵的な事も勿論大事なんですが、そのベクトルが
ハートとかスピリッツがどこに向いてるかが男漫画の肝心なとこな気がします。


cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年02月09日(木) 01:48 by Akira Himekawa [ Edit ]

謹賀新年2012

 明けましておめでとうございます。
(と言い切っていいものか考えてしまいますが)
こうして無事年を越せた環境に感謝しつつ…。

昨年は本当に沢山の仕事、それを支えてくれた方達、そして影から応援をしてくれた人達にすごく支えられた事を実感します。
本当にありがとうございました。

年末ラストまでなんとか走り続ける事が出来ました。
今年はもう一歩「漫画家」として余裕を持って安定飛行出来るポジションに行きたいというのが目標です。
昨年の目標は2007年くらいからあって、それはいろいろ穴抜けではありますが年末には取りあえず達成出来た、と思うのでした^^。

昨年は多くの挑戦と迷いと悩みとの連続でしたが
今年も引き続き、考えた事はきちんと形にして行けたらいいなと考えています。
相変わらず一歩一歩地道な作業です。漫画は。

どうぞ今年一年よろしくお願い致します。


姫川明月


cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年01月01日(日) 19:22 by Akira Himekawa [ Edit ]

期間限定無料配信

 コミックターミナルで姫川のなつかし漫画を購入して読む事が出来ますが、

その中の「ヒウリ」という作品が、
Libura(ライブラ)というサイトで11月19日までの期間限定で一巻まるごと無料で読む事が出来ます。
(下にスクロールしてもらうとあると思います)


ヒウリは予告本を復刻したばかりですが、最近ヒウリの話題が多いのはなぜかしら


久々に見ると気絶しそうなほど恥ずかしいんですけど(恥)^^;

制作は1987年ですが、その当時から「レトロな漫画」の異名(?)を取っていましたので(笑

以前にも少しばかり書いた記憶がありますが、当時は超本格的な劇画が全盛の時代で、
それに閉塞感を感じていた我々は自分が幼い頃好きで読んでいた昭和ストライクの少年漫画のオマージュ的意味を込めて、「マンガは楽しくないと!!」をモットーに作ったエンタメ創作同人作品なんですね。
なので これ、あれのパロディ?みたいなシーンがそこかしこに出て参ります;
特に一巻はそれが楽しくて悪のりが少々ありますけど…(諸先生方すみません)←今頃;

2巻3巻と続いていくとだんだん本気になって来て(爆)
シリアス度が増してまいります。
そうするともっと自分を投影出来るオリジナル色強いものがやりたくなり、
だんだんヒウリだけでは気持ちがおさまらなくなってきて
「焔は風の名の如く」を作り、商業に以降していくのですが、
マンガって…描き続けて行くとだんだん本気(マジ)になってきてしまう魔力を持っているものなのです。
その魔力にはまって未だにこうしてマンガを描いている訳なんですけど…

その歴史の最初の作品です。
今とはまっっったく画風が違いますが、その違いも含めて楽しんで頂けたら〜〜〜っと…^▽^;

で、面白いかも と思ったら
コミックターミナルで続刊をポチってみてください




cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2011年10月20日(木) 20:18 by Akira Himekawa [ Edit ]

更新情報

NewsにドイツAnimagiCの件をアップ。
描き下ろしたポスターの大きめの画像をアップしました。
左のコンテンツ〈News〉のアイコンからどうぞ☆

夏コミの新刊「月誕祭」の通販を開始しました!
トップページの右のショップバナーからどうぞ。
cetegory : NEWS/発売情報 ✤ - ✤ - ✤ -
2010年08月20日(金) 12:37 by Akira Himekawa [ Edit ]