「ゼルダの伝説」シリーズコミック化復活!!

2015年今年、7年ぶりに「ゼルダの伝説」シリーズのコミック化が始動します!

1998年から縁を頂いている任天堂の人気ゲーム「ゼルダの伝説」。

NINTENDO64ソフト「時のオカリナ」のコミック化が小学館の学年誌5年生6年生で始まり、2008年「無幻の砂時計」まで計10冊を発売に至りました。その「ゼルダ」コミックは描かれて10年以上経った現在でも日本はもちろん海外、アメリカを中心にヨーロッパ等で人気があります。


80年間続いた歴史のある小学館の学年誌・小学五、六年生が2009年度末をもって休刊してからコミック化は休止状態になり、ゼルダ25周年記念の「ハイラルヒストリア」の読み切り短編を除いて、単行本化に至るような連載は無く、この7年間沈黙を続けました。


その間、国内外の読者様からコミック化続行のご要望が、毎日の様にメールやイベントを通して姫川の元に届いて来ていました。

「ゼルダの伝説」は様々なタイトルがあります。そのすべてがコミック化される訳ではなく、その時のタイミングや様々な条件によって決定する事でもあります。

前からよく言っている事ですが、学年誌という媒体は小学生に限定されるものでしたが、毎年読者が新学年を迎え、送り出す一年間というサイクルが「ゼルダの伝説」と上手くと歯車が合い、一年に単行本一冊というコンスタントな流れに助けられて、短くも長くも無い「10冊」というパッケージにまとまったのは、時代や流行に左右されず、取っておくのに場所も取りすぎず気楽に引っ張り出して負担無く 読める漫画として、お陰さまで良いシリーズが残せたのでは思っています。


 

▲アメリカViz mediaのボックスセットです。

10冊ってパッケージに丁度いい♪日本でもBOX化されたらいいのにな…^^


その後、学年誌が休刊後にもコミック化は精力的にアプローチを試みて様々な動きや行動をしましたが、なかなか歯車が噛み合わず、ここまで実現化には至りませんでした。

 そして今年いろんなタイミングや場所も整えて頂き、漸く7年ぶりのコミック化が実現する事になり久々の感覚に嬉しくも少し緊張気味です^^。

( 今が個人的には新しい漫画が始まるベストタイミングだと感じています。「ゼルダ〜」はその「時」が来るまで形にはならない自然の摂理パワーが働いていて、�任天堂�の名に相応しくまさしく天にお任せです。)



2008年、日本国内ではコミック化は一旦終了し、私達もひとまずここでゼルダから離れ、オリジナル作品やUAE発の漫画(Gold Ring)等の仕事を続けていた中、アメリカ版(Viz Media)の翻訳出版が漸くアメリカで発売されたのを皮切りに、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン等でも発売され、それを機に海外イベント等によく招かれる事になりました。その現場で任天堂のゲーム及び「ゼルダ」が海外で絶大の人気を誇り、ファンがこんなにも多い事も知りました。

それに伴い私達のコミックも大変歓迎を受けました。日本国内では当時は�コミカライズ�というと、オリジナルの作品に比べてどこか軽く見られたり扱われる風潮がありましたが、海外はそんなことは全く関係なく、同列な�アート�として存在を認める風潮があり、クリエイティブワークとして評価を頂いたのは、当時色々と迷走していた漫画家生活でしたのでとても自信に繋がったものです。たしかに例えばアメコミでは「スパイダーマン」や「バットマン」等、お馴染みのヒーローを何人もの方が描かれていますよね。「ゼルダ〜」というメジャーなタイトルのアーチストの一人、という認識を持って迎えて頂けたのは、私達にとってはかけがえのない財産だと思います。

そして、そこでも海外ファンの方から次なるタイトルのコミック化の要望を強く聞く事になりました。


正直自分に言われても仕方が無いので…と困る事しかりw;…任天堂さんと出版社さんに要望して下されれば…とその都度お返しする事数百回。個人でも何もしなかった訳ではなく事ある事にオファーをし続け、任天堂さんにはコミカライズに関して前向きな回答を頂きながら、ならば出版社へ連載の申し入れをしても様々な事情でなかなか実現化せず却下の悪循環。

そのどうしようもない板挟み感から精神的に辛くなり少々嫌気がさしてしばらく「ゼルダ」から距離を取っていたときも正直ありました。


漫画の良さは「いつでもどこでも手元の近さでキャラ達との経験共有が出来る」良さにあると思います。

ゲームは「遊ぶ」という楽しさですが、漫画は読者の生活圏内でキャラに気楽にいつでも会える、という事の大事さが必要であると考えました。

「こんなにもリンクやゼルダ達と皆会いたいんだなぁ」「何とか出来ないか…」。

自分の為というより、ファンの方達に「そこにいるんだよ、ゼルダ達は」という環境を再度持てないだろうか…。嫌気がさしたと言いつつ、やはりいつも考えている自分達がおりました。(キャラクターの事を常に考えてしまうのは漫画家の性(サガ)ですね)


そんな時に2014年E3の任天堂発表で新作の「ゼルダ」の動画が流れ、2Dのアニメっぽい画面で弓をつがえるリンクを見た時に…自身の一番近いDNAを感じ、この先きちんと向き合って共に歩んで行きたいと強く感じました。

プロデューサーの青沼さんとは年齢も同期ですし、こだわりや言わんとする狙いがほぼ一致する感性があって、話してると時の経つのも忘れて作品の拘りを語り合うのはとてもリラックス出来ますし、その立場の距離感もわかります。

ゼルダは海外だけのものじゃない、日本でこのタイトルを盛り上げる為に自分達も何か出来ないかな?


仕事として受け身で請け負っていったゼルダのコミックですが、気がつけば17年間…漫画家生活のほぼ3分の2を占める時間を共有している事に気がつき、ならばこのまま積極的にこの先も関わって行こうと、昨年受け身から能動的に参加して行く事を決意しました。


この先漫画家として描ける時間は今まで通り過ぎた時間より遥かに短くなります。

身体もよく壊すようになりました。時間が足りないなぁ。頭の中のイメージを出来るだけ多くの作品に残したいな。

こうなるともう運命共同体、乗りかかった船、

ゼルダも自分の作品である!と言えるくらい頑張ってみよう!と昨年の夏に自分の気持ちをついに固めたのでした。


まだまだチャレンジを続けます。


どうぞよろしくお願いします!!!




cetegory : ゼルダの伝説 ✤ - ✤ - ✤ -
2015年07月02日(木) 10:00 by Akira Himekawa [ Edit ]