久々なブログ

 うわ〜っ
又ここが放置です!リニューアルしたばかりだというのにw。

お久しぶりでございます。ツイッターも放置ぎみですみません!

現在姫川は精力的に仕事中です。

今頂くご依頼が本来のやりたかったものが多く有り難いです。
「動物が描けるので」という形で依頼を受ける事が本当に多くなりました。
昔はそれが仕事に繋がる事はほとんどなかったのですが;
今はそれが武器になる時代なんですね。
四つ足でキャラクター化となるともう中々描ける人がいないという事で、集中しているかんじです。

今年「シートン」の単行本を出してからも
シートンさんの仕事が増えました。
今年他に二つシートンさんあります。

それから趣味で動物のイラストを長年描いて来ましたが
それが生きるお仕事も。


今年前半とは空気が違う印象を肌で感じています。
なにがしらの手応えや必要とされてるんだなぁという感じが何となくひしひしするんですね。
何でも編集部が「売りたい」「出したい」と思わないと良い形で外には出られないという実感があります。
昨年から今年前半は必要とされる感じが全くなくて、随分自分達しょぼい事になったなぁという感じを受けつつ仕事を進める事も多かったのですが、そんな中でも自分のやりたい事は形にして行くよう頑張り続けたのですが、それが別の場所で今に繋がっているんだと思うんです。

「必要とされる」事が出来てはじめて「人の為に頑張れる」と言える訳で。
やっただけ手応えを感じられる、それを受け止めてくれる場所があるのはすごく未来のやる気に繋がる訳です。

シートンの漫画化をしたいと希望して企画を小学館に話したのは自分達ですが、それは生まれて間もなく動物を描き始めて今まで自然に動物の絵を描いて来て、それを得意とする自分達の使命じゃないかしら位に思ってのことなのですw(実は)。

アメリカ旅行が特別な思いがあるのも実はそうしたシートンの世界観、その先の自然観などが自然に自身の中に存在していた事なんだろうな、などと最近は疑わないのですね。

企画を通すのは本当に難しくて誰かの気持ちを動かさないと通らない。
特に初めての事は本当に難しくて、特に動物に関しては日本の方のイメージがあまり良いイメージの想像ができなくて、ゆるキャラものに流れてしまったりマスコット的なもの、じゃなければ劇画というイメージしかもたれなくて中々カッコいいものに繋がらなかった。
そのカッコいいラインを自分達はやって行きたいと主張を昔から続けていた訳なんですが、それを見た事も無い人には形にするにはほとんど無理な事がずっと続いていたのです。

それだけに編集さんのキャパにかかっているという事で。
それが今年はそのあたり価値観を求めてくれる人が何故か周りに多くなりました。

本の形にして行く事がやはり大切と信じてシートンは頑張って描いたのですが、編集さんの頑張りもあって無事単行本の形になった事が、次のお仕事4本引き寄せてくれました。
皆「動物が描けるので」と依頼に必ずつくのですが、昔と今を繋ぐ世界を自分達の漫画や絵を通してじわりと浸透させて行く事が出来るんだなぁという、どこかぼんやりしていたものが確信に変わって行く事を実感していく嬉しい今年になっていきそうです。


と言う事で動物以外もいろいろ進行中。
今年と来年は猛烈に頑張ります〜。
身体も気をつけて^^。







cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年08月04日(土) 15:49 by Akira Himekawa [ Edit ]

ファンアート/その3

 先月の企画で頂いたファンアートの発表から、その後もいくつか頂いていますので、
〈その3〉の板を作りました^^*

では、さっそくまいります!





りんくさん
8話のタキシード姿の二人を描いてくださいました。
素敵麗しいです!!♡♡
TJのガッツリイラスト、ちょっとクラリ…ときました(*^^*)
お花が。お花がすごい!!
from「竜は黄昏の夢をみる」




けなりさん
「ムジュラ」の旅人さんと「竜は〜」のスカッドです。
カッコイイ!
なんだか映画のバディものみたいな想像をしてしまいました(^^)
アクション巨編だったりして**
from「ゼルダの伝説/ムジュラの仮面」+「竜は黄昏の夢をみる」





神野奈緒さん
キヤと白狼。
かわいい〜味のある和テイストがなんともいいです!
さすが爬虫類がお好きなだけあって、爬虫類独特の可愛らしさがよく出てますね。
目だったり、口だったり^^
もうひとつの作品世界が広がりそう。
from「竜は黄昏の夢をみる」





城間ゆきこさん
オリジナル絵を送ってくれました。動物や竜がお好きだそうです*
神秘的で迫力がありますね!
暗闇から光に向かって勢い良く飛び出して来る感じですね。
躍動感あっていいな。





おめ絵に限らず、ファンアートいつでも大歓迎です***
頂いたらこの板に追加していこうと思っています。

作品とキャラと作者に愛を有り難うございます**

cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年07月09日(月) 01:24 by Akira Himekawa [ Edit ]

ファンアート/その1

6月19日の本田のバースデーに、ツイッターでファンアートを募ったところ、
ビックリするくらい沢山のイラストを寄せて頂きました。
ありがとうございました!。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
ツイートでも書いたのですが、以前は、特に学年誌は編集部に届く手紙に必ずと言っていいほどイラストが同封されていたのですが、ネット環境になってからこちらに届く絵がほんとに数少なくなりました。でも、漫画家は読者の方にイラストを送って頂くのはいつでも嬉しいものです。

漫画家は常に読んでくれる人達に喜んでもらえる事を頭に置いて描き続けます。
特に児童漫画はそれが顕著になります。
子ども達が楽しめるように、「ゼルダ」を描く時はゼルダのファン方が喜んでくれるように、一般誌で描く時も勿論同じ様に、一生懸命描いて来ました。

提供する側の仕事なので、本来いただく、という発想はありえないのですが、
この12年の間にとても便利なコミュニティツールが発達して作者と読者の距離が凄く近くになりました。そんなタイミングもあり図々しいお願いなんですが思い切って呼びかけてみることにしました。

皆さん巧みにオリジナルの部分を拾ってくれて凄く見てるな〜と嬉しくなりました。気持ちが伝わる。

こんなにおめでとうを言っていただいた誕生日はなかったんじゃないでしょうか。
どんなケーキより嬉しいよ〜〜〜

みなどれも力作揃い!一昼夜くらいの短い時間でよくこんな描き込みを…と、感心します。
オラとても一日でこんな絵かけねーだよw

では、一挙ご紹介いたします!****



ゆのすさん
6月の花に囲まれたキヤの表情がエキゾチック可愛いです*
爽やかな初夏の風を感じます!
葉っぱの中にちっちゃいリンクとナビィが^^
カワイイですね♪
from「竜は黄昏の夢をみる」



sivnaさん
力強くて元気なリンク!
ばっちり決まったポスターのような絵ですね。
目線がグっとくるなあ。光がまぶしいです**
from「ゼルダの伝説/ふしぎの木の実・時空の章」




Linkさん
以前に描いた絵を送っていただきました!
リンクとサリア。ふたりの目線があったかくて優しいな。
年は離れるけど、永遠の幼なじみ*ですね。じわん。
from「ゼルダの伝説/時のオカリナ」




マルさん
おおお力作!あの短編世界を見事に一枚のイラストにしてくれました。
旅人さんの服の裾の流れがなんかニクイですw
構図、色使い、ディテール、どれもすばらしいと思います*
from「ゼルダの伝説/ムジュラの仮面」




姫森さん
ガルとキヤのコラボ絵です*
楽しいハロウィンパーティのような、生肉にローソクが…w
切り分けるのはどっちなんでしょうかw
ところでこの二人遠い親戚のようですね;
from「ルウ・ガル」+「竜は黄昏の夢をみる」




原恵美さん
オリジナル絵ですね。色使いがシンプルだけど綺麗です*
繊細な少年の心の風景。
こわれていきそうな儚い銀河。君の手の中に無限の宇宙。





みのりさん
うわ〜、リンクが両手一杯のハートをくれました。
ありがとう!
笑顔にとても癒されます^^*
やさしさがストレートに伝わって来ますね♡
from「ゼルダの伝説/時のオカリナ」





きむこさん
原作にはまだない、なんだかとっても仲が良さそうな二人♪
キヤの表情が元気でとっても明るくて、またイイです!
TJも優しそう^^
鉛筆で丁寧に気持ち込めて仕上げてくれました*
from「竜は黄昏の夢をみる」




人夢あやなさん
繊細だけど力強くて、カッコいいです!
クールな色使いとやさしい表情。キヤ、なんかいい男っぽい♡
きっと仕事もデキるようになっているにちがいない。
後ろのシッポのくるりん具合いいですねw
from「竜は黄昏の夢をみる」




清水杏里さん
沢山キャラを描いてくれました* なんとカムカム王子までw
左端にいるのは「ヒウリ」の姫丸!
from「竜は黄昏の夢をみる」「グライディングREKI」「ヒウリ」
「ゼルダの伝説」「ユアナと銀の月」「ルウ・ガル」





とどめさん
ゼルダ姫のうるんだ瞳。涙が紫陽花にぽとん、と光る雫になるのかな…
清楚さが引き立ってて素敵です*
ヘッドドレスが風に揺れてる所に気持ちが出ていてキュンと来ます。
from「ゼルダの伝説/時のオカリナ」




紗夢(さゆ)さん
キヤに花束もらってしまった(^^)
野原で一生懸命摘んで来てくれたのかしらん。
そんな気持ちがこもった優しい表情がなんともいえません〜。
from「竜は黄昏の夢をみる」




のぞみさん
シャドウリンクの、素直じゃないけど何か言いたい事がありそうな微妙な表情。
活き活きしてて、描き慣れている感じがします♪
なんて言ってるのか、気になる^^
from「ゼルダの伝説/4つの剣+」






木住野さん
なんというツンデレw
じゃなくてw高貴な人の肖像画みたいでふつくしいです*
木住野さんも最初に知ってくれたのはガルですもんね。
昔の作品もこうして年月経っても覚えていてくれるのって嬉しいです(*^^*)
from「ルウ・ガル」






れにこさん
これは連載当時の絵柄のガルです!すごく感じ出ています。
自分は逆にこの絵はもう描けないかも…。
ふしぎな感覚です。
筆画で描いてくれました。渋カッコいい。
from「ルウ・ガル」






ゆかたさん
マロンとエポナですよね?とてもメルヘンで絵本みたい。
癒されます**
「ゼルダの伝説」




魁 奈唯さん
盛大に祝って祝って頂きました!
乾杯の準備もできてるぞ。
ガンティ/レバン/ローロとオリキャラでありがとう〜♪
from「ゼルダの伝説」







香芽子さん その1
もうひとつガンティとローロ!
ローロがガンティの仲間だったりすると面白いかも。
うん、描いてみたい(^^)
from「ゼルダの伝説/神々のトライフォース・時のオカリナ」


香芽子さん その2
竜形態のキヤ。力強いです!
from「竜は黄昏の夢をみる」

香芽子さん その3
ユアナとカスパー from「ユアナと銀の月」
ほかにもたくさん送ってくれました。ありがとう!








河田映介さん
うお、かっこいい* 曲線の伸びが気持ち良くて素敵です!色もナイス。
作品世界をご自分のテイストで上手く表現してくれました。
キヤの涙がポイントです。
from「竜は黄昏の夢をみる」








夕丘さん
色も描線も優しいですね*
さり気にこっちを見ているカルスの表情が味がありますw
from「ルウ・ガル」「ゼルダの伝説」






いるかさん
カワユス〜〜♡ステキです!パーフェクトですね!
これで絵本が見てみたいです。
みなさん「ゼルダ」の中でも巧みにオリジナル部分ピックアップして下さってて
感激するですよ…。
from「ゼルダの伝説/ふしぎのぼうし」


↓ひきつづき その2 へどうぞ↓
cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年06月28日(木) 17:44 by Akira Himekawa [ Edit ]

ファンアート/その2


彩さん
色使いが綺麗!***ちょっと生意気くんなキヤの表情がいいですね!
ちびリンク…なんともかわいい(*^^*)
from「竜は黄昏の夢をみる」+「ゼルダの伝説」






かざみそさん
やんちゃ坊のキヤ、カワイイっ♪ 
チビキャラでいいからTJもかいて〜♪♪←贅沢
from「竜は黄昏の夢をみる」







風樹さん
キヤの優しさが表情に出ていて、愛を感じます!
LOVEがキヤの代名詞♡
from「竜は黄昏の夢をみる」






waka_teaさん
きれいどころ3人娘♪
ケーキにリンゴに花束にプレゼントいっぱい頂いちゃいました(*^^*)
from「ゼルダの伝説」+「グライディングREKI」







mati.さん
わ〜!すばらしいです!*
ムジュラ世界まんまな妖しい誕生会w
リンクの台詞「あ、アンジュさん、ケーキとってもおいしそうなのに
食欲がわかないんですけど」とかなんとかw
冗談は抜きでイチゴがほんとに美味しそうです。
チンクルのチョコレートは一体どこから食べようか悩みますねw
from「ゼルダの伝説/ムジュラの仮面」






てゐなちさん
絵にメッセージをありがとうございます!
アンジュさんのケーキを分割したレッドだったりして…w
ギラヒム様はまだ公式漫画で描いていないので(許可的に)描いていいものか、ですが
そのうち、こそりと…、とか…w
from「ゼルダの伝説/4つの剣+」






トミシマさん
弓をつがえる勇者。
完成したらカッコいい絵になりそうですですが、
ラフさもよいですね*
from「ゼルダの伝説」





川田梨沙さん
以前描いた絵を送ってくれました!
なんだかピカチュウがとってもかわいく見えるのは、
リンクの笑顔のせいかな〜〜(*^^*)
from「ゼルダの伝説/時のオカリナ」





ゲツヤさん
ポップでかわいい!
二人の表情が明るくていいですね〜〜楽しくなります♪
姫川二人も描いてくれてありがと〜(^^)
from「竜は黄昏の夢をみる」+「ゼルダの伝説/ふしぎの木の実」






さっとんさん
笑顔がとっても素敵で賞!
こちらも思わず笑顔になります*

from「ゼルダの伝説」








宙風 奏さん
おデコに手を当てて…小さな恋のメロディが♡
二人の間にはどんなストーリーが…と想像してしまうステキなイラストです。
ぼうしナシの子どもリンクは新鮮ですね*
小さい時からちょこんと結んでたのかな。かわいいな。

from「ゼルダの伝説/時のオカリナ」





ハリマさん
サプライズパーティをしかけてくれたような、
いたずらっぽい表情のリンクと、なぜだか彼の友達のようなキヤ♪
表情が活き活きしてます!

from「竜は黄昏の夢をみる」+「ゼルダの伝説」






♨マークさん
クライマックスシーンですね!
でもなんとなくガノンさん、いい人っぽい…
♨マークさんのお人柄でしょうか(^^)

from「ゼルダの伝説/風のタクト」

(※姫川は「風タク」の公式イラストは描きましたが漫画は描いていません。

「漫画あるの?」と思われたらいけませんので書かせていただきますね。

すみません。)







公上さん
オリジナル絵ですよね。お花をくわえたユキヒョウさん。
美しいですね!
こんなきれいな獣に出会いたい。






獣牙広さん その1
子犬(?)時代の白狼。だったりして(^^)
絶対マテとかスワレとかしなさそうww


獣牙広さんその2
怪物化してるのに目がいまにも泣きそう;なのがHEROさんらしいです(^^)
しかし力強いわ!
from「竜は黄昏の夢をみる」






めいちゃんさん
アメリカから参戦!
グフーのしっぽ(?)がモフモフだったとはw
シャドリンもかわいいです〜〜〜*

from「ゼルダの伝説/4つの剣+」






ちあきんぎょさん
お兄さんのヴィオに、やんちゃ弟のシャドウ、みたいな、
二人の間にある空気が兄弟のようないい関係で、
とてもほっこりします(*^^*)

from「ゼルダの伝説/4つの剣+」








うらららららさん
とってもパワフルな「木の実」世界のイラスト、元気が出ます*
ナイスバディでオトコマエなディン。
「よっ!」とか言ってくれそうです♪

from「ゼルダの伝説/ふしぎの木の実・大地の章」








Q-nineさん
以前描いた絵を送ってくれました^^*
リンクのまゆがりりしいです!

from「ゼルダの伝説」







あいのすけさん
ほっこり〜、リンクと一緒の女の子はあいのすけさんです。
リンクとプリクラ♡みたいですね!
こら、勇者、どさくさに肩に手をまわすんじゃないぞw

from「ゼルダの伝説」







りえさん
とってもキュートなエプシロンさんです。
「アストロボーイ」の華でした*

from「アストロボーイ/鉄腕アトム」







砂姫さん
わおお〜
レグをこんなにイケメンに描いてくださってありがとうございます!
ほれぼれします*^^*
from「THE WILD LEG」






佐藤うなぎいぬ藍水さん
素敵です!ルイセルが来るとは、びっくりでした。
こんなに大きなバラの花束もらってみたい〜〜(^^)
from「THE WILD LEG」







カトーさん
ひょっとしてうごメモで描かれたんでしょうか?
ふしぎな味のあるローロです*

from「ゼルダの伝説/時のオカリナ」






NHEIRAさん
うほ。いかにも黒そうなダーリン!w
これはネイラ君のコスプレだと信じてうたがわないw
ちなみにネイラ君は一年前から「竜は〜」ほかでアシストをしてくれている
ドイツのイケメン漫画家さんです☆

from「ゼルダの伝説」










とーるくん
ガルの世界ばっちり!☆
当時リアルタイムで読んでいてくれたんだよね。
とってもとーるくんらしい一枚です(^^)
短い時間にこんな手のこんだ絵を、ありがとう!感服です。
(どーしてもさんづけで呼べなくて一人だけくんですがおゆるしを〜^^;)

from「ルウ・ガル」








はのんさん
最後はレバンさんで締めていただきました♪
野の風に吹かれているような、とっても彼らしい色ですね。
漫画ではレバンのカラーはないのに、イメージがそのままです。
ありがとうございます!

from「ゼルダの伝説/ふしぎの木の実・時空の章」




*****

今回、多くの方が絵に添えて、姫川との出会いや、今のご自分の状況をコメントしてくれました。月日は経ち当時小学生だった皆さんが、今は色んな道を歩いている、大学生の人、社会人の人、目標に向かってる人、成人したばかりの人…

小学生の時に、姫川漫画、多くは「ゼルダの伝説」ですが、がきっかけで絵を描き始めました、というコメントがいくつもあって(イラストを見ていると)この絵のルーツのひとつに自分が関わっていると思うと感慨深いものがあります。

これからも、それぞれのカタチで、絵を描く事を楽しんで下さいね。



参加をして下さった皆さん、ほんとに有り難うございました!
cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年06月21日(木) 17:44 by Akira Himekawa [ Edit ]

ありがとうございました

NHK「東京カワイイ☆TV」放映、無事終わりました!

視聴して下さった方、ツイッターやメールでメッセージ下さった皆様、

名古屋まで足を運んで取材に来て下さり、
素敵面白い編集で紹介して下さった番組スタッフの皆様
有り難うございました!
編集に愛を感じました

ツイッターでリア友やお知り合いがみなさん放映中に呟いてくれて
嬉しかった*゚。+(n´v`n)+。゚*


そして日頃から姫川を応援して支えて下さる皆様
有り難うございます。
これからも漫画制作に頑張ってまいります。


本命の仕事でこれから修羅場モードに入りますので、
潜ったり出て来たりになると思いますが、
時間を見つけて番組の事はまた まとめて、記事をアップしたいと思います(^^)/
cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年06月17日(日) 12:53 by Akira Himekawa [ Edit ]

待機

今日は梅雨の谷間で窓から見える緑があざやかで綺麗です。

「竜は黄昏の夢をみる」2巻はカバーの色校正作業が終わり、もうすぐ本文青焼きのチェックが来ます。もうほとんど27日の発売を待つばかり。

そういえばTV放映も待機です。
詳細が解禁になったら書きますね。
自分が出るのはホントに恥ずかしいんですが、いろいろPRになるのでそこはそれ…;


そういえば、サイトも今リニューアルを考えて色々と検討中です。
この仕様にしてからもう5年。早い!
もうそろそろ新しくしたいな〜と思っています。





cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年06月10日(日) 11:23 by Akira Himekawa [ Edit ]

単行本作業

 単行本の作業中。
カラー入稿しました!

終わってから本調子出た!みたいなかんじでちょっと悔しいです^^;。
なんか連載中は逆にカラー調子が悪くて迷ってばかりでしたもの…。
というかカラー一枚描く機会無かったものでw。
(REKIはカラーしかなくて…なんでうちはこんなに極端なのかなw)
終わると決まって自分に立ち返ったら絵のイメージがよく浮かぶw。

自分で言うのも変ですが、なんか今調子がいいです。
あとは仕事が上手く行きますように。





ところで本日22日いきなりTV取材の申し込みがありました。
そしてその電話を切った瞬間に又別件で電話。
テーマはふたつとも同じもの。

すごいびっくりした!


あ〜〜全国ネットだ><;

いろいろ気が重いなぁw。



でも単行本発売の前のオンエアだからこれはラッキーですね^^。








cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年05月23日(水) 03:33 by Akira Himekawa [ Edit ]

「竜は黄昏の夢をみる」一区切り

突然ですが、コミックジーン連載中「竜は黄昏の夢をみる」の連載が5月15日売りで一区切りつく事になりました。

6月27日に発売される2巻で一旦まとまる形です。


突然の告知でびっくりされる方もいるかと思いますが、「最終回」という言葉がどうもしっくり来なくて、担当さんに「次号で最終回!」という言葉は何とかなりませんか?とお願いしたのでした。


でも「次はクライマックス〜」とか「いよいよ核心!」みたいな別の表現で、と話していたのですが、結局10話のアオリには何も入らず…突然最終回!みたいな形になってしまい少し焦りました…w(^^;)大変申し訳ありません。



連載を応援してくださった皆さん1年間ほんとに有難うございました!!
続きを楽しみにして下さってる皆さん、力不足ですみませんm(_ _)m

いや…その筋の方々にはほんとにごめんなさい;でも実はこのケモノの世界はまだまだ続くんですね!

こういうお知らせってなんか悲壮感が漂いますが、もう気持ちの処理(?)はついていますし、次の展開の心の道筋は出来つつあります。
聞いた時は落ち込んだんですけど
今は平常に戻って元気はいっぱいでパワプルです(^^)
(このあたりの落ち込みっぷりから復活の物語wは又2巻が出た時にお話ししますね〜。
絶対作品をダメにしない執念でしょうか^^;)


なので、私達の間では、「ジーン編の終了」と言ってます。


終わった理由は本当に色々とありますが
私たちはコミックジーンという雑誌、読者年齢と完全にズレていたということかなあ…と。

中二の等身大中学生女子ターゲットはそりゃ分野外w。

なので、ここで描いていて、すみませんな気持ちが何故かずっと切れなく…。

(しかし作品自体は信念持ってる)

このあたりのすれ違いはきちんと2巻が出たら又お話しします。

ジーンは一年経った今はコミカライズと若い作家で構成して行く雑誌であります。

そしてさらにその流れは強化されて行くと思います。
実は創刊号という事でどんな雑誌か解らなかった所もあり…。
ここに入ったいきさつ等は又後ほどしますね。


私達も年齢格差にこの雑誌と区切りがついて、描くものが等身大の場所にシフトすることに実は正直安心する所もあり…^^;。


ジーンで今描かれている若い作家さんにはこれからご活躍、がんばって下さいね。
p(*^-^*)q ♪
普段は交流出来ないような若い方達と、twitterやイベントなどで交流出来たのはとても楽しい一年でした。
(大人になって大学に入り直してキャンパスの学生とランチするみたいなw)


とにかくこのご時世で単行本の2巻まで出して下さるというのは大変ありがたいことなので、編集部には1年間お世話になりました!と申し上げたいです。
(この言葉がわだかまり無く言える状況になっていて本当に良かった!)

ジーン編はこの2冊でお楽しみ頂けたらと思います!一応キヤとTJの二人が出来上がったところで区切りになっています。


あんまり普段弱音は吐きたく無いのですが、終わりと聞いた時はさすがに堪えて、同時に体調悪くしていたのと重なり、起き上がれなくなった時期があって担当さんにはご迷惑をおかけしました。(デビュー以降初の減ページやったし、〆切りのばしてもらったり)


でも今は元気な事には訳がありまして、
実は地下では次が動いているという事でしょうか…^^。
自分達次第ではありますが…。頑張ります。

なので是非次の作品が又表に出る事を楽しみにして下さると嬉しいです!


上手く行きますように。




と、いうわけで
15日発売のコミックジーン6月号はよろしくお願いいたします!
TJとキヤの二人の絆が自然に描けたとお気に入りのラストです。

で、よろしかったら 編集部になんでも一言お声を送って下さい*
単行本待ちの方はぜひ発売同時、直後にお買い上げくださりますと嬉しいです!助かります!今後の為にも。

単行本は今月絶賛作業中。
連載は終わりましたが6月から新たなスタートを切って行きたいと思っています。

先日身内の打ち上げ会もして気持ちデトックス出来てます!

は〜〜っいろいろ終わった!(こんな事ばかりですね、今)

今月は新たな取り組みです^^!!!


体調の悪化が重なって、描き上げる、というモチベーションが下がるワードはなるべく避けたいのもあり、告知がぎりぎりになりましたことご理解くださいませ。

ブログいじっていたら下の↓続きを読む が消えなくなっちゃったんですけど続きはありません(^^;)
まぎらわしくてスミマセン〜〜;

cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年05月13日(日) 03:15 by Akira Himekawa [ Edit ]

5月ですね。

 5月になりGWまっさかり。

今年も3分の1が終わってしまいました。
いろんなものの区切りが今身の回りにも多く、
又身体的にも最近何かと問題が多くなって来た年齢を感じながら、
それらに上手く対応していきつつ仕事も充実して行けたらと思っています。





ふと今日TVを観ていて、
「大エルミタージュ美術館展」の案内で
好きと言う言葉では表せない、心の奥深く根ざした絵
「死の天使」が来ている事を知りました。

この絵を見たのは今から20数年前。

作者ベェルヌが若き娘を亡くした事からこの絵を残したと言われますが
自分がこれを観た時期は20代。
天使と言われながらその姿は死神というこの絵に惹かれて
自分の中に抱えていた口では表現出来ないイメージ部分を上手く表現、それも美しく描かれている姿に共鳴作用を起こしたのでした。

会場でポスターを何枚も買い込み額装してしまったくらい。

それがこれ。
カムもいっしょw。
あれれ?光が偶然絵の光と重なっていいかんじで写りこんでしまいましたね。
(はたして偶然なのか???…  はい偶然です^^。でも決まり過ぎですなぁ。)





まわりには陰気くさいと言われつつも、何やら恐さと救いと安らぎ。静寂。美しさや悲しさ、恍惚感が伝わって、自分の本来の気質に和むのでした。逆に癒されるのです。
(つくづく根が陰気な奴です。ホントは)

この絵を見てから以降、多分そうした死生観や生き方や神秘学の勉強に目覚めて行ったのだとあらためて今日TVで観た事で思い起こしていたのでした。



その後日本、アジア、ヨーロッパの美術館めぐりの旅などして宗教画にハマっていた時期があり、自分でも描きたいなぁなどとおこがましくも思っていましたが、
今の現実の自分は日本での漫画家描きなので手が回らず。
しかしちゃっかりどうしても漫画でも霊的なモチーフに自然になってしまう。

しかし漫画であれ、どこかヨーロッパで自分が受けやすいのはこういった気質が合うのかもしれませんね。
どうしても自分の描く主人公が十字架背負っているやつばかりな気もしますし…^^;。
cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年05月01日(火) 10:44 by Akira Himekawa [ Edit ]

「竜は黄昏の夢をみる」10話の

 刷り出しをよく読み返したら10話に誤植がほかにもありまして、


15ページ2コマめのTJの台詞
×「騎手と真の調教」→○「騎手と馬の調教」

前の記事でも書きました25ページ2コマめスカッドの台詞
×「流した魔血の」→○「流した血の代償」

同じく25ページ3コマ目バルの台詞
×「彼らに節度のないのが」→○「君らに節度のないのが」

27ページ4コマ目TJの台詞
×「それは生身の姿の話だ!」→○「それは竜の姿の話だ!」


でした*
苦情みたいな意味合いではないのですが(普段こういうことにはあんまり怒りません。編集さんもどうしても間違えることはありますので。)ただ読む方にはちょっと意味不明になってしまうので、一応ご報告を…。

さいわい単行本を出していただけるのでそちらで修正できます。
ぜひ単行本でもう一度読んでくださいませ!




cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2012年04月19日(木) 13:00 by Akira Himekawa [ Edit ]