COMITIAでちばてつや先生と授業

 

COMITIA127西館アトリウム

文星芸術大学の卒業制作の一環でちば先生が毎年この2月のコミティアで行われる公開授業が開催されました。

この日は午後2時から西アトリウムで行われるちばてつや先生の「マンガの授業」第2部にお邪魔して文星芸大の学生さんが司会で海外ワークについてお話させていただきました。

ゲストという形でお呼ばれして一本木蛮ちゃんと一緒にトークライブ形式で喋らせて頂くことに。

 

 

 

第一部はちば先生に文星の学生さんの原稿を見て講評をするものでした。

その中にちば先生の描いた原稿をおき「間」について指導。

今の学生さんのなんて贅沢なことか!

 

 

 

私達は第二部の参加で一本木蛮ちゃんとちば先生と、学生さんの質疑応答に答える形でトークをする事になりました。

同期の一本木蛮ちゃんを交えての学生さんの質問に答える女子漫画家なトーク、それをニコニコ笑顔で見守って下さりながら厳しい所はビシッとしめてくださるちば先生のその授業がなんて贅沢なんだろう、と思いながらとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
若い学生さんもとてもまじめに聞いてくれていて漫画家を目指す者ならではの辛さなどを素直に話してくれたりと、大変充実した時間でした😊

 

最初は私達の経歴など。

そういえば私達は海外でトークをかなりやって来た経験を持ちますが、日本ではほとんどありません。

ですからこうした機会、それもコミティアというのがとても嬉しく有り難かったです。

 

 

第2部で海外でのワーク アラビア語マンガGold Ringの経験などを例にとって海外ワークの体験談などお話しさせて頂きました。少し前の事で何度か語った様な気がするんですけど、初めて触れて下さった方もいらしたと思いますので楽しんで頂けたら嬉しいです!

ちば先生はじめ蛮ちゃんの上手い絡みも貰えて、皆さん興味深く聞いてくださいました。

少し前の事で何度か語った様な気がするんですけど、初めて触れて下さった方もいらしたと思いますので楽しんで頂けたら嬉しいです!

 

 

 

 

若者の具体的な描けない、という悩み相談に真剣に答える長野。

蛮ちゃんは楽しく明るく、をモットーに。長野は体験談からの悩みの理解、回答に。

ちば先生がその後、

『漫画は我慢!』と優しくも辛さの理解を一言ビシッと締めくくって下さいました。

やはり凄いや先生。

 

 

それにしてもこのジョーとリンクと蛮ちゃんの画はとってもレアなスリーショットだと思うんです😂
ちば先生の憂いを帯びながら戦う少年は畏れ多くも自分の目指す戦う少年像だったりします。

その後阿部ゆたかさんとばったり。久々にお会いできて嬉しかったです!

 

 

少し私情というか蛇足ですが。。

自身が「昔はなかなか動物は受けなかった。最近は若い人達が皆好きになって…」と言った所ですかさず、ちば先生が、「それはあなたが作って来た道だよ」と口を入れて下さり、たった一言ですが瞬間ああ、先生はみんなご存知でお見通しなんだなぁ、と。勿論手塚先生が多くの漫画を描いて下さった事がありますが、一時的に動物が受けない時期があり、もりやすじさんが描かれる動物など魅力をとにかく知ってもらいたく、又若い人達に近い場所にいる自分達が作品で発信する事でその魅力を伝えようと頑張ってきました。ただあまり自身は恩恵を受ける事は出来なかった時期でもあり、ちば先生の一言は苦しみもがきながら世の中の不条理にぐっと堪える漫画家の味方でありその愛情にすごく救われたのです。
あと海外ワークの話も。

はじめの開拓の苦しさなど見てて下さる方はきちんと見ていて、もう憤りや怒りや悲しみはどうでもいいや、と吹っ飛んでしまいました。

今様々な出会いに恵まれてる最中で、今年からようやく自分が自分らしく生きていけそうな気がしてワクワクするのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

cetegory : 国内イベント ✤ - ✤ - ✤ -
2019年02月17日(日) 13:34 by Akira Himekawa [ Edit ]