巻き返し

メディア芸術祭サイトはこちらです。

http://plaza.bunka.go.jp/festival/2007/recommend/manga.php

さまざまな方に助けられてこのような有り難い賞を頂きました。
支えて下さった皆様方本当に有難うございました。
そして選んで下さった審査員の先生様方有難うございました。

しかし内心は、まだまだこんな凄い賞を頂ける作品ではなかったような気がします。いろんな方に支えられてなんとか形に出来た、という状態で、ウェブとしての新しさに乗らなかったらこの賞はなかったと思います。
完全な「運がよかった」状態だと思っています。

実はここに載っている事が恥ずかしいくらいです。
個人的な事を言えば、まだ全く描けていないお話で、本気でやりきれていない感が強く、自分の制作軸でいえば完全に出遅れています。
認知もされていないし人気にもほど遠く、それらのテコ入れはこれからと言う所で、ねらったイメージには遠く、まだまだ紹介時点で本題のお話に入っていない。はじめにイメージしたこの作品に到達していないのです。本来の色気(ソフト)の部分がハードに片寄っていて、当初のLOVEからは離れてしまっている印象で、2年もたったのにこれしか描けてない!という悔しさが実はありました。
しかし実は他のどの作品より描きたかった作品です。
早く描きたいという思いは強くとも、不可抗力的にケガや体調不良で中断は多く、実質描いた制作期間は10ヶ月位。しかしあまりそこには甘えたくないと思っても、思うようにならず、長かった入院で他のお仕事も様々な方に御迷惑かけててそちらも早く形にしなければと思い、8月から後半この作品に格闘するのに疲れはててしまい、結局半年全く描く事をあきらめました。
ですから夏から更新もありません。しかし更新が命のウェブでこれは痛い。
ストーリーものですからなおさらです。ポイントは取れないのをわかりつつ放置しなければいけないのは非常につらいものがあります。

漫画は甘くないと言う事はよく知っていて、現時点で、海のモノとも山のモノとも解らない作品は、とっくに打ち切りな訳です。(少年漫画畑で育ったので、そこはイヤというほど知っている)
しかし幸運にもウェブという媒体に助けられていて、編集さんも寛大に対処してくれたおかげで、自分次第でこれからどうとでもしていける状態をキープ出来ている。有り難い事です。
私達のような作家は一生懸命描く事、作品に対する情熱や愛でしか立たせるすべがありません。とても不器用なんですね。
だから今年は悔しくも、この作品に取りかかる事をあきらめ、来年に託した訳です。
待った無しの状態です。実は。

サイトもリニューアルして様々な事を終わらせ、さぁもう一度これから!
と思った時にこういった通知を受けたのですが、自分達の中では不出来な息子に何故!???とまじ信じられなかった。
文化庁のサイトを見てもストーリー紹介がまだ描きたい事に到達していなくて、内心少し残念。しかし、これはきっとこれからの勇気と希望を見させてエールをくれたんだと思って来年は起死回生を計りたいです。

−−−−−しかしなんといっても今年最大の御褒美です、とても嬉しいです。有難うございました。


cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2007年12月23日(日) 15:29 by Akira Himekawa [ Edit ]

修羅場明け

■「ココロ・ラボ」脱稿しました。
6年最終回、5年残りあと一回です。
単行本カラー入稿。とてもかわいく仕上がりました。

■エンジェル☆にゃん制作中。

■REKI制作中。
REKIに関して、私達にとって、かなりのサプライズがありました。
直詳しくお伝えします。
cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2007年12月15日(土) 19:08 by Akira Himekawa [ Edit ]

修羅場中

■現在いろいろ修羅場中です。
cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2007年12月11日(火) 19:26 by Akira Himekawa [ Edit ]

師走

は仕事以外でも何かと忙しい時期ですね。

■本田はREKI3話下描き中。風邪引き中なので無理はできませんが、出来る所から。

仕事はいつもどれも全力で取り組みますが、精神的な主柱というか重きを置いているのは、やはり「今」描いている事です。私達は絵が懐かしいとか、向きによっては一見保守的で古風でな作家に見られていると思うのですが、実は(?)結構新しいもの好きで、新分野に挑戦するのは大好きです。
もちろんタイプがあるので、自分達が描いて意味のあるものであることを慎重に考えるのですが、「面白い」と一旦思ったら、多少大変な作業になってもそれは究極どうでもよくなります。(好奇心が強いんだと思います、多分)
でもそれが新鮮さを失わない秘訣であると思うのです。少なくとも自分達の中では新鮮でないと。昔アニメーターの芦田さんが「君たちはいつも新鮮だねぇ」と感心してくれた時があって、その時は何を言っていらっしゃるのかわからなかったのですが、今その意味をなんとなく理解してきた気がします。
今やっている事を大事に。そしてひとつの事に段落がつくと、また新しい事を探す。
マンガというメディアが時代の切り取りですから、時にはお金抜きで、今の時代に何を発信するのかが価値観の中心になる事も多いです。
そういうことを始終考えて描いているのです、実は。
・・・・なんでもないように見える時でもネたらーっ

究極この仕事って、「今」しかないんだなあ、といつも思います。

(ただ、「噛み合わない」ものを選択してしまった時は悲劇が起きたりします;そうなると逆に一見どんなに簡単そうに見える作業も超!!大変になります・・・・悲しい

■長野は原作を受け取り、「ココロLABO」5、6年生のネーム中。
ココロは3月号(6年生は2月号)で最終回になります。
発売日がまだ未定ですが、来年新春ころから二冊の単行本にまとまります。
cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2007年12月05日(水) 11:13 by Akira Himekawa [ Edit ]

インタビュー追加

■KIDS ROOM「ASTRO BOY」インタビュー追加しました。
もう4年近くも前になるんですね。

この時期いろいろ苦労ありました。
だけれど投げずにポジティブに何事にも取り組んでいました。
その結果がぼちぼち形になりつつあります。
cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2007年12月01日(土) 11:53 by Akira Himekawa [ Edit ]

色々

寒さも一段落な東海地方です。
いろいろお仕事な一日でした。

■REKIネーム直し提出。

■GOLD RING下描き修正。

■ココロ単行本表紙ラフ。

■電撃鷹見さん新作キャラクターデザイン。

cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2007年11月26日(月) 23:14 by Akira Himekawa [ Edit ]

デジタルアシスタント

現在カラーの仕事の頻度が上がって、デジタルのアシスタントとしてお手伝いして頂いている人達の紹介です。
シーンごとにその人が持っている得意分野が生きるような所を手伝ってもらっています。
(galleryの「ゲスト様」の所に絵が上がっています。)
感性がもろ影響するカラーなので、ぺインター部分や基本はもちろん自分でやりますが、細かい作業はかなり手伝ってもらいます。
(それでも最後の色調整は時間がかかります。カラー漫画は難しいです。でも楽しいですね)

■山口さんこと ひげもやし さん。女性。(おいおい、いいのかこの名前)
東京代々木アニメーション学院を卒業しました。
以前そこの講師の先生とお会いしてお話しした時、「実践的な技術を教える」という目標をお持ちになってらっしゃったので、連絡をして山口さんを紹介してもらいました。
ぺインターは「絵描き」の個性がもろ出てしまう。しかしゲームのイベント絵など「フォトショップ」着色の技術は必ずしも「絵描き」でなくてもできるという事で、先生自身がゲームの世界でお仕事されていた事もあり、即戦力的な指導に力をいれてらっしゃったようです。
山口さんは技術的に飲み込みが早く、又作業がおそろしく早い。この仕事向きだと思います。
絵はクール。(本人も^^)


■藤田さんこと ヒュ−リカ さん。女性。
以前アシスタント募集のときに応募してくれました。
彼女は、太陽と月どちらかといったら月の光を表現するのが上手いタイプ。
情感が漂うので雰囲気がある風景をお願いする事が多いです。
現在は、雑誌編集のデザインのお仕事について、楽しくも忙しい毎日を過ごしていると思います。
とても明るく快活。漫画家志望。


■今岡君 男性。
ニンドリイベントの時に応募くれました。リンクファン。
彼は実際、ゲーム業界でお仕事もされています。
男性ならではの着彩で、しっかり実在感が出ます。
(ココロ、結局お仕事なくなっちゃってゴメン。)


■森さん
漫画の仕上げアシスタントとして、うちが仕事はじめた時からのおつき合い。
実際は009FCのお友達でしたーーー。
デジタルもしっかり仕上げお手伝いしてもらってます。
細かい作業が全く苦にならない人なので、助かるよーー!!
下塗り、色置きやってもらってます。
山口さんは色がクールなので主にREKIや電撃、森さんは明るくあったかい色を使うので児童向けの色塗りをちょくちょく手伝ってもらっています。(今回はKIDS ROOMサイト作ってもらいましたが、気質がよい形になったと思っています。)

来年も忙しくなりそうです。
どうぞよろしくお願いしますね!!銃
cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2007年11月24日(土) 15:18 by Akira Himekawa [ Edit ]

久々

久々自宅に戻った姫川です。
日なたでぬくぬく。ちょっと幸せおてんき

■昨日久々任天堂へ出張でした。
お久しぶりの青沼さん。貫禄つきました。
「トワイライト プリンセス」「夢幻の砂時計」お疲れ様です。

任天堂でのジンクス。
小学館がらみでいつも行くのに、何故かニンドリのサオヘンと出会ってしまう。
なぜ〜〜〜〜〜〜〜っ!!
今回だって3年半ぶりなのに。数少ない日なのに何故かあちらで出会うのです。
インタビューのためにお伺いした日も、撮影している前を通り過ぎて行ったり・・・無気味ぶー
cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2007年11月23日(金) 14:38 by Akira Himekawa [ Edit ]

打ち合わせ

いきなりの冬に体がついていきません、な姫川です。
皆さんも風邪などひかれない様、気をつけて下さいね。

■REKI3話の打ち合わせ。
新担当さんとの打ち合わせで、主にアクションの詰めをしました。
なんか今まで自分達だけでは考えられなかったロジックに目からうろこ!!
「そうだよね!アクションってこうだよねっ」みたいなかんじです。
この作品ならではのアクションを考える訳ですが、頭ではすごいシーンが回ってるんですけれど、画力がついていけるかな〜〜〜〜〜^^;恐いな〜〜〜〜。冷や汗

前の担当さんもそうなのですが、男性の考える事はほんとロジックがしっかりしてますね。もちろん女性のロジックもあるのですが、こちらはキャラの萌ツボな部分が大部分を占めますし、なんといっても女性は共有意識が重要なんですが、男性の場合論理的に考える力が凄いというか。
このお話は元々男性に原作をつけて頂く予定でしたので、ようやく作品としての核が立って来るのではないかと思います。
ただし、キャラクターに関してのソフト面はこちらが作っていく部分ですので、頑張りたいな。この作品のためのアイディアなので使えるものが多く、感心しきりなので、上手い具合に取り入れられたらいいですね。グッド
久々一般誌の少年漫画の打ち合わせしたと言う感じで、こう頭の脳みそ「海馬」の底から、錆び付いた記憶を引っぱりだしている感じでした(笑)。脳みそ使った気がする!!

ところで、実は私達が1年くらい前から愛読している、癒し雑誌(笑どこが!)に「MEN'S KNUCKLE(メンズナックル)という雑誌があります。はじめMEN'S EGGを愛読していたのですが、去年前から俗に「お兄系」と言われるファッションスタイルが爆発的に出て、(ギャル男くんたちが流れたり)その時に私達的には「REKI」と「ブラット」みたいなのがいっぱいいるーーーーーーっ!!!!と盛り上がってしまった訳ですが、その中味の男語りのコピーがすごいなんてもんじゃなく、爆裂に面白くて私達のベスト雑誌になってしまったんですね。(どんなお笑い番組より楽しいのだ。)
その雑誌が今盛り上がっていると今日、担当さんに言われて、ああ・・・隠れファンは一杯いたのねって・・・これでたくさんの人に知られてしまうなんて、ちょっと寂しいなぁって思ったり。ニョロ
cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2007年11月20日(火) 23:09 by Akira Himekawa [ Edit ]