明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

昨年はさまざまな方にお世話になりました。本当にありがとうございました。
本年2008年は走ります。今年も何卒御指導賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。



昨日コミケに来てくれた皆様方、どうもありがとうございました。
3日目創作少年の日、男性のお客さんが多い東館。
いつもこの日ここは、ものすごいパワーなんですが、私達はいままで創作少女ブースが主体で参加してきましたが、今やっているお仕事がらみで、こちらの方が違和感がありませんので、これからこっちメインで定着していくと思います。
よろしくお願いいたします。

今までの創作少女同人誌の本はこちら創作少年ではちょっと合わないと思い、新たにそっち用に本を作ろうと思っていたのですが、結局時間的に間に合わず、まわりが萌少女キャラクター花盛りの中、創作の正当派のモノを売るのにかなり浮いてました^^。(なんたってユアナですから^^)
その割に手に取ってくれる方は多くほっとしました。
どこにも属性がなくて不安はあるのですが、むかしヒウリの頃から私達のやって来た事はどこにもハマる事が出来ないタイプですからまぁいいかと、逆に挑戦したい事がたくさん見えて仕事にもいい意味で「売る」事の面白さが反映出来たらいいなと思ってます。



それから昨日、もうひとつ事件が。
そのブースに取材カメラが入っていて、今まで報道メディアは絶対縁が無かったのですが、いきなりうちの前でカメラが止まりました・・・
「外務省の取材なのですが。」「えええ〜〜〜〜〜っ何故?」
「外国向けに日本の文化を紹介する掛け橋的な番組制作に撮影をお願いしたいのですが。」
との事。
でユアナの本を撮影!!(これインディアンの本だから日本の文化じゃないんですが、と思ったのですが、マンガ自体が日本の文化ですし、ネイティブアメリカンの人達は、元々祖先は同じモンゴロイドなので、いいのか・・・と思ったり)

民間のメディアじゃなくて外務省だよーーーっ!!??
(マンガが好きな麻生さん、少し前小泉内閣時代に外務大臣だったし、その流れなのかしら・・・)
今現在、文化庁や外務省とか文化交流話しが多い最近のうちなんですが!!!
でも「国」に愛される事はいい事ですね。私達も日本大好きですから、嬉しい事です。

もちろん沢山撮影しても実際使われるのは、一瞬ですし、使われない事もありますが、そういう事に縁が出来る、今の自分達に不思議を感じるのです。
(神社の願かけのせいかな・・・神社って日本の神様ですし、昨年伊勢神宮へ、はじめてお参りしたし・・・)


cetegory : 制作日記 ✤ - ✤ - ✤ -
2008年01月01日(火) 11:38 by Akira Himekawa [ Edit ]